ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スペクター・コミュニケーションズ」の検索結果

「スペクター・コミュニケーションズ」に関連する情報 627件中 1〜10件目

スペクター・コミュニケーションズ

今週水曜日に大統領就任式が行われジョー・バイデン氏が第46代アメリカ大統領に就任。その日の夜には特別番組が放送され司会にはアカデミー賞を2回獲得している大物俳優トム・ハンクス。ビートルズの「ヒア・カムズ・ザ・サン」を歌うのは人気ロック歌手のジョン・ボン・ジョヴィ。他にもケイティ・ペリーやジャスティン・ティンバーレイクなど 多くの人気アーティストが特別番組に出演。大統領就任を祝った。


スペクター・コミュニケーションズ

ベン・アフレックはアナ・デ・アルマスと破局。ベンの自宅からアナの等身大パネルが持ち出されるのをベンの自宅を張り込んでいたパパラッチが撮影した。ベンの子供たちが去年夏に用意したものだという。


スペクター・コミュニケーションズ

先程トランプ大統領がホワイトハウスのSNSに動画を投稿し、経済再生や対中政策など過去4年間の実績をアピールした。自身や家族に駆け込みで恩赦を与える可能性には言及しなかった。涙のスピーチで地元デラウェア州を出発したバイデン次期大統領は17時間後、大統領に就任する。連邦議会議事堂の広場には大統領就任式時、本来多くの人が詰めかけるが、今回は観客の立ち入りが禁止になり、代わりに旗が立てられている。議事堂からホワイトハウスまでのパレードも中止となった。議事堂周辺は州兵が取り囲み、フェンスが張り巡らされている。一方市内では就任式本番を前に儀仗隊が練習する様子も。そんな緊張に包まれるワシントンでは18日、連邦議会議事堂周辺で火災があり、議事堂で行われていた就任式のリハーサルが一時中断する事態となった。現地メディアによると、火災はホームレスのキャンプでプロパンガスが爆発したもので、テロではなかったという。また、首都ワシントンでは今月15日、拳銃などを所持していた男が逮捕された。男が提示した許可証は偽造されたものだったという。トランプ大統領は就任式には出席せず、直前にフロリダ州に移動すると見られている。

大統領就任式についてのトーク。ホワイトハウス公式YouTubeの中での演説について、デーブさんは「自分の4年間を褒めたり副大統領に感謝の言葉を述べたりしていたが、ただ”新政権”という言葉を使ってバイデンの名前を言わない。普通だったらマナーとして名前を一回ぐらい言うべきなんですけど」などと話し、ワシントンについて「ゴーストタウン化している。非常に不気味」などとコメントした。ワシントンに集まるのは州兵だけではなく、心配は身内で悪い事をする人がいるのではないかという事で、12人ほど過激派との繋がりがある不安から警備から外されている。FBIの調査で就任式の警備任務に就いていた州兵が過激派グループとのつながりがあることが判明し、任務から外されることになったとの速報。日本時間の日をまたいで午前2時から就任式が始まる。トランプ大統領について、デーブさんは「せめておめでとうの電話もあるんですけど何にもやってない、前例のないマナーの悪さ。最後までそういう態度をとっている」などとコメント。


スペクター・コミュニケーションズ

今月12日にマレーシアのパハンでの出来事を紹介。冠水した道路を車が走っていたが、座席に浸水してきて車内はパニック。運転手以外は脱出したものの、進み続け無事に避難したという。


スペクター・コミュニケーションズ

ブルース・ウィリスは屋内でのマスク着用が義務付けられているロサンゼルス内の店で店員にマスクの着用を求められたが拒否した。この行動に世間からは皮肉をこめた批判が殺到している。ブルースは「判断ミスだった」と謝罪した。


