ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スポニチ」の検索結果

「スポニチ」に関連する情報 1663件中 1〜10件目

スポニチ

スポニチの記者からの質問。記者に会長の関与を聞かれ社長は、コミュニケーションはしているが現場を回しているのは自分、相談して共に決定をするときもあると答えた。


吉本興業

吉本の社長の会見。社長は弁護士同士の話し合いになっていて直接の会話を止められていたと言った。記者は直接対話する努力をするべきだったのではと聞き、社長は、それをすべきだったが向こうの弁護士と話したがやれなかったと答えた。また記者は芸人との信頼や内部統制が取れていないことについてどう思うか聞き、社長は不徳の致すところだと言った。また記者はガバナンスが利いていない状態で公共性が高いところに進出して大丈夫か聞き、社長は再発防止を関係各所に報告・相談しながら進めている、各所にご理解をいただきながらやれることをやると答えた。また弁護士が、代理人間のやり取りは先方弁護士の要望だったと言った。そして記者は真面目な場で冗談を言うのは如何なものかと言い、社長は進まない環境を変えるためにと思ったが、結果的に不快な思いをさせてしまったと言った。また記者は社長自身が吉本興業の社長にふさわしいと思っているか聞き、社長はいろんな人に怒られながらも笑いを愛して笑いを作る人を愛しているとこに関しては人一倍思っている、ただそれをどう伝えるかは未熟で、思いを伝えていきたいとこから始めたいと答え、この環境をより強固なものにしていくべき精進すると言った。

スポニチの記者からの質問。記者に会長の関与を聞かれ社長は、コミュニケーションはしているが現場を回しているのは自分、相談して共に決定をするときもあると答えた。

午後2時半、吉本興業の社長が会見場に姿を現した。宮迫博之と田村亮に対し謝罪した。おととい2人が会見で訴えた先月24日のパワハラとも受け取れる発言。社長の説明には2人の主張と温度差があった。社長は「テープとってんちゃうの」と冗談で言ったと話した。全員クビにするという発言についても、個人バラバラで言うんやったら勝手にせい、会見するなら全員クビやって言った、「クビにする力があるんだぞ」っていうのは起こりながらはっきり言えないと思う、圧力をかけたつもりはないなどと話した。

今回の闇営業問題が報道されたあとに金銭を受け取っていたことを認め、会社側に会見したいと訴え続けたが認められなかったと主張した。2人の会見を認めなかった理由について会社側は、静観という言葉は使っていない、確認作業をしないといけない状況だった、金額が確定出来ずに踏み込めなかったなど言った。宮迫さんは先週金曜日にマネジメント契約を解消されたが、田村亮さんについては契約解消は発表されておらず、謹慎処分のまま。社長は2人の処分を撤回し、吉本興業に戻ってきてもらうよう話し合いたいと述べた。さらに会見では、吉本興業と反社会的勢力との関係についての質問もあった。


吉本

今日のスポーツ紙各紙で1面に宮迫さんと田村さんの謝罪会見について掲載され、全員クビと言われた、吉本から圧力などの見出しが載った。スポニチは松本さんが吉本に向かって直談判という見出しが載った。会見の冒頭は宮迫さんと田村さんの謝罪から始まり、宮迫さんは「僕の保身からくるウソから始まっています」「今回の騒動の全責任は僕にあります、本当にすみませんでした」などと言い、田村さんは「虚偽の説明をしてしまい、不信感を抱かせてしまった方々、本当に申し訳ございませんでした」などと言った。会見の前に放送されたラジオで田村淳さんは、亮さんからLINEが来てて電話したら今日会見することにしたって、正直に話をするのは同意するけど相談はしてほしかった、寝耳に水ですよなどと話した。宮迫・田村が会見を行うのは吉本興業も知らなかったという。

会見を行った宮迫さんについて今週吉本興業から報告があった。会見の前日に宮迫さんのマネジメント契約解消の報告とう名で、反社会的勢力の主催する会合に出席していた県によりマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断して決定に至ったと報告があった。一方、田村亮と吉本興業の契約について、昨日サンケイスポーツが吉本興業へ取材すると、契約解消はしておりませんという。和田アキ子の質問に、ますだおかだの増田はコンビで片方だけ解消は過去にそういう事例はあると思うと言い、岡田は契約という部分でもうひとつ別の問題があると言った。会見では田村亮は契約解除だと思っていると話している。またスタジオでは、契約書がないなら法律関係で言うと労働者ではないので、亮さんの方から契約解消ができると話した。


