ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スルガ銀行横浜東口支店」の検索結果

「スルガ銀行横浜東口支店」に関連する情報 13件中 1〜10件目

スルガ銀行横浜東口支店

スマートデイズが展開するシェアハウス「かぼちゃの馬車」をサブリースで購入したオーナー。オーナーに対しては契約時に約束した賃料が支払われる仕組み。Bさんは1億円を銀行から借り入れ、投資したがスマートデイズの破綻で賃料分の月65万円は支払れていない。仲介会社を通してスルガ銀行横浜東口支店から融資を受けることになった。「融資も審査も速く通り、実行までが早いとスルガ銀行しかないという前提で話が進んだ」と語ったオーナーのBさん。実際に審査は通ったものの、預金残高が改ざんされていたという。実際は48万円だったが、1500万円に水増しされており、書き換えたことを仲介会社に問い合わせするとブローカーに委託して残高改ざんを認めた。仲介会社は「自己資金を持っているひとがいないのはスルガ銀行担当者も分かっている」とも話した。スルガ銀行は会見で米山明広社長が謝罪。数十人の行員が顧客の預金残高が不正に水増しされているのを知りながら融資をした可能性があると説明。改ざんの指示については第三者委員会を設置して調査する方針。今回の改ざんがスルガ銀行の組織的な関与があったが焦点になっており、銀行のモラルが問われることになる。


スルガ銀行

スマートデイズが展開するシェアハウス「かぼちゃの馬車」をサブリースで購入したオーナー。オーナーに対しては契約時に約束した賃料が支払われる仕組み。Bさんは1億円を銀行から借り入れ、投資したがスマートデイズの破綻で賃料分の月65万円は支払れていない。仲介会社を通してスルガ銀行横浜東口支店から融資を受けることになった。「融資も審査も速く通り、実行までが早いとスルガ銀行しかないという前提で話が進んだ」と語ったオーナーのBさん。実際に審査は通ったものの、預金残高が改ざんされていたという。実際は48万円だったが、1500万円に水増しされており、書き換えたことを仲介会社に問い合わせするとブローカーに委託して残高改ざんを認めた。仲介会社は「自己資金を持っているひとがいないのはスルガ銀行担当者も分かっている」とも話した。スルガ銀行は会見で米山明広社長が謝罪。数十人の行員が顧客の預金残高が不正に水増しされているのを知りながら融資をした可能性があると説明。改ざんの指示については第三者委員会を設置して調査する方針。今回の改ざんがスルガ銀行の組織的な関与があったが焦点になっており、銀行のモラルが問われることになる。


スマートデイズ

スマートデイズが展開するシェアハウス「かぼちゃの馬車」をサブリースで購入したオーナー。オーナーに対しては契約時に約束した賃料が支払われる仕組み。Bさんは1億円を銀行から借り入れ、投資したがスマートデイズの破綻で賃料分の月65万円は支払れていない。仲介会社を通してスルガ銀行横浜東口支店から融資を受けることになった。「融資も審査も速く通り、実行までが早いとスルガ銀行しかないという前提で話が進んだ」と語ったオーナーのBさん。実際に審査は通ったものの、預金残高が改ざんされていたという。実際は48万円だったが、1500万円に水増しされており、書き換えたことを仲介会社に問い合わせするとブローカーに委託して残高改ざんを認めた。仲介会社は「自己資金を持っているひとがいないのはスルガ銀行担当者も分かっている」とも話した。スルガ銀行は会見で米山明広社長が謝罪。数十人の行員が顧客の預金残高が不正に水増しされているのを知りながら融資をした可能性があると説明。改ざんの指示については第三者委員会を設置して調査する方針。今回の改ざんがスルガ銀行の組織的な関与があったが焦点になっており、銀行のモラルが問われることになる。


