ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スペクター・コミュニケーションズ」の検索結果

「スペクター・コミュニケーションズ」に関連する情報 563件中 11〜20件目

スペクター・コミュニケーションズ

中国・山東省で車と違う動きをする小型電気自動車の映像が流れた。この車が、スクーターに乗る女性を横から跳ね飛ばした。車はすぐには止まらず倒れた女性を押し続け、ついに車の下に巻き込んで停車した。下敷きになった女性を助けようと、十数人で車を持ち上げ女性を救出。この事故で、ひかれた女性は幸いにも軽傷で済んだという。


スペクター・コミュニケーションズ

本当はとてもスゴイ人なのにダジャレを言い過ぎるせいで日本人から過小評価されているデーブ・スペクターとそれを40年も聞かされている妻が登場。デーブは実業家として大成功している。海外の特ダネ映像を日本のメディアへ販売している。ワイドスクランブルなどへ映像を販売、マイケル・ジャクソンと極太のパイプを持っている。9歳でアメリカのCMに出演、驚異のSPEEDで日本語を会得。温水洗浄便座をアメリカに紹介、知られざる挫折。デーブを救った夫婦の約束とは。


スペクター・コミュニケーションズ

中国東部で左折しようとした乗用車と右折をしようとしたトラックが激突したが、間一髪で乗用車の運転手がハンドルを切ったおかげでトラックの下敷きにはならずに済んだようだ。運転手はどちらも軽傷で済んだ。

いまゴルフボールを巧みに操ったテクニック動画が話題になっている。ボーリングでもトリックショットに挑戦したが失敗していた。

タイでどうしても動きたくない犬と動かそうとする飼い主だが、犬の視線の先には水道とシャンプーがあって、イヌは体を洗われるのを嫌がっていた。毎回シャワーの次官になると怯えてその場をしのごうとしていた。


スペクター・コミュニケーションズ

イギリスからスペインに向かう旅客機で、通信障害によりパイロットが来られなくなった。そこで乗客が代わりに操縦することになった。航空会社からは30秒でOKが出たという。この乗客はこの航空会社のパイロットだった。


スペクター・コミュニケーションズ

遊んでいて頭が抜けなくなり、泣いている女の子を父親が頭を回転させて解決した。


スペクター・コミュニケーションズ

今週のニュース!気になる人物トップ10。先月13日、タイナコーンラーチャシーマで通勤中の男性が撮影した映像、道路を塞ぐ塊、よくみるとゾウ。道路で昼寝、20分立ち往生、刺激せずどいてとお願い。タイではゾウは神。お願いを聞いたかのように立ち上がり森へ帰っていった。コンクリートで体を温めるため道路によく寝そべるらしい。男性は遅刻したがゾウのそばにいれて嬉しいと話す。


スペクター・コミュニケーションズ

米・イエローストーン国立公園で、レンタカーを借りてやってきた家族が、アメリカバイソンの群れに遭遇した映像。通り過ぎるのを待つ間に一頭の巨大なバイソンが激突。フロントガラスにヒビが入った。悲劇はさらに車を借りるときに保険に入っていなかったという。

イギリスで自動車窃盗の一部始終を防犯カメラが捉えた映像。犯人は不思議な格好で堂々と侵入。両手を挙げただけで車の施錠が開き、もうひとりが運転して去っていった。盗まれたのは約1100万円の高級車。専門家は、リレーアタックの装置を使用し、スマートキーを操作したのではとのこと。アンテナを立ててから、わずか3秒で開けていた。リレーアタック盗難は日本でも起きていて、持ち主が気づいたため盗まれなかった。スマートキーを採用している販売者はすでに70%を超えている。電波がもれないような入れ物にカギを入れておくとよいとのこと。


スペクター・コミュニケーションズ

タイ・チョンブリーで今月13日、泥にハマって抜け出せなくなった男性が。レスキュー隊が到着し、体にロープを巻きつけ、周囲の人達が見守る中引き上げられた。男性は落としたメジャーを探していたそうで、仕事用のメジャーは1000円程度のもの。メジャーは亡くなった男性の妻が買ってくれたプレゼントで、妻の形見を失いたくない一心で危険を覚悟で拾いに行ったという。男性はメジャーを洗い、今も仕事に使っているという。


スペクター・コミュニケーションズ

中国・山西省のマンションで突如屋上の外壁部分が倒壊。2008年に完成したこのマンションでは今年3月外壁に異常が発見されていたが不動産会社が放置していたという。通行人の女性は間一髪で危機を回避した。アメリカのヨットハーバーでは、ヨットのマストに落雷があり船体から激しい火花がでた。持ち主の男性は落雷の15分前まで船で作業していたという。難を逃れたが持ち主はヨットのレースに出られないと嘆いたという。


スペクター・コミュニケーションズ

男性のお尻に大量のハチが群がっていた。これは今月20日のインドで撮影されたもので、車に向かっている途中で女王バチが男性のお尻に止まり、気づけばハチが大量に集まってきたという。専門家によれば女王バチの周りにセイヨウミツバチが集まるという習性があるという。刺される心配はなく、男性はその後女王バチの引き離しに成功。他のハチも女王バチを追って男性から離れていった。

9日、フィリピン・マニラのバスの乗客の頭上に男性が。さながらスパイダーマンのようだが、この男性は車掌。運賃を徴収し発券していた。車掌によればこの日は雨のせいか多くのお客さんがバスに乗車し、道路が狭くなってしまったという。女性も多く乗っていたため、不快な思いをさせないために上を通ったという。この様子がSNSをで話題になると、禁止行為をしたとしてバス会社から謹慎処分に。