ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スカイ・ブラウン」の検索結果

「スカイ・ブラウン」に関連する情報 60件中 1〜10件目

「スカイ・ブラウン」に関連するイベント情報

東京五輪

スケートボーダーの野中利津くん6歳を紹介。東京五輪金メダリストのスカイ・ブラウンの演技を見てスケボーを始めたという。


「スカイ・ブラウン」に関連するイベント情報

東京五輪

古田新太は舞台俳優なら知らない舞台に立つ夢を見るといい、フワちゃんは「めっちゃ歯が抜ける夢見る」と話すと、古田も経験していた。四十住はスカイ・ブラウンが6歳の時から面識があり、1個のベッドで家族と一緒に寝ているが、ブラウンは「狭い」と話しているという。今回、ブラウンが番組の取材に応じ、決勝で2回失敗すると、最後の演技で四十住から励まされたことを明かした。そんな四十住は折り紙が大好きで、作品をくれるという。


ナイキ

東京五輪で四十住さくらは19歳にして金メダルに輝き、銅メダリストで13歳のスカイ・ブラウンとは6歳の時から面識があるという。ブラウンはイギリス人の父、日本人の母を持ち、NIKEと最年少契約を交わしている。四十住は練習仲間でもあるブラウンについて、「自分の部屋があるのに1人で寝れない」、「オフの時はずっとTikTokやってる」などと明かした。


「スカイ・ブラウン」に関連するイベント情報

東京五輪

19歳の四十住さくら選手が金メダル。12歳に開心那選手が銀メダルを獲得したパークでも選手たちに爽やかな友情が見られた。イギリス代表のスカイ・ブラウン選手(13)は日本人の母とイギリス人の父を持ち、宮城県生まれた。決勝では大技を2回連続失敗。しかし最終ランで成功させ、逆転で銅メダルを獲得。インタビューでスカイ選手は「さくらが私のこと『できるよ!』って応援してくれて『私なら出来る』ってなりました」と明かした。最終ラン直前に四十住さくら選手が激励していた。たとえ失敗してもチャレンジ精神を称え合うことなどが私達の心をうった。

堀米雄斗は、負けて悔しかったりとかもするけど、お互い認めあって最後にハグしたり、おめでとうとか言ってくれると、また一緒にスケートしたいと思うと話した。弘竜太郎は、堀米雄斗の練習を見たが、転んでは何度も立ち上がりながら、びしょ濡れになりながら練習していた、などとコメントした。


YouTube

10代の選手たちの活躍が目立った東京オリンピック。世界が注目したのは母親が宮崎出身のスカイ・ブラウン選手(13)。スカイ選手はすでにプロとして活躍するスケーター。最年少で大手スポーツメーカーのナイキと契約。さらに去年は歌手デビューまで。SNSのフォロワーは約280万人。イギリスではアイドル並の人気を誇っている。物怖じしない性格と自然な笑顔が若い世代を中心に支持を集めている。スケボーはYouTubeを観て独学で学んだという。


「スカイ・ブラウン」に関連する音楽・CD

GIRL

10代の選手たちの活躍が目立った東京オリンピック。世界が注目したのは母親が宮崎出身のスカイ・ブラウン選手(13)。スカイ選手はすでにプロとして活躍するスケーター。最年少で大手スポーツメーカーのナイキと契約。さらに去年は歌手デビューまで。SNSのフォロワーは約280万人。イギリスではアイドル並の人気を誇っている。物怖じしない性格と自然な笑顔が若い世代を中心に支持を集めている。スケボーはYouTubeを観て独学で学んだという。


ナイキ

10代の選手たちの活躍が目立った東京オリンピック。世界が注目したのは母親が宮崎出身のスカイ・ブラウン選手(13)。スカイ選手はすでにプロとして活躍するスケーター。最年少で大手スポーツメーカーのナイキと契約。さらに去年は歌手デビューまで。SNSのフォロワーは約280万人。イギリスではアイドル並の人気を誇っている。物怖じしない性格と自然な笑顔が若い世代を中心に支持を集めている。スケボーはYouTubeを観て独学で学んだという。


「スカイ・ブラウン」に関連するイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピックの知られざる名場面や隠れたエピソードを紹介。最初の話題はインタビューで起きた意外なドラマ。アルゼンチンのペレス・マウリセ選手は試合に負けてしまった後、テレビ局のインタビューを受けるのだが、後ろにいたのは7年コーチを務めるサウセドさん。「僕と結婚してくれませんか」と書かれた紙を持ってプロポーズ。キスで答えた。選手村で記念撮影。思い出に残る大会となった。そして、サッカー男子ドイツ代表のクルーゼ選手。こちらもテレビのインタビューを使っておもむろにジャージを脱ぐと、「僕の妻になってください」とプロポーズの言葉が。彼女からの返事はイェスだった。

