ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「サンケイスポーツ」の検索結果

「サンケイスポーツ」に関連するその他の情報 40761件中 1〜10件目

サンケイスポーツ

会見を行った宮迫さんについて今週吉本興業から報告があった。会見の前日に宮迫さんのマネジメント契約解消の報告とう名で、反社会的勢力の主催する会合に出席していた県によりマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断して決定に至ったと報告があった。一方、田村亮と吉本興業の契約について、昨日サンケイスポーツが吉本興業へ取材すると、契約解消はしておりませんという。和田アキ子の質問に、ますだおかだの増田はコンビで片方だけ解消は過去にそういう事例はあると思うと言い、岡田は契約という部分でもうひとつ別の問題があると言った。会見では田村亮は契約解除だと思っていると話している。またスタジオでは、契約書がないなら法律関係で言うと労働者ではないので、亮さんの方から契約解消ができると話した。


吉本

今日のスポーツ紙各紙で1面に宮迫さんと田村さんの謝罪会見について掲載され、全員クビと言われた、吉本から圧力などの見出しが載った。スポニチは松本さんが吉本に向かって直談判という見出しが載った。会見の冒頭は宮迫さんと田村さんの謝罪から始まり、宮迫さんは「僕の保身からくるウソから始まっています」「今回の騒動の全責任は僕にあります、本当にすみませんでした」などと言い、田村さんは「虚偽の説明をしてしまい、不信感を抱かせてしまった方々、本当に申し訳ございませんでした」などと言った。会見の前に放送されたラジオで田村淳さんは、亮さんからLINEが来てて電話したら今日会見することにしたって、正直に話をするのは同意するけど相談はしてほしかった、寝耳に水ですよなどと話した。宮迫・田村が会見を行うのは吉本興業も知らなかったという。

会見を行った宮迫さんについて今週吉本興業から報告があった。会見の前日に宮迫さんのマネジメント契約解消の報告とう名で、反社会的勢力の主催する会合に出席していた県によりマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断して決定に至ったと報告があった。一方、田村亮と吉本興業の契約について、昨日サンケイスポーツが吉本興業へ取材すると、契約解消はしておりませんという。和田アキ子の質問に、ますだおかだの増田はコンビで片方だけ解消は過去にそういう事例はあると思うと言い、岡田は契約という部分でもうひとつ別の問題があると言った。会見では田村亮は契約解除だと思っていると話している。またスタジオでは、契約書がないなら法律関係で言うと労働者ではないので、亮さんの方から契約解消ができると話した。


サンケイスポーツ

第5位は闘病中の堀ちえみさんに対して誹謗中傷した北海道の50代主婦が脅迫の疑いで書類送検されたニュース。


サンケイスポーツ

松本人志らが会見を受け、吉本興業へ赴いた。何をしたかは不明。(サンケイスポーツ)


吉本興業

宮迫博之さん、田村亮さんが謝罪会見を行った。宮迫さんは当初ギャラリーを貰っていないと説明していたが吉本興業側から100万円を受け取っていたことを発表した。嘘をついた理由について宮迫さんは「打ち上げ代をだして貰っていたという思い込みがあった」などと話し、金塊強盗犯人との写真については「一緒に撮っただけ」などと話した関わりを否定した。記者会見では吉本興業側との確執が明らかになった。吉本興業の社長は宮迫さんらに「連帯責任で全員グビにできる」と話し、記者会見を開くことを許して認めなかったとのこと。田村亮さんは「不信感」と話し、宮迫さんは「吉本興業には感謝しかない」とした。また、2は相方について語り、引退については考えていないとした。吉本興業は「内容を精査し、後日速やかに何らかの対応する」とした。

