ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「サンケイスポーツ」の検索結果

「サンケイスポーツ」に関連する情報 50987件中 61〜70件目

サンケイスポーツ

死の9ヵ月前に不安定な精神状態になっていた大原麗子を前田忠明が当時取材していた。その際に母親の介護疲れで支離滅裂な発言をした。浅丘ルリ子は仕事のない大原麗子にオファーしたのが渡瀬恒彦で、その作品で大原麗子が芝居をした最後だったと語る。さらに大原麗子には誰も寄り付かなかったと語り、ご飯を作って持っていってあげようとなり、突然大原麗子の元を尋ねると大原麗子は「ずっと待ってた」と抱きついてきて持ってたものを全部玄関に落としてしまったという。そしてそれが生前に見た最後の姿だったと答えた。2009年8月6日に大原麗子の遺体が見つかり、8月3日に亡くなっていたことがわかった。死因は脳内出血で第一発見者は弟だった。浅丘ルリ子は彼女から電話を取るのが嫌になっていたが、周りも同じだった。そのときになぜ電話を取ってあげなかったのかと後悔しているという。


サンケイスポーツ

今夜の直撃!シンソウ坂上は、没後10年女優大原麗子の孤独死を特集。 1964年、NHKドラマ「幸福試験」で女優デビューを果たすと、「男はつらいよ」など多くの作品に出演した。1980年から放送されたお酒のCMでは、勝ち気な女性を演じるなどし、タレントイメージ調査1位を13回連続で獲得した。そんな大原を姉と慕う、浅丘ルリ子に坂上忍がインタビューを行う。


サンケイスポーツ

『八村塁 開幕メンバー入り“確約”』の見出しを紹介。ヘッドコーチが、開幕一軍入は約束すると言っていたとのこと。(サンケイスポーツ)


サンケイスポーツ

田口淳之介被告らの初公判が東京地裁で行われた。初公判で田口淳之介被告らはお互いに目を合わせず着席した。2人は起訴内容を認め、被告人質問で田口淳之介被告は「彼女が大麻を使い続けたのは自分のせい」と話したという。


うつ病

鼓膜に激痛が走る耳管狭窄症などを患ったことで知人の誘いで大麻を使用。存在を聞いたら好奇心や仕事や人間関係のストレスで自身も使うようになり事務所を退所すると個人事務所の役員になったがストレスは軽減せず頻度は増加。うつ病なども発症。衰弱していくのを見て彼は辞めた、でも大麻は憎しみや不安が解消され食事が食べられたりよく眠れた、これからは芸能界から離れストレスのない生活をしたい。(サンケイスポーツ)


耳管狭窄症

鼓膜に激痛が走る耳管狭窄症などを患ったことで知人の誘いで大麻を使用。存在を聞いたら好奇心や仕事や人間関係のストレスで自身も使うようになり事務所を退所すると個人事務所の役員になったがストレスは軽減せず頻度は増加。うつ病なども発症。衰弱していくのを見て彼は辞めた、でも大麻は憎しみや不安が解消され食事が食べられたりよく眠れた、これからは芸能界から離れストレスのない生活をしたい。(サンケイスポーツ)


サンケイスポーツ

鼓膜に激痛が走る耳管狭窄症などを患ったことで知人の誘いで大麻を使用。存在を聞いたら好奇心や仕事や人間関係のストレスで自身も使うようになり事務所を退所すると個人事務所の役員になったがストレスは軽減せず頻度は増加。うつ病なども発症。衰弱していくのを見て彼は辞めた、でも大麻は憎しみや不安が解消され食事が食べられたりよく眠れた、これからは芸能界から離れストレスのない生活をしたい。(サンケイスポーツ)

「僕も彼女と一緒で交際を続けていきたい」と証言、被告は涙を拭いた。互いに注意しながら生きていきたい(サンケイスポーツ)


ジャニーズ事務所

黒のスーツ姿の田口被告、表情を崩さず06年に交際を始めたことや被告人女性から大麻の使用を打ち明けられ09年頃から自らも手を染めた。ジャニーズ事務所退社後の16年春以降に常態化。3日に一回ぐらいの頻度で使用。違法と認識しながら続けたことにはやめるきっかけがなかったと話す。一方被告人女性、声を震わせ涙を拭うことも。交際期間2、3ヶ月だった06年、交際が報じられファンから脅迫文のようなコメントが殺到、車で追いかけられ愛犬に変な食べ物を与えられた。帰宅時ダンボールに入って見られないようにした。09年頃から睡眠障害、摂食障害などを発症。(スポーツ報知)

鼓膜に激痛が走る耳管狭窄症などを患ったことで知人の誘いで大麻を使用。存在を聞いたら好奇心や仕事や人間関係のストレスで自身も使うようになり事務所を退所すると個人事務所の役員になったがストレスは軽減せず頻度は増加。うつ病なども発症。衰弱していくのを見て彼は辞めた、でも大麻は憎しみや不安が解消され食事が食べられたりよく眠れた、これからは芸能界から離れストレスのない生活をしたい。(サンケイスポーツ)


サンケイスポーツ

ジャニー喜多川さんが今日家族葬。近藤真彦さんや少年隊、SMAP嵐ら事務所が排出したタレントやグループの名前を刻んだ7色のプレートが囲む。郷ひろみさんや田原俊彦さんら現在は所属していない功労者の名前もある。解散したタッキー&翼らの名前も。(サンケイスポーツ)

キンキキッズ堂本剛さんがジャニー喜多川さんへの追悼文。「宇宙一大好きだよ」(サンケイスポーツ)

大麻取締法違反の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー田口淳之介被告と同時逮捕の被告の初公判が東京地裁で開かれた。交際中の2009年から共謀して大麻に手を染めた被告はプロポーズをいただいたと証言、今後結婚と公開でプロポーズ。田口被告も交際を続けると証言。弁護人からまた手を出すのではと問われると「二度とこんな行動をしてはならないと思い二人で助け合いながら生きていけたら」と更生を約束。懲役6ヶ月で即日結審。今月30日に判決公判が開かれる。(サンケイスポーツ)

竹村健一さんが多臓器不全で亡くなっていた。関西弁とパイプをトレードマークに歯に衣着せぬ言論で活躍。日本の常識は世界の非常識など数々の流行語を生み出した。(サンケイスポーツ)


「サンケイスポーツ」に関連するイベント情報

オープンハウスPresents Swallows DREAMGAME

ヤクルト球団創立50周年を記念したOB戦が神宮球場で開催された。イベントには野村克也さんが登場し、代打として打席にあがった。雨の平日に3万人の観衆が声援をおくったとのこと。ヘッドコーチが古田敦也さんだった。(サンケイスポーツ)