ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スポーツクラブ内村」の検索結果

「スポーツクラブ内村」に関連する情報 86件中 1〜10件目

スポーツクラブ内村

内村航平 世界一になれた理由が高校の体操部での内村航平の後輩であり、現在はコーチをしている佐藤寛朗との食事会で発覚。幼少時代、冷暖房なしのコンテナに住んでいたという。1989年、福岡に生まれた内村航平は3歳から体操を始め6歳で初めての大会に出場。結果は最下位だった。練習の場所は両親が営む体操教室で船の貨物運搬用のコンテナを借り体操教室を開いていた。このコンテナは内村の家でもあり7畳に4人暮らしだった。夏になると熱気がこもるコンテナでエアコンのない生活、冬には結露した床で転倒した事もあった。さらに湿気がこもり鉄棒はサビだらけだった。しかしその甲斐あって大会で外国に行くと日本製ではない器具でやらないといけないので柔軟に対応できた。


スポーツクラブ内村

内村航平選手の母内村周子さんが登場。息子を自身の体操教室で3歳から指導。そんな彼女が1番大切にしてきたことは笑うこと。トレーニング内容は内村さんをおんぶして動くこと。体幹を鍛える。内村さんは現在も常時200人以上の生徒を受け持っている。メンバーに拍手を促し歌を歌って盛り上げる。続いてコップを頭の上にのせ落ちないように平均台を歩く。バランス感覚や体幹を鍛える。体操トップレベルの選手だとコップに水を入れてもこぼさないそう。久しぶりに心の底から楽しいひと時などと末吉さん。内村さんの明るい指導でメンバーのわだかまりが消え始めた。


スポーツクラブ内村

内村家の年表を見ながら内村選手の競技人生を紹介。内村選手は緊張のあまり頭が真っ白になりボロボロの演技を披露。最下位から始まった競技人生だった。先に才能を開花させたのは妹・春日さんだった。


スポーツクラブ内村

体操教室の上はクラッシックバレエのスタジオになっており、周子さんは現役のバレリーナで指導も行っている。


スポーツクラブ内村

内村航平 世界一になれた理由が高校の体操部での内村航平の後輩であり、現在はコーチをしている佐藤寛朗との食事会で発覚。幼少時代、冷暖房なしのコンテナに住んでいたという。1989年、福岡に生まれた内村航平は3歳から体操を始め6歳で初めての大会に出場。結果は最下位だった。練習の場所は両親が営む体操教室で船の貨物運搬用のコンテナを借り体操教室を開いていた。このコンテナは内村の家でもあり7畳に4人暮らしだった。夏になると熱気がこもるコンテナでエアコンのない生活、冬には結露した床で転倒した事もあった。さらに湿気がこもり鉄棒はサビだらけだった。しかしその甲斐あって大会で外国に行くと日本製ではない器具でやらないといけないので柔軟に対応できた。


スポーツクラブ内村

体操のオリンピック金メダリスト・内村航平選手の母、内村周子さんに密着。長崎県諫早市にある自宅を訪ねると、周子さんは急いで自宅1階の体育館へ。内村家は3階が自宅、1階が体育館になっており、ここでスポーツクラブ内村という体操教室を運営。元選手の夫・和久さんと周子さんが指導を行っており、本格的に選手をめざすコースだけでなく、体操を通して集中力や体力を養う幼児・児童向けコースもあり、1歳から社会人まで200人以上が通っている。人気のあまり幼児向けコースは数ヶ月入会待ちになることも。周子さんは子供の頃から体操に打ち込み、短大時代には九州大会で優勝した実力の持ち主。年齢はひみつ。今でも活躍しており、2014年、シニアの全国大会に出場。50歳以上ではトップの成績。そんな自宅体操教室を遊び場に内村選手は育っていった。周子さんは幼いときの内村選手について「ずっと最下位だった。特に秀でているということはなかった」と話した。内村選手が初めて大会に出場したときの映像では、父の方をチラチラ見る内村選手が。実はこの時、頭の中が真っ白で、次の演技を忘れてしまっていたという。試合終了後、父からは励ましの喝が。しかし幼いときの内村選手はただ体操が好きで練習をやめなかったという。親としても諦めてはいけないと思ったそうだ。


