ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ソウルオリンピック」の検索結果

「ソウルオリンピック」に関連する情報 1117件中 1〜10件目

「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

エボラウイルスが武蔵村山に持ち込まれる理由は、東京オリンピック・パラリンピックで多数の外国人が訪れる際に、エボラウイルスの国内持ち込み対策として検査体制を強化するためだという。オリンピックでは過去にミュンヘンオリンピック事件などのテロが起こっており、政府はバイオテロを警戒し感染が疑われる技術開発を日本で行う必要があるとしている。これに関し、武蔵村山にある国立感染症研究所村山庁舎は国内で唯一危険なウイルスを扱えるバイオセーフティレベル4の施設なのだという。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

小倉純二に話を聞く。「サッカーとのかかわり」という話題では、サッカーの番組を観た記憶はあまりないなどと話した。Jリーグ発足については、日本が負け続けていたのでなんとかしようと思い発足したなどと話した。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

UDS代表の梶原さんは高校卒業後、東北大学工学部建築学科に進み、所属したボート部で活躍した。大学卒業後は大手不動産会社を経て26歳でデザイン事務所を設立、最初に手がけたホテルは目黒の「CLASKA」で「古くなったものをどう大事に使うか」がテーマで環境配慮を打ち立てたという。「CLASKA」で高い評価を受けると次々とオファーが舞い込んだ。良品計画の金井会長が掲げたコンセプトは「アンチゴージャス・アンチチープ」で試行錯誤を繰り返した。フロントの壁には都電の敷石を利用、レストランの壁には舟の廃材を利用し古い良さを表現している。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

東京2020組織委員会などは来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、「機動戦士ガンダム」とのコラボを発表した。宇宙を使い東京大会を応援する企画。JAXAが協力し、特別仕様のガンダムとシャア専用ザクのプラモデルを搭載した超小型衛生を来年の春頃、国際宇宙ステーションから宇宙空間に放出する予定。大会期間中、2体の模型と応援メッセージの映像を地球に発信する。川合俊一は「オリンピックは意外と競技以外の部分で覚えている。良い取り組み。」などとコメント。室伏広治は「ガンダムにも応援していただけるので楽しみにしている」などとコメント。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

昨日肺炎のため亡くなった小出義雄さん。有森裕子は小出さんとの思い出を涙ながらに語った。高橋尚子など多くの名選手を育てた小出さん。今日は小出義雄さんの指導力に迫る。教員時代、市立船橋高校を全国高校駅伝で初優勝に導いた。当時の部員は指導力について、いいところを伸ばすような指導をしていただいたと語る。1988年にリクルートの監督に就任。当時中距離選手だった有森裕子をマラソン選手として鍛え上げると92年のバルセロナ五輪では銀、アトランタ五輪では銅と2大会連続でメダルを獲得。有森裕子は昨日、私自身は監督と出会えてラッキーだったと語った。その後、当時無名だった高橋尚子をマラソン選手として指導。シドニー五輪では日本の女子陸上では初の快挙となる金メダルを達成。2人3脚で成し遂げた偉業であることを世間に印象づけた。また、松野明美は世界一きつい練習をするのは小出監督だろうなどと語った。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

1988年から出題。ソウルオリンピック、棒高跳びで金メダルを獲得した選手の名前を答える。正解は「セルゲイ・ブブカ」。東大王チーム 1180-670 芸能人。東大王チームが勝利した。


「ソウルオリンピック」に関連する音楽・CD

ガラスの十代

1988年から出題。ソウルオリンピック、棒高跳びで金メダルを獲得した選手の名前を答える。正解は「セルゲイ・ブブカ」。東大王チーム 1180-670 芸能人。東大王チームが勝利した。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

1988年におもちゃで大ヒットしたのが「フラワーロック」、声をだしたり手を叩いたり音を出すと踊ってくれる花形のおもちゃ。そんなフラワーロックは今では目にすることが少ないが、ある製品の大ヒットに繋がっている。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

新元号についてのトーク。新元号予想は皇室のカジュアル化が進んでいることを示す象徴的な現象などと述べられた。「今回生前退位だからこそということですよね」「まさにそうですよね。特に渋谷で女子高生に聞きましたってのおやりになるそうですけど、そんなの生前退位じゃなきゃ絶対できないですね」などと語られた。昭和の時には予想どころか次の元号に触れることがタブーだったという。新元号の予想について考えたポイントが説明され、過去に使われた文字と使われていなかった文字の組み合わせが続いているため傾向は続くのではないかなどと語られた。予想の1つ目は「感永」で平成は戦争がなかったためその間隔が続くようにという意味だという。感は一度使われているが、四文字の元号の時でイレギュラーだなどと語られた。2つ目はCMの後に発表となる。


「ソウルオリンピック」に関連するイベント情報

ソウルオリンピック

オリンピックおじさんと親しまれた92歳の男性が亡くなった。心不全だった。男性がオリンピックを初めて観戦したのは1964年の東京五輪。14もの大会を現地で応援した。都内で会社を経営しながら応援し続けた。福原愛さんもツイッターで「とても悲しい」などコメントした。レスリングの吉田沙保里さんも「とても残念です」などとコメントしている。トレードマークは金色の帽子だった。10万円もしたという。