スポニチ

今日のスポーツ紙各紙で1面に宮迫さんと田村さんの謝罪会見について掲載され、全員クビと言われた、吉本から圧力などの見出しが載った。スポニチは松本さんが吉本に向かって直談判という見出しが載った。会見の冒頭は宮迫さんと田村さんの謝罪から始まり、宮迫さんは「僕の保身からくるウソから始まっています」「今回の騒動の全責任は僕にあります、本当にすみませんでした」などと言い、田村さんは「虚偽の説明をしてしまい、不信感を抱かせてしまった方々、本当に申し訳ございませんでした」などと言った。会見の前に放送されたラジオで田村淳さんは、亮さんからLINEが来てて電話したら今日会見することにしたって、正直に話をするのは同意するけど相談はしてほしかった、寝耳に水ですよなどと話した。宮迫・田村が会見を行うのは吉本興業も知らなかったという。


「スポニチ」に関連するイベント情報

第23期ドコモ杯

スポニチの9日付の記事を紹介。囲碁の最年少プロ・仲邑菫初段が第23期ドコモ杯予選で田中智恵子四段を破り、史上最年少の公式戦初勝利を上げた。浅尾美和は、仲邑について普段可愛らしいが勝負になると本当に顔つきが変わるので、まだ10歳でこれから経験を重ねてどんな風に成長していくのかすごく楽しみだと語った。


スポニチ

スポニチの9日付の記事を紹介。囲碁の最年少プロ・仲邑菫初段が第23期ドコモ杯予選で田中智恵子四段を破り、史上最年少の公式戦初勝利を上げた。浅尾美和は、仲邑について普段可愛らしいが勝負になると本当に顔つきが変わるので、まだ10歳でこれから経験を重ねてどんな風に成長していくのかすごく楽しみだと語った。


スポニチ

ピエール瀧被告について、コカインの隠語として「飲み会」という言葉が使われていたことが協力していた女性の発言により明らかになった。隠語でのやりとりは7〜8年前から始まり、女性は「外国人から荷物を受け取ってきて」が最初と語り、報酬はなく芸能人と知り合いである優越感で協力していたとの話した。女性は2年6か月で執行猶予4年、追徴金が14万9197円となった。弁護士によると「流通者は周りに広げてしまう可能性があるので使う人より罪が重くなる」と指摘した。コカインを譲渡した女性は瀧被告の妻から「室内にあったコンビニ袋を捨てるように頼まれ、処分した」と話し、検察に「違法薬物ではないか」と質問されたところ「中身を見ていないからわからない」と話した。弁護士によると証拠隠滅罪になる可能性がるが、刑だけが免除になる可能性が高いという。瀧被告によると「家内は離婚と一言も言わず、これからも支えると言った」とコメントしている。


スポニチ

闇営業問題で宮迫、田村亮らに謹慎処分。事前のノーギャラの打ち合わせが行われていたとスポニチが報じている。NON STYLEは聴取を受けていないなどと話した。


スポニチ

Humanウォッチャー。今回は桐生祥秀のスパイクに秘められたドラマを紹介。スパイクはスプリンターが身につけることのできる唯一の武器。田崎公也は桐生の足元を支えるその道のプロ。裏方として桐生を支える田崎に密着する。


スポニチ

関係者の話によれば、2人は他事務所のものまね芸人から「建設会社社長関連の会合」と言われて初めて参加。ギャラは10〜15万円と見られ、ネタの披露後は客と数時間宴席を共にしたと見られる。ネット上では内間がテレビ番組の企画で購入した家のローンの支払いを心配する声などが聞かれた。客の正体を隠す仲介人の存在が事態を深刻化させていると阿部。仲介人がどういった立ち回りをしてきたのか暴かないと次から次へと出てきてしまうのではないか、とも。ギャラも彼らの正規の営業の金額から比べれば少なく、その金額で相手が暴力団関係者と理解して行った可能性は低いと考えられる。