ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スーパーみらべる 東十条店」の検索結果

「スーパーみらべる 東十条店」に関連する情報 6件中 1〜6件目

スーパーみらべる 東十条店

野菜の高騰により都内のスーパーでは野菜の売り上げが思わしくないため野菜を半分にして販売し少しでもお客さんが価格に抵抗感の内容に販売するなどの工夫をしている。また1歳の子どもを持つ坂入さんは安い野菜をまとめ買いし小分けにして冷凍するなどの工夫を行っている。


スーパーみらべる 東十条店

米・アトランタで開かれているTPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合は、品目や関税のルールなどの話し合いが続いているが、各国の利害が絡み、交渉は難航。今回が交渉のラストチャンスと言われる中、運命の交渉が続いている。日本はバターなどの乳製品を低関税で輸入する枠を新しく設ける方向で交渉しているが、ニュージーランドは「乳製品の低い関税での輸入を大幅に増やしてほしい」と主張している。飼料の輸入価格の上昇により、淡路島酪農農協の酪農家の数は2007年度の292軒に比べ、127軒まで減少している。みずほ総研の菅原淳一氏は交渉が決裂した場合について、「安倍政権の成長戦略の重要な柱が1つうまくいかなくなるということになるので、期待を失わせるということにつながる。(原料となる)輸入農産品の価格が下がらないということであれば、(製造業などが)工場自体を海外へ移してしまって海外で生産することを検討しなければならないこともあり、空洞化がより進むことも影響として考えられなくはない」とコメントした。


スーパーみらべる 東十条店

国産のバターが足りなくなっている中で、海外からの輸入バターが注目されている。農林水産省が、バター不足は解消されると発表した。ニュージーランドから輸入されるバターは、高い輸入関税がかかっているため、国産と値段があまり変わらない。TPP閣僚会合で、ニュージーランドは乳製品の関税を引き下げるように要求しているが、日本やアメリカなどは拒否している。


スーパーみらべる 東十条店

国産のバターが足りなくなっている中で、海外からの輸入バターが注目されている。都内の居酒屋の「炉ばた」では「じゃがバター」が人気だがここ2年ほどバター不足に悩まされていると伝えた。スーパーの売場でも、ほとんど商品が置いてないと伝えた。洋菓子の店では輸入バターを利用している。バターを安く仕入れられるかはTPP閣僚会合にかかっている。ただバターの輸入でニュージーランドとの交渉は難航している。


スーパーみらべる 東十条店

国産のバターが足りなくなっている中で、海外からの輸入バターが注目されていると伝えた。都内の居酒屋の「炉ばた」では「じゃがバター」が人気だがここ2年ほどバター不足に悩まされていると伝えた。スーパーの売場でも、ほとんど商品が置いてないと伝えた。洋菓子の店では輸入バターを利用している様子が伝えられた。バターを安く仕入れられるかはTPP閣僚会合にかかっていると伝えた。ただバターの輸入でニュージーランドとの交渉は難航していると伝えた。


スーパーみらべる 東十条店

不安定な天気が続くなか、天候不順により野菜の値段が高くなっている。きゅうりなどの夏野菜の仕入れが2〜3倍高くなっている。農畜産業振興機構の発表によると、今後も平年を上回る価格の見込みだという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (6)