ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「タミフル」の検索結果

「タミフル」に関連する情報 703件中 1〜10件目

AbemaTV 心に刺さった瞬間BEST3

AbemaTV 心に刺さった瞬間BEST3。第1位は「おはようロバート」。池谷麻依アナのオススメは雰囲気タミフル。


AbemaTV

AbemaTV 心に刺さった瞬間BEST3。第1位は「おはようロバート」。池谷麻依アナのオススメは雰囲気タミフル。


おはようロバート

AbemaTV 心に刺さった瞬間BEST3。第1位は「おはようロバート」。池谷麻依アナのオススメは雰囲気タミフル。


タミフル

東京都世田谷区にある老人ホームでは8年前に10人を超えるインフルエンザの集団感染に見舞われたという。その後はインフルエンザに感染した入所者が出ても集団感染に広がる事を食い止めてきた。訪問者に手の消毒やマスクの着用が徹底され加湿器もいたるところに置かれている。また口の中の乾燥を防ぐことも大切にして鼻呼吸を推奨している。また食後1日3回の歯磨きも積極的に行う。この施設ではインフルエンザを防ぐために抗インフルエンザ薬”タミフル”の予防投与を行っている。しかし実費で用意しなければならなく施設の負担は大きいという。またどうしてもインフルエンザのウイルスは入ってきてしまうが広がらないので今のやり方がいいんだろうと思うなどと話した。


特別養護老人ホーム上北沢ホーム

東京都世田谷区にある老人ホームでは8年前に10人を超えるインフルエンザの集団感染に見舞われたという。その後はインフルエンザに感染した入所者が出ても集団感染に広がる事を食い止めてきた。訪問者に手の消毒やマスクの着用が徹底され加湿器もいたるところに置かれている。また口の中の乾燥を防ぐことも大切にして鼻呼吸を推奨している。また食後1日3回の歯磨きも積極的に行う。この施設ではインフルエンザを防ぐために抗インフルエンザ薬”タミフル”の予防投与を行っている。しかし実費で用意しなければならなく施設の負担は大きいという。またどうしてもインフルエンザのウイルスは入ってきてしまうが広がらないので今のやり方がいいんだろうと思うなどと話した。


インフルエンザ

今季流行しているインフルエンザはA型が主流。A型は、38度以上の高熱が出て関節痛や筋肉痛を引き起こすのが特徴で、突然変異を起こすことも多いためワクチンで防ぐことは難しいという。

都内のクリニックでは、最近インフルエンザを発症していない人が抗インフルエンザ薬を求めるケースが増加。しかし、予防投与についてはそれぞれの医療機関や施設が独自の判断や基準で行っているのが現状。このクリニックを訪れた男性は、妻がインフルエンザを発症し息子が中学受験を控えていることなどから、同意書を書いた上で薬を処方されていた。予防投与で処方される薬は保険適用外となっているが、それでも毎日数人がこのクリニックを訪れているという。このように、希望者に予防投与を行う病院も増加している一方で、このクリニックの院長は「費用の面に加え、耐性のウイルスを作ってしまうと本来薬を飲むべき方に薬が効かなくなる」などと指摘し、安易な予防投与に警鐘を鳴らしている。

インフルエンザの新薬として今注目されているのが去年3月に販売されたゾフルーザ。医療機関への供給量の6割近くを占めている。ゾフルーザはインフルエンザウイルスの特定の酵素に働きかけ増殖を妨げることでインフルエンザを治療する薬。しかしゾフルーザを服用した患者の中でウイルスの酵素が形を変え薬が効かなくなるケースが出ている。先週服用した小学生2人から耐性ウイルスが検出。その解析に当たったのが横浜市衛生研究所。ゾフルーザを服用すると耐性が出やすくA型だと成人で約10人に1人など。また耐性ウイルスが人から人へ感染するかは未確認だという。またゾフルーザの導入を見送る病院もあり耐性ができるのを防ぐためにも他の薬との服用が望ましいという。また新型のインフルエンザが出てきた時に非常に有効的な薬で高い価値があるという。

東京都世田谷区にある老人ホームでは8年前に10人を超えるインフルエンザの集団感染に見舞われたという。その後はインフルエンザに感染した入所者が出ても集団感染に広がる事を食い止めてきた。訪問者に手の消毒やマスクの着用が徹底され加湿器もいたるところに置かれている。また口の中の乾燥を防ぐことも大切にして鼻呼吸を推奨している。また食後1日3回の歯磨きも積極的に行う。この施設ではインフルエンザを防ぐために抗インフルエンザ薬”タミフル”の予防投与を行っている。しかし実費で用意しなければならなく施設の負担は大きいという。またどうしてもインフルエンザのウイルスは入ってきてしまうが広がらないので今のやり方がいいんだろうと思うなどと話した。


インフルエンザ

インフルエンザの新薬”ゾフルーザ”は12歳以上の場合、原則1回の服用で効果があるとされ利便性から注目を集めている。一方、国立感染症研究所の研究調査でゾフルーザを服用した患者から薬が効きにくく変化した耐性ウイルスが初めて検出された。既存の薬”タミフル”に比べて耐性変異ウイルスが検出される割合が比較的高いという。国立感染症研究所は今後この耐性ウイルスを分析し、速やかに情報提供していくとしている。


インフルエンザ

インフルエンザの新薬として適用されている「ゾフルーザ」を服用した患者から、耐性をもつウイルスが初めて検出された。ゾフルーザは既存の薬「タミフル」に比べ耐性変異ウイルスが検出される割合が比較的高く、国立感染症研究所は今後、耐性ウイルスを分析するとしている。


タミフル

インフルエンザの新薬として適用されている「ゾフルーザ」を服用した患者から、耐性をもつウイルスが初めて検出された。ゾフルーザは既存の薬「タミフル」に比べ耐性変異ウイルスが検出される割合が比較的高く、国立感染症研究所は今後、耐性ウイルスを分析するとしている。


ゾフルーザ

インフルエンザの新薬として適用されている「ゾフルーザ」を服用した患者から、耐性をもつウイルスが初めて検出された。ゾフルーザは既存の薬「タミフル」に比べ耐性変異ウイルスが検出される割合が比較的高く、国立感染症研究所は今後、耐性ウイルスを分析するとしている。