かぼちゃの馬車

スマートデイズが展開するシェアハウス「かぼちゃの馬車」をサブリースで購入したオーナー。オーナーに対しては契約時に約束した賃料が支払われる仕組み。Bさんは1億円を銀行から借り入れ、投資したがスマートデイズの破綻で賃料分の月65万円は支払れていない。仲介会社を通してスルガ銀行横浜東口支店から融資を受けることになった。「融資も審査も速く通り、実行までが早いとスルガ銀行しかないという前提で話が進んだ」と語ったオーナーのBさん。実際に審査は通ったものの、預金残高が改ざんされていたという。実際は48万円だったが、1500万円に水増しされており、書き換えたことを仲介会社に問い合わせするとブローカーに委託して残高改ざんを認めた。仲介会社は「自己資金を持っているひとがいないのはスルガ銀行担当者も分かっている」とも話した。スルガ銀行は会見で米山明広社長が謝罪。数十人の行員が顧客の預金残高が不正に水増しされているのを知りながら融資をした可能性があると説明。改ざんの指示については第三者委員会を設置して調査する方針。今回の改ざんがスルガ銀行の組織的な関与があったが焦点になっており、銀行のモラルが問われることになる。


スルガ銀行横浜東口支店

「かぼちゃの馬車」をめぐる投資トラブルで残高改ざんの実態も明らかになった。Bさんが所有するシェアハウスも入居者はなく。月65万円入る予定だった賃料も支払われていない。Bさんの預金残高が知らないうちに改ざんされており48万円の残高が1500万円に水増しされていた。仲介業者はブローカーに委託し残高改ざんしたことを認めた。スルガ銀行が預金残高改ざんを知っていたのか回答を求めると「把握していない」としつつ調査を行っていると回答した。Bさんは自己破産も検討していると話す。金融庁は問題が判明すれば業務改善命令などの行政処分に踏み切る方針。


スルガ銀行横浜東口支店

女性用シェアハウスへの投資をめぐるトラブルで、物件所有者の大半に購入資金を貸し出していたスルガ銀行に対し、金融庁は今日までに緊急の立入検査を実施した。スルガ銀行の組織的な不正行為が判明した場合、金融庁は厳しい行政処分を検討する。


スルガ銀行横浜東口支店

シェアハウスのオーナーのもとに届いた投資セミナーの案内では、会場がスルガ銀行横浜東口支店とあり、元銀行員は銀行も安心感を与える説明をした上で、投資家に物件の購入並びに融資を募っていて、セミナーの募集では銀行の担当者が「その場で相談を受けます」というようなことをうたっていて、銀行員が参加していた事も推測されると話していた。さらに先月15日には、オーナー35人がスルガ銀行を訪問したものの回答には応じなかったという。預金残高の改ざんにスルガ銀行は気づかなかったのか確認すると、「融資実行後に一部そのような例が判明したことは承知しております」として、それが「遵守されていなかった旨の指摘もあり調査中です」という回答があった。またセミナーについても認めながらも、お客様への融資の手続きのご案内であって、不動産販売会社との関係を示すものではありませんと答えた。先月にはオーナー13人がスマートデイズに対して提訴をしていて、スマートデイズは回答を控えたが、弁護士は詐欺性があるとして詐欺罪での告訴を行う方針。


スルガ銀行

30年間家賃保証という広告を信じて不動産オーナーになったものの、収入がない状態となっているオーナーが約700人多くいる。彼らは自己破産などの極めて重い言葉を口にしていたが、弁護士はかぼちゃの馬車という名前の女性専用シェアハウスの運営を行っていたスマートデイズを訴えた。この会社は去年の春にタレントを起用したCMで話題となっていた。ここでは銀行から融資を受けてシェアハウスを購入したオーナーに対して、スマートデイズが借り上げて管理し、家賃を保証して借金を返済するというシステムだった。しかし、家賃が支払われることはなかった。ここのオーナーになるには1億円以上の資金が必要であり、スルガ銀行から資金を借り入れていた。オーナー側は銀行側も評価していたと話していたものの、オーナーと銀行側にもトラブルが起きていた。

かぼちゃの馬車は家具や家電を完備していて、ヨーロッパ風の玄関にシューズボックスやドアロックもあった。運営するのはスマートデイズという不動産会社で創業から6年で845棟・1万部屋を確保していたが、オーナーに話を聞いてみると、契約書を見せてくれた。そこには30年間家賃保証で月々82万円という文字があったが、これに対してスルガ銀行への返済額は65万円となっていて、15万円がオーナーにわたる予定となっていたものの、去年10月にスマートデイズが突然賃料を減らすと宣言し、今年1月からは支払いの停止を通告した。今年1月には説明会が行われていたものの、会場には怒りの声が溢れていて、長い人でもお金が支払われたのはおよそ1年だった。今年2月にインタビューを行うと、社長は入居率は33%ほどで赤字が約5億円となっていたと話していて、賃料を払うためにこれからオーナーになった人に販売代金を当てる自転車操業になっていたと話していて、支払いは難しいと話していた。

