ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「シドニーオリンピック」の検索結果

「シドニーオリンピック」に関連する情報 2008件中 1〜10件目

「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

シドニーオリンピック

サッカーワールドカップロシア大会からVARが導入された。複数のカメラで撮影、反則行為などを主審に伝えるという仕組み。東京五輪でもビデオ判定が採用される可能性が高い。ビデオ判定導入のきっかけはシドニーオリンピック柔道男子100kg超級決勝での誤審騒ぎをきっかけに北京オリンピック以降ビデオ判定が導入された。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

サッカーワールドカップロシア大会

サッカーワールドカップロシア大会からVARが導入された。複数のカメラで撮影、反則行為などを主審に伝えるという仕組み。東京五輪でもビデオ判定が採用される可能性が高い。ビデオ判定導入のきっかけはシドニーオリンピック柔道男子100kg超級決勝での誤審騒ぎをきっかけに北京オリンピック以降ビデオ判定が導入された。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

東京オリンピック・パラリンピック

サッカーワールドカップロシア大会からVARが導入された。複数のカメラで撮影、反則行為などを主審に伝えるという仕組み。東京五輪でもビデオ判定が採用される可能性が高い。ビデオ判定導入のきっかけはシドニーオリンピック柔道男子100kg超級決勝での誤審騒ぎをきっかけに北京オリンピック以降ビデオ判定が導入された。

卓球の世界選手権女子ダブルス決勝の伊藤美誠・早田ひなペアの試合。日本の得点と思われたプレーに対し、早田選手のサーブがネットに触れたと審判がやり直しを命じた。抗議するも判定は覆らず。卓球では一度に同時に行う試合数が多くコストが高いためビデオ判定の導入が難しかった。国際卓球連盟は東京オリンピックでビデオ判定導入を検討している。さらに東京オリンピックでの導入が期待される、AI判定という人工知能による採点システム。体操の採点に使用される。3Dセンサーで選手の演技を立体的に記録し、1300種以上の技を覚えたAIが技名などを判定する。世界体操競技選手権大会で一部の種目で主審の補助として導入される。2024年までに全10種目の実用化を目標にされている。生島淳はビデオ判定の課題について「試合時間が長くなるが正確な機械による判定は納得がいく。ルールにうまく組み込ことが必要」とコメントした。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

シドニーオリンピック

陸上男子100mでサニブラウン選手が、9秒97をマークした。桐生祥秀選手の持つ記録を上回る日本新記録。左から3人目の白いユニフォームがサニブラウン選手。タイムは9秒97で3位。桐生祥秀の持つ記録を100分の1秒更新し、日本人で2人目の9秒台をマーク。その直後行われた200m決勝では、日本歴代記録の2位、20秒08をマーク。東京オリンピックのメダル獲得にも期待が高まる。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

東京五輪

青木さんが撮った田中雅美さんのシドニーオリンピックの時の写真と19年前に銅メダルを撮った時のを紹介した。田中さんはシドニーオリンピックの時の写真に「正面の写真じゃなくて良かった」などと言った。その後、松坂と投げあった試合で打たれてうなだれる上重聡の写真を紹介。手嶋龍一は、一瞬に命をかけるカメラマンは大変だと言った。中丸雄一は、写真は感情や空気までも撮れるから良いと言った。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

アトランタオリンピック

18大会のオリンピックを撮影し、のべ150万枚以上撮影し、その中から特に思い入れのある3枚を厳選した。1枚めが谷亮子が金メダルを確信した試合前の表情。谷亮子はバルセロナ・アトランタで金メダルをかけた3大会目のシドニーオリンピックの決勝で開始38秒で一本勝ちして悲願の金メダルを獲得した。この試合の前の1枚を青木さんが切り取った。その時の谷亮子は清々しい表情をしていた。金メダルを確信した表情を撮れたのは過去の金メダルを逃した時の表情を見てきた青木さんだからこそだった。2枚目は福原愛の現役最後の姿。リオオリンピックで卓球女子団体の銅メダルをかけた3位決定戦。卓球選手は通常上半身しか撮らないが、青木さんはこの時きれいな写真を残して上げたかったと福原愛の全身の写真を撮り、アスリートの強さと女性としての美しさを残した。その裏には過去に選手に喜ばれなかった写真があった。それはアトランタオリンピックの伊達公子の写真で、本人に写真をプレゼントしたら表情が気に入ってくれなかったという。それ以来女性選手はきれいに撮ってあげたいという気持ちが強くなったという。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

