ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ダンベル」の検索結果

「ダンベル」に関連する情報 771件中 1〜10件目

炭火焼肉「ぶち」

出会いから20年以上で高木豊と谷繁元信の関係について、谷繁元信は高木豊の豪邸に憧れていたとコメント。塙は谷繁元信の豪邸を取材し公開。駐車場、リモコンで開くと解説。中にはトレーニングルームを紹介。高木豊のところのトレーニングルームはダンベル2個しかなかったと語る。さらにミュージアムを紹介。ゴールデン・グラブ賞は6個獲得したことを明かすと高木豊は1個しか獲得していないと語る。井上尚弥はいつかの夢と思っていると語る。千原ジュニアはWBSSを優勝すると大金が手に入ると解説。高木豊はSecondというバーを作っていると解説。大橋秀行は焼き肉「ぶち」を開いていると紹介。そこでは八重樫東が店員をし、選手のアルバイトや引退後の道としてと語る。


Second 西麻布

出会いから20年以上で高木豊と谷繁元信の関係について、谷繁元信は高木豊の豪邸に憧れていたとコメント。塙は谷繁元信の豪邸を取材し公開。駐車場、リモコンで開くと解説。中にはトレーニングルームを紹介。高木豊のところのトレーニングルームはダンベル2個しかなかったと語る。さらにミュージアムを紹介。ゴールデン・グラブ賞は6個獲得したことを明かすと高木豊は1個しか獲得していないと語る。井上尚弥はいつかの夢と思っていると語る。千原ジュニアはWBSSを優勝すると大金が手に入ると解説。高木豊はSecondというバーを作っていると解説。大橋秀行は焼き肉「ぶち」を開いていると紹介。そこでは八重樫東が店員をし、選手のアルバイトや引退後の道としてと語る。


「ダンベル」に関連するイベント情報

WBSS

出会いから20年以上で高木豊と谷繁元信の関係について、谷繁元信は高木豊の豪邸に憧れていたとコメント。塙は谷繁元信の豪邸を取材し公開。駐車場、リモコンで開くと解説。中にはトレーニングルームを紹介。高木豊のところのトレーニングルームはダンベル2個しかなかったと語る。さらにミュージアムを紹介。ゴールデン・グラブ賞は6個獲得したことを明かすと高木豊は1個しか獲得していないと語る。井上尚弥はいつかの夢と思っていると語る。千原ジュニアはWBSSを優勝すると大金が手に入ると解説。高木豊はSecondというバーを作っていると解説。大橋秀行は焼き肉「ぶち」を開いていると紹介。そこでは八重樫東が店員をし、選手のアルバイトや引退後の道としてと語る。


「ダンベル」に関連するイベント情報

W杯 メルボルン大会

種目別の鉄棒でオリンピックを目指す宮地秀享選手。ダンベルを持ってウォーミングアップ。その様子を見た陣内さんは「ウォーミングアップから意識しながらやっている。」とコメント。注目したのはトレーニング中も伸びるつま先。美しい姿は普段の中から身についたものだとコメントした。3歳で鉄棒を始めた宮地選手。鉄棒の離れ技を練習したのは中学生の時。鉄棒はそれほど得意でなかったという。その宮地選手が素晴らしい成績を出したのは2年前の全日本種目別選手権。最高難度の「I」難度の技を世界で初めて成功させた。自身の名前がついた「ミヤチ」という技を説明してくれた。宙返りをしながら1回ひねり再び宙返りををしながら1回ひねるという技で伸身で2回宙返りをしながら2回ひねる技である。ミヤチ習得の鍵が研究である。宮地選手は大学の論文で「ミヤチ」について研究し、技の成功率をあげた。そして去年の全日本種目別選手権。再び「ミヤチ」を決め金メダルを獲得。今年2月のW杯では優勝した。