オーナーたちの殆どはスルガ銀行から借り入れを行っていたが、財務金融委で宮本徹議員は通帳のコピーが改ざんされていて、億単位の融資をするために審査基準の預金などが改ざんされていると指摘していた。これについて話を聞くと、複数のオーナーがスマートデイズとは別の販売会社がオーナーから預かった預金通帳をコピーして、金額を改ざんした疑いが浮上している。有るオーナーは問題が発覚してから通帳が改ざんされているのを聞いて、自分の資料を取り寄せて気づいたと話していて、通帳原本のコピーにもそれが記載されていて、スルガ銀行ではデータでやり取りが出来ると販売会社には聞いていたと話していた。これについて問い合わせるとこの会社は担当者が不在と答え、その後は電話に出なくなっていた。さらに、提出した源泉徴収票が改ざんされていた人もいた。このオーナーが販売会社に連絡すると、預金残高の改ざんはスルガ銀行との間で暗黙の了解だったと話していて、スルガ銀行の銀行員も販売会社の改ざんの事例は見聞きされていると回答していた。

シェアハウスのオーナーのもとに届いた投資セミナーの案内では、会場がスルガ銀行横浜東口支店とあり、元銀行員は銀行も安心感を与える説明をした上で、投資家に物件の購入並びに融資を募っていて、セミナーの募集では銀行の担当者が「その場で相談を受けます」というようなことをうたっていて、銀行員が参加していた事も推測されると話していた。さらに先月15日には、オーナー35人がスルガ銀行を訪問したものの回答には応じなかったという。預金残高の改ざんにスルガ銀行は気づかなかったのか確認すると、「融資実行後に一部そのような例が判明したことは承知しております」として、それが「遵守されていなかった旨の指摘もあり調査中です」という回答があった。またセミナーについても認めながらも、お客様への融資の手続きのご案内であって、不動産販売会社との関係を示すものではありませんと答えた。先月にはオーナー13人がスマートデイズに対して提訴をしていて、スマートデイズは回答を控えたが、弁護士は詐欺性があるとして詐欺罪での告訴を行う方針。

今回の問題は家賃収入で利益を得る予定がうまく行かなくなったのが問題となっていて、シェアハウスをオーナーが購入すると、スマートデイズが入居者の募集や管理を行う形となっていて、保証された家賃が払われるはずだった。さらに、スルガ銀行に借金を返済シなければならないのだが、シェアハウスは空室ばかりとなっていたためにオーナーにお金を支払うことは出来なくなってしまった。三輪弁護士は賃料未払いについて、契約違反では有るが犯罪ではないと話していて、逮捕は難しいと話していた。また、問題となっているのは販売会社で、ここが審査を行っていたものの審査を行わずに書類を改ざんして提出した可能性がある。実際に通帳や源泉徴収票の改ざんの資料をオーナーが見せていた。三輪弁護士はこれは私文書偽造などが当たると見ていた。実際にスルガ銀行は原本確認を行った可能性があると話していた。また不動産を行う際のポイントについては、契約書を専門家にチェックしてもらうことと、リスクの確認を行うことだと述べていた。


スマートデイズ

30年間家賃保証という広告を信じて不動産オーナーになったものの、収入がない状態となっているオーナーが約700人多くいる。彼らは自己破産などの極めて重い言葉を口にしていたが、弁護士はかぼちゃの馬車という名前の女性専用シェアハウスの運営を行っていたスマートデイズを訴えた。この会社は去年の春にタレントを起用したCMで話題となっていた。ここでは銀行から融資を受けてシェアハウスを購入したオーナーに対して、スマートデイズが借り上げて管理し、家賃を保証して借金を返済するというシステムだった。しかし、家賃が支払われることはなかった。ここのオーナーになるには1億円以上の資金が必要であり、スルガ銀行から資金を借り入れていた。オーナー側は銀行側も評価していたと話していたものの、オーナーと銀行側にもトラブルが起きていた。