バルセロナ

18大会のオリンピックを撮影し、のべ150万枚以上撮影し、その中から特に思い入れのある3枚を厳選した。1枚めが谷亮子が金メダルを確信した試合前の表情。谷亮子はバルセロナ・アトランタで金メダルをかけた3大会目のシドニーオリンピックの決勝で開始38秒で一本勝ちして悲願の金メダルを獲得した。この試合の前の1枚を青木さんが切り取った。その時の谷亮子は清々しい表情をしていた。金メダルを確信した表情を撮れたのは過去の金メダルを逃した時の表情を見てきた青木さんだからこそだった。2枚目は福原愛の現役最後の姿。リオオリンピックで卓球女子団体の銅メダルをかけた3位決定戦。卓球選手は通常上半身しか撮らないが、青木さんはこの時きれいな写真を残して上げたかったと福原愛の全身の写真を撮り、アスリートの強さと女性としての美しさを残した。その裏には過去に選手に喜ばれなかった写真があった。それはアトランタオリンピックの伊達公子の写真で、本人に写真をプレゼントしたら表情が気に入ってくれなかったという。それ以来女性選手はきれいに撮ってあげたいという気持ちが強くなったという。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

シドニーオリンピック

アフロの社長が伝説のカメラマンの青木紘二。青木さんは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会フォトチーフ。谷亮子のオリンピック初挑戦や伊調馨の女子個人初の4連覇など、18大会のオリンピックを撮影してきた。今もなお日本オリンピック委員会のオフィシャルフォトチームを率いている現役のカメラマン。オリンピックでは決められたフォトポジションの中で早い者勝ちで場所を決める。フォトチーフは過去の経験を踏まえて競技ごとのカメラポジションの設定やカメラマンの体調管理なども考える。青木さんが社長を務めるアフロは4000万点を超える写真・動画を提供するサイト。高橋尚子のゴールの瞬間は初のデジタルカメラ撮影だったとのこと。オリンピックになると1日で3000〜5000枚の写真を撮る。

18大会のオリンピックを撮影し、のべ150万枚以上撮影し、その中から特に思い入れのある3枚を厳選した。1枚めが谷亮子が金メダルを確信した試合前の表情。谷亮子はバルセロナ・アトランタで金メダルをかけた3大会目のシドニーオリンピックの決勝で開始38秒で一本勝ちして悲願の金メダルを獲得した。この試合の前の1枚を青木さんが切り取った。その時の谷亮子は清々しい表情をしていた。金メダルを確信した表情を撮れたのは過去の金メダルを逃した時の表情を見てきた青木さんだからこそだった。2枚目は福原愛の現役最後の姿。リオオリンピックで卓球女子団体の銅メダルをかけた3位決定戦。卓球選手は通常上半身しか撮らないが、青木さんはこの時きれいな写真を残して上げたかったと福原愛の全身の写真を撮り、アスリートの強さと女性としての美しさを残した。その裏には過去に選手に喜ばれなかった写真があった。それはアトランタオリンピックの伊達公子の写真で、本人に写真をプレゼントしたら表情が気に入ってくれなかったという。それ以来女性選手はきれいに撮ってあげたいという気持ちが強くなったという。

青木さんが撮った田中雅美さんのシドニーオリンピックの時の写真と19年前に銅メダルを撮った時のを紹介した。田中さんはシドニーオリンピックの時の写真に「正面の写真じゃなくて良かった」などと言った。その後、松坂と投げあった試合で打たれてうなだれる上重聡の写真を紹介。手嶋龍一は、一瞬に命をかけるカメラマンは大変だと言った。中丸雄一は、写真は感情や空気までも撮れるから良いと言った。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