話題は宮迫さんらの記者会見について。闇営業が発覚し、金銭の授受があったことから宮迫さんらは会見を開きたいと相談したが吉本興業側は静観するとした。6月24日に闇営業に関わった芸人は謹慎を言い渡され、田村亮さんは記者会見をしたと話したが社長が連帯責任でクビにすると話した。東山さんは宮迫さんらの嘘について「後輩を守ろうとしたのでは」と話した。専門家は宮迫さんらの嘘について「保身があった」とした上で「2人が言っていたことが真実ならマネージメントは失敗だった」などと指摘した。18日に吉本興業から2人に引退会見か契約解消を選ぶ書面が届いた。結果は契約解消を選び会見を自らで開いた。吉本興業側は「会見内容を精査し後日なんらかの対応をする」などとコメントした。引退につて2人は考えていないことを明らかにした。専門家は2人が正直に伝えたことは社会に対する責任説明を果たしたとした。

松本人志らが会見を受け、吉本興業へ赴いた。何をしたかは不明。(サンケイスポーツ)

明石家さんまは「ウチに欲しい。俺は芸人の味方。」などとコメント。古田は「事務所はタレントへ最善の道を示さないと。間違いが多かったのでは。」などとコメント。野村修也は「お互いの関係が仁王立ち。相手の弁護士が主張を言い合ってしまった。それぞれの反省点を示して、打開策を話し合う必要がある。」などとコメント。(スポーツ報知)


サンケイスポーツ

松本人志さんは、謝罪会見を受けて自身のツイッターを更新。「松本動きます」とツイートし、援護射撃に出ることを示唆した。(サンケイスポーツ)

宮迫博之と田村亮の謝罪会見を受け、松本人志は東京・新宿区の吉本興業を訪問。午前0時半過ぎに松本を乗せた車が姿を見せた際、東野幸治も同乗していたという(サンケイスポーツ)。

石原裕次郎さんの命日に当たる17日、33回忌の追善法要が営まれ、所属俳優の舘ひろしさん神奈雅紀さん神田正輝さんなど500人が参列した。石原まき子さんは「33回忌を持ちまして、公の場のほう法要を終える」としている。夫人は石原軍団の解散説について否定した。


吉本興業

宮迫博之と田村亮の謝罪会見を受け、松本人志は東京・新宿区の吉本興業を訪問。午前0時半過ぎに松本を乗せた車が姿を見せた際、東野幸治も同乗していたという(サンケイスポーツ)。


ツイッター

宮迫博之さん、田村亮さんが謝罪会見を行った。田村亮さんは嘘をついてしまって擁護をしてくれる人たちに対して辛いと語り、宮迫博之さんは先輩、後輩、仲間たちは辛い思いをしながら僕たちのコメントを本当に言いづらかったと思う。申し訳なかったと会見で語る。

松本人志さんは、謝罪会見を受けて自身のツイッターを更新。「松本動きます」とツイートし、援護射撃に出ることを示唆した。(サンケイスポーツ)

闇営業に関する宮迫博之と田村亮の謝罪会見について、ビートたけしがテレビ番組で「お笑いにとってこんな恥ずかしい姿は見せてほしくない。彼らは腹を決めていない。可愛そうだ。こういう姿を見せた芸人を見て誰が笑うんだ」とコメント。また、陣内智則は会見後にツイッターで「お偉いさん、生放送で記者会見をしてください。二人のために、僕たち吉本芸人のために、詐欺被害に遭われた方のために」と訴えた。(スポーツニッポン)。


サンケイスポーツ

三浦祐太朗は1984年、三浦友和と山口百恵の子として生まれた。翌年には弟・貴大も誕生した。人気絶頂だった2人の結婚、山口百恵も突然の引退ということもあり記者・カメラマンが毎日張り込んでいた。突撃取材を受けることがあっても、2人はなるべく子どもたちに負担がかからないように対処した。


サンケイスポーツ

吉本興業が宮迫博之との契約を解消したことをFAXで発表。「弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、蒸気決定にいたりました」と書かれていた。番組では文章にあった”重大な支障”について、フライデーに掲載された半グレ金塊強奪事件の犯人とのギャラ飲みがそれに当たると予想。金塊強奪事件とは、2016年7月8日に起きた事件。福岡県JRは博多駅近くのビル1階で会社役員らが運搬していた約7億5000万円相当の金塊約160kgを6人組の男が強奪したもの。