ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スペクター・コミュニケーションズ」の検索結果

「スペクター・コミュニケーションズ」に関連するその他の情報 528件中 1〜10件目

スペクター・コミュニケーションズ

陸上界を席巻する厚底シューズ。多くのランナーが着用するナイキ「ヴェイパーフライ」。お店でも貸し出しが大人気、1足3万円だが愛用者急増。人気の秘密はカーボンプレートによる反発力、好記録を連発。非公式だがキプチョゲ選手がマラソンで2時間切り、東京マラソンでは設楽悠太選手が16年ぶり日本記録更新、大迫傑選手も、箱根駅伝では8割以上が使用、マラソングランドチャンピオンシップでも多くの選手が使用。ところが世界陸連が使用禁止と英メディアが報道、底の厚さに制限を加える規則を設けるという。もし禁止ならオリンピックにも影響、仮にソールが薄いシューズでないとダメになると感覚は変わる。箱根駅伝9位、初シード権獲得の創価大学は早く教えて、納得はしている、使えないからマイナスにはならないが記録が取り消されるなら納得はいかないとコメント。五輪内定中村匠吾選手はルールの中で対応するとコメント。調査結果は今月末に公表され結論が出るとみられる。なぜこのタイミング?徹底検証。


スペクター・コミュニケーションズ

インドで走る電車の出入り口から車内の女性のカバンをひったくりが発生。グループの犯行と見られ鉄道会社はどの列車で起きたか詳しく調査するという。

キッチンに登ろうとした子猫がゴミ箱に落下し蓋も閉まった映像を紹介。

メキシコのベーカリーでの映像を紹介。拳銃で金を要求、パンを袋に入れるよう指示し持って逃走した。

インド・グジャラート州の高速道路でガス運搬車が何度も爆発した。LPGガスを積んだトラックが車に衝突されガスが漏れ引火したが死者はいない。ガスを積んでいたトラックが違法な輸送をしていた可能性があり運転手の行方を追っている。

マイカーのボンネットの蓋が閉じて指が挟まれた映像を紹介した。


スペクター・コミュニケーションズ

8日、ヘンリー王子夫妻がSNSでイギリス王室からの引退を発表した。ヘンリー王子夫妻らは皇位王族から退き経済的自立を目指すという。皇位王族を離れると公務の参加義務がなくなる。完全にイギリス王室から離れるのではなく、王室の中心メンバーから離れるという立場をとる。現地メディアはこれはフルタイム王族がパートタイム王族になったと表現している。デーブ・スペクターはイギリス王室の伝統や格式を軽んじる行動など、メーガン妃のわがままが原因かと分析している。メーガン妃はたびたびイギリス王室の伝統に反する行動をとってきた。2019年8月、エリザベス女王はメーガン妃の誕生日を祝うため特注のケーキを用意した。2019年9月、エリザベス女王の別荘に集まるのが慣例になっている。いずれの日もメーガン妃はアメリカに行って友人のテニスを観戦していた。クリスマスにエリザベス女王と一緒に過ごすのが慣例になっているが、カナダで一家団らんをしていた。チャールズ皇太子とウィリアム王子はこの引退を発表の10分前に伝えられ激怒したという。エリザベス女王に至ってはテレビの報道で知った。一方、イギリスのタイムズ紙はウィリアム王子がヘンリー王子夫妻に対し脅迫的な態度をとりロイヤルファミリーから追い出したと報道。この報道について13日、ウィリアム王子とヘンリー王子が連盟で作り話と否定した。13日、緊急の家族会議が開かれその後、エリザベス女王は「完全支持する しましまだ課題は残っている」と声明を発表した。


スペクター・コミュニケーションズ

数々の映画作品に出演し、1992年公開の「氷の微笑」では、妖艶な演技で世界中の男性を虜にしたハリウッド女優のシャロン・ストーン。あれから28年、現在61歳となるシャロンが最近になって始めた”あること”で再び、世界中の男性の目を惹きつけている。それは、「Online‐dating」。日本でいう出会い系アプリに、シャロン本人が登録したという。しかし、シャロンのアカウントを見た複数のアプリ利用者が「偽物」ではないかと疑い、 運営側に通報。結果、本人が登録していたにも関わらず、アカウントが停止されたという。運営会社は、写真登録をしていなかったことから本人と確認できず、アカウントを停止したというが、現在はシャロンに謝罪した上で、アカウントは復活されているという。


スペクター・コミュニケーションズ

西部劇などでお馴染みの枯れ草「タンブルウィード」が大量発生している。車が埋もれるほど発生しており過去にもニューメキシコ州などで大量発生が確認された。


スペクター・コミュニケーションズ

3位は7番組で放送されたインテリ猫。中国厦門市に住むブリティッシュショートヘアがほおづえをついて寝る映像。

2位は8番組で放送された動けない犬。ダックスフントのピックルくんは猫のハービーちゃんとじゃれ合い、耳を舐められると惚けて動けなくなる。

1位は9番組で放送された演技はの犬。カリフォルニア州に住むピットブルのジンジャーは飼い主がジンジャーの爪を切ろうとすると死んだふりをする。爪はしっかりと来られる。

死んだふりをする犬について、太田光が「犬でもアメリカ人で芝居上手いんだね」と言った。


スペクター・コミュニケーションズ

ニュース番組やワイドショーで紹介されている一部はデーブさんの会社のスペクター・コミュニケーションズが提供したもの。そんなスペクター・コミュニケーションズの映像から今年放送回数が多かった動画を紹介する。

スペクター・コミュニケーションズで今年最も放送された動画を発表!


スペクター・コミュニケーションズ

9歳のローラン・シモンズくんが今年3月にオランダの名門大学に入学し9ヶ月でカリキュラムのほとんどを終えた。今月中に卒業が決まれば史上最年少の大卒記録となる。このニュースは世界中で話題となり取材依頼が殺到し、研究内容も注目されている。ローランくんの才能には祖母が気づき4歳で小学校に入学し2年で卒業、中学高校は1年半で8歳の時卒業した。現在アイントホーフェン工科大学で電気工学を学んでいる。ローランくんは祖父と祖母が心臓の病気を患っていることから脳内の神経細胞の動きを分析するチップを研究しているという。卒業が決まれば日本に遊びに行きたいと話した。


スペクター・コミュニケーションズ

ロサンゼルスからマニラへ家族旅行中の飛行機がエンジンから炎が出た。300人以上の乗客乗員にケガはなかった。


スペクター・コミュニケーションズ

中国・深センにある駅での持ち物検査の様子。1人の男性が検査を受けていると、職員が腰に何かを発見。まくると、オレンジ色の袋がテープで巻き付けられていた。中には、亀がいた。男性のペットだった。以前ペットである亀を自宅においたまま外出し、死なせてしまったという。同じ過ちを繰り返さないよう、亀を連れ歩いていた。しかし中国ではペットが病気を持っていないかなどの証明書なしでは電車に同乗できず、男性は証明書を持っていなかったため、電車には乗れなかった。