スペクター・コミュニケーションズ

新型コロナウイルスを巡り、ロンドンではトム・クルーズが「ミッション・インポッシブル」の最新作撮影中、2人のスタッフがソーシャルディスタンスを保たず感染対策を守っていないとして激怒する事態が起きていた。コロナ禍で職を失う関係者も多く、映画業界が苦境に立たされている今、そのような行為が許せなかった模様。今回のトム・クルーズの行動にネット上では「トム・クルーズが正しい」「リーダーとしてあるべき姿」などの称賛の声があがっている。


スペクター・コミュニケーションズ

トム・クルーズが撮影スタッフに激怒。ロンドンで「ミッション・インポッシブル」の撮影中、2人の撮影スタッフが2m以内の距離にいるところを発見、感染対策を守っていないと怒鳴りつけた。「俺達はお手本なんだ、ハリウッドは僕らのやり方で撮影が成功することを信じてくれている、撮影スタジオや保険会社・プロデューサーたちと毎晩電話し皆のおかげで映画が作れている。俺たちは多くの雇用を生み出している、二度と見たくない、もし対策をやらなかったらクビだ、ここの誰かがやっても同じだ、二度とやるな!」と警告。デイリー・ミラー記者は「もしコロナに感染したら撮影はストップし公開時期が遅れる、まったく収益が出ないことになる、公開をずっと楽しみにしているファンの期待を裏切る」と話す。スタッフの健康管理に魅せたプロ魂、最新作ではトムは主演兼プロデューサー、自ら厳しくチェックし感染者がでないよう気を張っている。


スペクター・コミュニケーションズ

アメリカのニュース雑誌「タイム」が、毎年その年を代表する今年の人「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を今日発表する予定。最終候補に挙がっているのは、今年大統領選でしのぎを削ったトランプ大統領とバイデン氏。そして、新型コロナウイルスに立ち向かっている医療従事者と国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長。さらに警察官の人種差別問題に対し抗議活動する人たち「ブラック・ライヴズ・マター」。一方で、先週初めて子どもと青少年を対象にした「キッド・オブ・ザ・イヤー」が発表された。5000人の候補から選ばれたのは、アメリカ・コロラド州に住む15歳のギタンジャリ・ラオさん。科学会では彼女のことを知らない人はいないほどの天才発明家だ。インターネット上のいじめを防ぐために人工知能技術を活用し、いじめに関する言葉を送信前に探知して注意を促すアプリを開発。さらに約4年前にはアメリカで史上最悪と言われる水道水が汚染される問題が発生した。これを独自に研究し、水中の鉛を検知する装置を発明した。ラオさんは発言も大人顔負け。


スペクター・コミュニケーションズ

ブラッド・ピットがロサンゼルスでボランティア活動を続けている。約800の高齢者世帯に食料を届ける、金曜日の午前7時から3時間ほど参加しているという。他の人と同じ作業、当初は気付かなかった、地域の人にも溶け込んでいてバイクを借りて買い物にも行っていたという。

ブラッド・ピットがロサンゼルスでボランティア。慈善活動をするという大義名分ではない自然なボランティア、そろそろ撮影があるのでそれまで頑張ったのではと出演者。ブロードウェイが復活すればアメリカが普通に戻るとも言われるが関連スタッフはコロナ禍で単発仕事や失業手当はあるが休業は史上最長の444日。渡辺謙はキャストは国に帰ったりしているが映画は後で公開もできるが舞台はやり続けないと完全に止る、かなり困窮しているだろう、今年3月PARCO劇場で「ピサロ」という舞台だったが公演中止、コロナがどういうものか分かっていなかったので劇場にはお客さんにも緊張感があり足を運んでもらうことに耐えられなくなり9日目に中止にした、毎日消毒もしていた、公演はやっても赤字なのでエンタメ界はどうサポートしどう受けられるのかを考えていかないといけないと話す。


スペクター・コミュニケーションズ

飼い主にかまってもらうことが大好きな1羽のオカメインコはヤキモチ焼きだそうで飼い主がもう1羽のインコをかまい始めると嫉妬心が爆発する。飼い主の手が戻ってくると落ち着きを取り戻す。再び別のインコに手が戻ると嫉妬心が止まらなかった。