今大会は日本の文化をリスペクトする選手たちがたくさんいた。新体操団体ウズベキスタンの選手たちのレオタードはアニメのセーラームーン。これには解説を務める田中琴乃さんも興奮。アニメの主題歌を使った可愛らしい演技だった。そして陸上400mリレー決勝の入場シーンでは中国代表がドラゴンボールのかめはめ波を披露。また、ボクシング男子ライトヘビー級のウィッテーカー選手も勝利の後にかめはめ波のポーズをした。そして走り幅跳び決勝でギリシャ代表のテントグル選手が見せたのは漫画「ワンピース」の主人公・ルフィーのギア2のポーズ。また、アメリカ代表のオッターダール選手もワンピースのキャラクターの決めポーズで入場した。そしてイタリアの新体操代表は着物風レオタード。世界が日本文化にリスペクトしてくれた。

10代の選手たちの活躍が目立った東京オリンピック。世界が注目したのは母親が宮崎出身のスカイ・ブラウン選手(13)。スカイ選手はすでにプロとして活躍するスケーター。最年少で大手スポーツメーカーのナイキと契約。さらに去年は歌手デビューまで。SNSのフォロワーは約280万人。イギリスではアイドル並の人気を誇っている。物怖じしない性格と自然な笑顔が若い世代を中心に支持を集めている。スケボーはYouTubeを観て独学で学んだという。

近代五種競技、5種目中3種目まで金を独走していたシュロイ選手。しかし馬術で馬が言うことを聞いてくれず、泣きじゃくる。ルールでは乗る馬は当日決められる。シュロイ選手は残念な結果に終わってしまった。そして男子マラソンゴール直前の2番、3番争い。2番で走るオランダの選手が後ろを走るベルギーの選手に”もっと頑張れ”と鼓舞している。実は2人はともにソマリア難民。政情不安から別々の国籍に変わっていた。2人は仲良くメダルを獲得した。ほとんどの会場で無観客となった異例のオリンピック。客席の巨大モニターに映し出されていたのはリモート応援する人たちの映像。東京・港区にあるジャマイカ大使館では、試合の観戦に合わせて食事の用意が行われていた。この日、ジャマイカ大使館が観戦したオリンピック種目は陸上女子200m。ジャマイカの選手2人が出場する。トンプソン選手は200mと100mで金。ともにリオに続いて2連覇だ。応援の後は郷土料理を食べてお祝いした。そして、アメリカ国民の期待を背負っていた体操のシモーネ・バイルズ選手。メンタルの不調を訴えて団体競技中に棄権した。国同士でメダルの数を競うことや個人の成績を過剰に期待することに疑問の声があがるようになった。そんな風潮に風穴を開けるような選手がいた。


有明体操競技場

東京五輪閉幕から1日たったきのう、羽田空港は出国ラッシュとなっていた。無観客、制限、開催良し悪しがあった五輪。阿部一二三は畳の上ではたくさんの思いがこみ上げた。大野将平はアスリートの姿をみて心動く瞬間があれば光栄などと話した。選手らが言葉にしたのは開催への感謝だった。喜友名諒は全てに感謝している、須崎優衣は開催するのも大変だっただろうが、協力のおかげで夢を叶えることができたなどと話した。またケイレブ・ドレセルは日本は親切でおもてなし上手だ、開催してくれてありがとう。スカイ・ブラウンは絆がより強まった、多くの人がスケボーに興味をもってほしい。ノア・ライルズは競争できてよかったなどと海外選手も感謝を話した。体操競技が終わった今月3日、会場に掲げられたのは「運営スタッフの皆様ありがとう」だった。橋本大輝はボランティアの人などが作業したり、サポートしてもらった。開催するにあたって選手だけでは成り立たない、感謝の気持ちでいっぱいと話した。古川高晴もこんな応援してもらった経験はないとボランティアの言葉が後押しになったと話した。バスケ大会で拍手で盛り上げたのはボランティアスタッフ、ダイアナ・トーラシは日本に感謝していると話した。ハネス・アイグナーはボランティアスタッフと撮影した写真を投稿していた。


エリウド・キプチョゲ選手のツイッター

東京五輪閉幕から1日たったきのう、羽田空港は出国ラッシュとなっていた。無観客、制限、開催良し悪しがあった五輪。阿部一二三は畳の上ではたくさんの思いがこみ上げた。大野将平はアスリートの姿をみて心動く瞬間があれば光栄などと話した。選手らが言葉にしたのは開催への感謝だった。喜友名諒は全てに感謝している、須崎優衣は開催するのも大変だっただろうが、協力のおかげで夢を叶えることができたなどと話した。またケイレブ・ドレセルは日本は親切でおもてなし上手だ、開催してくれてありがとう。スカイ・ブラウンは絆がより強まった、多くの人がスケボーに興味をもってほしい。ノア・ライルズは競争できてよかったなどと海外選手も感謝を話した。体操競技が終わった今月3日、会場に掲げられたのは「運営スタッフの皆様ありがとう」だった。橋本大輝はボランティアの人などが作業したり、サポートしてもらった。開催するにあたって選手だけでは成り立たない、感謝の気持ちでいっぱいと話した。古川高晴もこんな応援してもらった経験はないとボランティアの言葉が後押しになったと話した。バスケ大会で拍手で盛り上げたのはボランティアスタッフ、ダイアナ・トーラシは日本に感謝していると話した。ハネス・アイグナーはボランティアスタッフと撮影した写真を投稿していた。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。