リオオリンピック

アフロの社長が伝説のカメラマンの青木紘二。青木さんは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会フォトチーフ。谷亮子のオリンピック初挑戦や伊調馨の女子個人初の4連覇など、18大会のオリンピックを撮影してきた。今もなお日本オリンピック委員会のオフィシャルフォトチームを率いている現役のカメラマン。オリンピックでは決められたフォトポジションの中で早い者勝ちで場所を決める。フォトチーフは過去の経験を踏まえて競技ごとのカメラポジションの設定やカメラマンの体調管理なども考える。青木さんが社長を務めるアフロは4000万点を超える写真・動画を提供するサイト。高橋尚子のゴールの瞬間は初のデジタルカメラ撮影だったとのこと。オリンピックになると1日で3000〜5000枚の写真を撮る。

18大会のオリンピックを撮影し、のべ150万枚以上撮影し、その中から特に思い入れのある3枚を厳選した。1枚めが谷亮子が金メダルを確信した試合前の表情。谷亮子はバルセロナ・アトランタで金メダルをかけた3大会目のシドニーオリンピックの決勝で開始38秒で一本勝ちして悲願の金メダルを獲得した。この試合の前の1枚を青木さんが切り取った。その時の谷亮子は清々しい表情をしていた。金メダルを確信した表情を撮れたのは過去の金メダルを逃した時の表情を見てきた青木さんだからこそだった。2枚目は福原愛の現役最後の姿。リオオリンピックで卓球女子団体の銅メダルをかけた3位決定戦。卓球選手は通常上半身しか撮らないが、青木さんはこの時きれいな写真を残して上げたかったと福原愛の全身の写真を撮り、アスリートの強さと女性としての美しさを残した。その裏には過去に選手に喜ばれなかった写真があった。それはアトランタオリンピックの伊達公子の写真で、本人に写真をプレゼントしたら表情が気に入ってくれなかったという。それ以来女性選手はきれいに撮ってあげたいという気持ちが強くなったという。

最後は体操・男子団体の金メダルが決まった瞬間のリアルな表情。撮影したのが電光掲示板に得点が出た瞬間。多くのカメラマンは選手がガッツポーズを見せてくれるフォトポジションに集まったが、青木さんは反対に周ってこの写真を撮影した。青木さんは4年間の思いをぶつける選手達の一瞬を撮り続けてきた。しかし東京オリンピックではカメラマンをまとめる立場のために写真が撮れないのが悩みとのこと。


「シドニーオリンピック」に関連するイベント情報

オリンピック

アフロの社長が伝説のカメラマンの青木紘二。青木さんは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会フォトチーフ。谷亮子のオリンピック初挑戦や伊調馨の女子個人初の4連覇など、18大会のオリンピックを撮影してきた。今もなお日本オリンピック委員会のオフィシャルフォトチームを率いている現役のカメラマン。オリンピックでは決められたフォトポジションの中で早い者勝ちで場所を決める。フォトチーフは過去の経験を踏まえて競技ごとのカメラポジションの設定やカメラマンの体調管理なども考える。青木さんが社長を務めるアフロは4000万点を超える写真・動画を提供するサイト。高橋尚子のゴールの瞬間は初のデジタルカメラ撮影だったとのこと。オリンピックになると1日で3000〜5000枚の写真を撮る。

18大会のオリンピックを撮影し、のべ150万枚以上撮影し、その中から特に思い入れのある3枚を厳選した。1枚めが谷亮子が金メダルを確信した試合前の表情。谷亮子はバルセロナ・アトランタで金メダルをかけた3大会目のシドニーオリンピックの決勝で開始38秒で一本勝ちして悲願の金メダルを獲得した。この試合の前の1枚を青木さんが切り取った。その時の谷亮子は清々しい表情をしていた。金メダルを確信した表情を撮れたのは過去の金メダルを逃した時の表情を見てきた青木さんだからこそだった。2枚目は福原愛の現役最後の姿。リオオリンピックで卓球女子団体の銅メダルをかけた3位決定戦。卓球選手は通常上半身しか撮らないが、青木さんはこの時きれいな写真を残して上げたかったと福原愛の全身の写真を撮り、アスリートの強さと女性としての美しさを残した。その裏には過去に選手に喜ばれなかった写真があった。それはアトランタオリンピックの伊達公子の写真で、本人に写真をプレゼントしたら表情が気に入ってくれなかったという。それ以来女性選手はきれいに撮ってあげたいという気持ちが強くなったという。