「スポーツクラブ内村」に関連するイベント情報

体操のオリンピック金メダリスト・内村航平選手の母、内村周子さんに密着。長崎県諫早市にある自宅を訪ねると、周子さんは急いで自宅1階の体育館へ。内村家は3階が自宅、1階が体育館になっており、ここでスポーツクラブ内村という体操教室を運営。元選手の夫・和久さんと周子さんが指導を行っており、本格的に選手をめざすコースだけでなく、体操を通して集中力や体力を養う幼児・児童向けコースもあり、1歳から社会人まで200人以上が通っている。人気のあまり幼児向けコースは数ヶ月入会待ちになることも。周子さんは子供の頃から体操に打ち込み、短大時代には九州大会で優勝した実力の持ち主。年齢はひみつ。今でも活躍しており、2014年、シニアの全国大会に出場。50歳以上ではトップの成績。そんな自宅体操教室を遊び場に内村選手は育っていった。周子さんは幼いときの内村選手について「ずっと最下位だった。特に秀でているということはなかった」と話した。内村選手が初めて大会に出場したときの映像では、父の方をチラチラ見る内村選手が。実はこの時、頭の中が真っ白で、次の演技を忘れてしまっていたという。試合終了後、父からは励ましの喝が。しかし幼いときの内村選手はただ体操が好きで練習をやめなかったという。親としても諦めてはいけないと思ったそうだ。

体操教室で周子さんは子どもたちに絵本を一瞬だけ見せて質問。何が描いてあったかを答えさせる。この絵本トレーニングは内村選手が子どもの頃、毎日やっていたものでもある。これは大舞台でも動じない集中力を養うことに繋がる。また、一流の体操選手になるには、技を完成させる時、自分がいまどこにいるのか、体の向きがどうなっているかを客観的に捉えられるようになることが重要。内村選手の小学生時代のノートには、これらのことを把握するイラストが描かれている。内村選手は絵本トレーニングでこのような能力も身につけ、難易度の高い大技を習得していった。ちなみに、周子さんが現在子どもたちに見せているのは、内村選手が子どもの頃実際に読んでいた絵本。

そして迎えたロンドン五輪。内村選手は自身初・日本人として28年ぶりの個人総合金メダル。北京五輪のときははしゃいでいた周子さんは、ロンドン五輪の際ははしゃぐどころか祈るように観戦席にいた。試合後、内村選手は母に「母に本当にありがとうという気持ちでガッツポーズしました」と話した。試合終了後内村選手は母の元へ行き、表彰式で受け取った花束を周子さんに投げかけた。この花束が周子さんにとっての金メダル。2016年リオ五輪では個人総合2連覇を成し遂げると、悲願の団体金メダルも獲得。さらに今年4月には、全日本選手権個人総合で10連覇達成。

一方、次なる天才選手の育成に向けて、周子さんも情熱を傾けている。周子さんは、「子どもを育てるのが好き?」という質問に、「この人がいるおかげで自分が強くなるのかと思えばすべて楽しい」と話した。天才・内村航平選手の母は、超ポジティブな人物だった。


スポーツクラブ内村

きょうは諫早市の旅。地元の人に諫早市でこれは1番だろうという質問に「内村航平選手の出身地」と答えた。スポーツクラブ内村に向かい体操の練習を見学させてもらった。セレイナは逆上がりができたことがないということで指導してもらった。補助台を使って初めて成功した。


「スポーツクラブ内村」に関連するイベント情報

きょうは諫早市の旅。地元の人に諫早市でこれは1番だろうという質問に「内村航平選手の出身地」と答えた。スポーツクラブ内村に向かい体操の練習を見学させてもらった。セレイナは逆上がりができたことがないということで指導してもらった。補助台を使って初めて成功した。


「スポーツクラブ内村」に関連するイベント情報

世界体操競技選手権大会

内村周子さんのプロフィールを紹介。1962年生まれで、誕生日は非公開。9歳でバレエ、14歳で体操を始め、長崎県立女子短大時代、九州学生体操競技選手権大会で優勝を果たした。1987年に結婚し、89年に航平さん、91年に春日さんが誕生。92年にスポーツクラブ内村を開設。ここではバレエの経験を生かしてバレエ教室も行っている。趣味はランニング、特技はものまね。全日本マスターズ体操競技選手権にはおととしから出場していて、2014年は金メダル、2015年は銅メダル、そしてことし金メダルを獲得した。また、リオ五輪体操男子団体金メダリストの加藤凌平選手の父・裕之さんもユニバーシアード男子団体銀メダル、世界体操競技選手権大会男子団体で4位という輝かしい実績を持っている。平行棒で「カトウヒロユキ」という技も持っており、その映像を紹介した。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。