ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スペクター・コミュニケーションズ」の検索結果

「スペクター・コミュニケーションズ」に関連する情報 560件中 1〜10件目

スペクター・コミュニケーションズ

犬のアレサちゃんと猫のマーロンくん。普段とっても仲良し。アレサちゃんが口に加えているのは猫じゃらし。猫のマーロンくんはそれを追っかけて遊んでいた。ところが今はマーロンくん、少し飽きてしまったようでアレサちゃんが口に加えてもつれないでいた。


スペクター・コミュニケーションズ

事故の瞬間を捉えた防犯カメラの映像。乗用車と三輪バイクが接触。命に別条なし。


スペクター・コミュニケーションズ

映画「恋人たちの予感」や「めぐり逢えたら」などに出演し”ラブコメの女王”として一世を風靡した女優メグ・ライアン。去年11月にはインスタグラムで、ロックミュージシャンのジョン・メレンキャンプとの婚約を発表していた。しかしそれから約1年が経った先週、海外の複数の芸能メディアがメグとジョンが婚約解消したと発表した。

そして先週報じられた婚約解消のニューズ。メグ・ライアン自ら解消した婚約。海外の芸能事情に詳しい村上さんによると、破局は2人の活動拠点の距離が関係しているという。メグ・ライアンはニューヨークを拠点としていて、ジョンはインディアナ州で活動していて、お互い愛する地元から離れられなかったのだという。直線距離で900キロ以上の遠距離恋愛が原因で、心が離れてしまったのかもしれない。これまで何度も復縁してきた2人だが、婚約解消で完全破局と見る向きが強い。しかし、冷却期間を置いて再び交際を開始する可能性もあるという。


スペクター・コミュニケーションズ

ニュージーランドの野生生物保護区、赤ちゃんが歩いていると大型の羊が突進。専門家によると映っていないところに餌があり、そこに猛突進していたのではないかとのことだった。


スペクター・コミュニケーションズ

タイの道路で前方からタイヤが突っ込んできた。運転手にケガはなかったがボンネットは壊れた。対向車線を走行中のトラックのタイヤが外れ転がってきたという。


スペクター・コミュニケーションズ

アメリカで話題になっている保護責任者遺棄の裁判。母親は6歳と思い引き取った少女が低身長症の成人女性だったと主張している。その女性は今別の家族で娘として暮らしていた。新しい家族は36歳の男性と39歳の女性の夫婦。新しい家族の友人は、夫婦は女性を愛しているし特に変わったことも起きていない、女性が30歳だとは考えられないなどと話している。


スペクター・コミュニケーションズ

先週金曜日、アメリカ中が注目する裁判がインディアナ州で開かれた。被告2人は2013年に娘をアパートに放置し日本の保護責任者遺棄にあたる罪に問われていた。2人は起訴内容を否認し無罪を主張。この裁判が注目されている理由は母親である被告の発言が原因だった。母親は「メディアは私を児童虐待者に仕立て上げようとしているけど、被害者は子供ではないのです」と発言。被告は2010年、女児を養子にした。引き取った際年齢は6歳だったはずだが、低身長症で当時20歳以上の成人だったという。家賃や食料の支援もしていたため、保護責任者遺棄にはあたらないと被告は主張している。さらに被告は映画の「エスター」と同様のことが起きたと主張。


スペクター・コミュニケーションズ

中国・山東省で車と違う動きをする小型電気自動車の映像が流れた。この車が、スクーターに乗る女性を横から跳ね飛ばした。車はすぐには止まらず倒れた女性を押し続け、ついに車の下に巻き込んで停車した。下敷きになった女性を助けようと、十数人で車を持ち上げ女性を救出。この事故で、ひかれた女性は幸いにも軽傷で済んだという。


スペクター・コミュニケーションズ

本当はとてもスゴイ人なのにダジャレを言い過ぎるせいで日本人から過小評価されているデーブ・スペクターとそれを40年も聞かされている妻が登場。デーブは実業家として大成功している。海外の特ダネ映像を日本のメディアへ販売している。ワイドスクランブルなどへ映像を販売、マイケル・ジャクソンと極太のパイプを持っている。9歳でアメリカのCMに出演、驚異のSPEEDで日本語を会得。温水洗浄便座をアメリカに紹介、知られざる挫折。デーブを救った夫婦の約束とは。


スペクター・コミュニケーションズ

中国東部で左折しようとした乗用車と右折をしようとしたトラックが激突したが、間一髪で乗用車の運転手がハンドルを切ったおかげでトラックの下敷きにはならずに済んだようだ。運転手はどちらも軽傷で済んだ。

いまゴルフボールを巧みに操ったテクニック動画が話題になっている。ボーリングでもトリックショットに挑戦したが失敗していた。

タイでどうしても動きたくない犬と動かそうとする飼い主だが、犬の視線の先には水道とシャンプーがあって、イヌは体を洗われるのを嫌がっていた。毎回シャワーの次官になると怯えてその場をしのごうとしていた。