かぼちゃの馬車は家具や家電を完備していて、ヨーロッパ風の玄関にシューズボックスやドアロックもあった。運営するのはスマートデイズという不動産会社で創業から6年で845棟・1万部屋を確保していたが、オーナーに話を聞いてみると、契約書を見せてくれた。そこには30年間家賃保証で月々82万円という文字があったが、これに対してスルガ銀行への返済額は65万円となっていて、15万円がオーナーにわたる予定となっていたものの、去年10月にスマートデイズが突然賃料を減らすと宣言し、今年1月からは支払いの停止を通告した。今年1月には説明会が行われていたものの、会場には怒りの声が溢れていて、長い人でもお金が支払われたのはおよそ1年だった。今年2月にインタビューを行うと、社長は入居率は33%ほどで赤字が約5億円となっていたと話していて、賃料を払うためにこれからオーナーになった人に販売代金を当てる自転車操業になっていたと話していて、支払いは難しいと話していた。

オーナーたちの殆どはスルガ銀行から借り入れを行っていたが、財務金融委で宮本徹議員は通帳のコピーが改ざんされていて、億単位の融資をするために審査基準の預金などが改ざんされていると指摘していた。これについて話を聞くと、複数のオーナーがスマートデイズとは別の販売会社がオーナーから預かった預金通帳をコピーして、金額を改ざんした疑いが浮上している。有るオーナーは問題が発覚してから通帳が改ざんされているのを聞いて、自分の資料を取り寄せて気づいたと話していて、通帳原本のコピーにもそれが記載されていて、スルガ銀行ではデータでやり取りが出来ると販売会社には聞いていたと話していた。これについて問い合わせるとこの会社は担当者が不在と答え、その後は電話に出なくなっていた。さらに、提出した源泉徴収票が改ざんされていた人もいた。このオーナーが販売会社に連絡すると、預金残高の改ざんはスルガ銀行との間で暗黙の了解だったと話していて、スルガ銀行の銀行員も販売会社の改ざんの事例は見聞きされていると回答していた。

シェアハウスのオーナーのもとに届いた投資セミナーの案内では、会場がスルガ銀行横浜東口支店とあり、元銀行員は銀行も安心感を与える説明をした上で、投資家に物件の購入並びに融資を募っていて、セミナーの募集では銀行の担当者が「その場で相談を受けます」というようなことをうたっていて、銀行員が参加していた事も推測されると話していた。さらに先月15日には、オーナー35人がスルガ銀行を訪問したものの回答には応じなかったという。預金残高の改ざんにスルガ銀行は気づかなかったのか確認すると、「融資実行後に一部そのような例が判明したことは承知しております」として、それが「遵守されていなかった旨の指摘もあり調査中です」という回答があった。またセミナーについても認めながらも、お客様への融資の手続きのご案内であって、不動産販売会社との関係を示すものではありませんと答えた。先月にはオーナー13人がスマートデイズに対して提訴をしていて、スマートデイズは回答を控えたが、弁護士は詐欺性があるとして詐欺罪での告訴を行う方針。

今回の問題は家賃収入で利益を得る予定がうまく行かなくなったのが問題となっていて、シェアハウスをオーナーが購入すると、スマートデイズが入居者の募集や管理を行う形となっていて、保証された家賃が払われるはずだった。さらに、スルガ銀行に借金を返済シなければならないのだが、シェアハウスは空室ばかりとなっていたためにオーナーにお金を支払うことは出来なくなってしまった。三輪弁護士は賃料未払いについて、契約違反では有るが犯罪ではないと話していて、逮捕は難しいと話していた。また、問題となっているのは販売会社で、ここが審査を行っていたものの審査を行わずに書類を改ざんして提出した可能性がある。実際に通帳や源泉徴収票の改ざんの資料をオーナーが見せていた。三輪弁護士はこれは私文書偽造などが当たると見ていた。実際にスルガ銀行は原本確認を行った可能性があると話していた。また不動産を行う際のポイントについては、契約書を専門家にチェックしてもらうことと、リスクの確認を行うことだと述べていた。


スルガ銀行横浜東口支店

シェアハウスへの投資をめぐり、約束の賃料がもらえなかったため毎月の借金返済が難しくなったとし、物件所有者が融資を受けたスルガ銀行に返済一時停止を通知。所有者の76人が一時停止を求め、いずれもスルガ銀行横浜東口支店からの融資だった。所有者を支援するNPOは銀行側は「当面は物件の差し押さえはしない」などと返答したという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (13)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (13)