「ダンベル」に関連するイベント情報

全日本種目別選手権

種目別の鉄棒でオリンピックを目指す宮地秀享選手。ダンベルを持ってウォーミングアップ。その様子を見た陣内さんは「ウォーミングアップから意識しながらやっている。」とコメント。注目したのはトレーニング中も伸びるつま先。美しい姿は普段の中から身についたものだとコメントした。3歳で鉄棒を始めた宮地選手。鉄棒の離れ技を練習したのは中学生の時。鉄棒はそれほど得意でなかったという。その宮地選手が素晴らしい成績を出したのは2年前の全日本種目別選手権。最高難度の「I」難度の技を世界で初めて成功させた。自身の名前がついた「ミヤチ」という技を説明してくれた。宙返りをしながら1回ひねり再び宙返りををしながら1回ひねるという技で伸身で2回宙返りをしながら2回ひねる技である。ミヤチ習得の鍵が研究である。宮地選手は大学の論文で「ミヤチ」について研究し、技の成功率をあげた。そして去年の全日本種目別選手権。再び「ミヤチ」を決め金メダルを獲得。今年2月のW杯では優勝した。


「ダンベル」に関連するイベント情報

東京五輪

種目別の鉄棒でオリンピックを目指す宮地秀享選手。ダンベルを持ってウォーミングアップ。その様子を見た陣内さんは「ウォーミングアップから意識しながらやっている。」とコメント。注目したのはトレーニング中も伸びるつま先。美しい姿は普段の中から身についたものだとコメントした。3歳で鉄棒を始めた宮地選手。鉄棒の離れ技を練習したのは中学生の時。鉄棒はそれほど得意でなかったという。その宮地選手が素晴らしい成績を出したのは2年前の全日本種目別選手権。最高難度の「I」難度の技を世界で初めて成功させた。自身の名前がついた「ミヤチ」という技を説明してくれた。宙返りをしながら1回ひねり再び宙返りををしながら1回ひねるという技で伸身で2回宙返りをしながら2回ひねる技である。ミヤチ習得の鍵が研究である。宮地選手は大学の論文で「ミヤチ」について研究し、技の成功率をあげた。そして去年の全日本種目別選手権。再び「ミヤチ」を決め金メダルを獲得。今年2月のW杯では優勝した。

目標のオリンピックへ。練習以外のときも体操のためになることを考えている。疲れを癒やす以外にも体重を減らすという目的もあるという。宮地選手が目指すのは東京オリンピックの種目別の出場枠。日本からの出場は最大1人だけである。先月の練習ではミヤチより難度が1つ下の技「ブレットシュナイダー」を練習。調子が上がらず何度も失敗していた。自分の映像を見て失敗の原因を探っていた。

辛い時、支えになるのが大学院時代の同級生たち。不調に苦しんでいた先月、宮地秀享選手は数ヶ月ぶりに同級生たちと食事会に集まっていた。スマートフォンで参加した友人も。友人と集まる時だけ食事の量を気にしないという。飲み物は水とお茶でお酒は飲まないという。宮地選手について同級生は「夢を見させてくれる。俺も夢を追って良いんだと思わせてくれる。」と話す。この日友人たちは東京オリンピックのチケットを予約した。

そして今月、再び宮地選手を訪ねた。H難度の技「ブレットシュナイダー」を成功。次々と離れ技を決めていく。調子も上向きだったが「ミヤチ」の練習はこの日、しなかった。ケガのリスクが高いため練習では余りやらないという。それでも試合では高い成功率を誇っている。東京オリンピックの目標はもちろん金メダルである。

宮地選手の穏やかな話し方と違い、東京オリンピックに絶対に出るんだという強い意志を練習から感じた。仲間たちの応援を力に変えて最高のパフォーマンスをしてほしい。


筑波大学

種目別の鉄棒でオリンピックを目指す宮地秀享選手。ダンベルを持ってウォーミングアップ。その様子を見た陣内さんは「ウォーミングアップから意識しながらやっている。」とコメント。注目したのはトレーニング中も伸びるつま先。美しい姿は普段の中から身についたものだとコメントした。3歳で鉄棒を始めた宮地選手。鉄棒の離れ技を練習したのは中学生の時。鉄棒はそれほど得意でなかったという。その宮地選手が素晴らしい成績を出したのは2年前の全日本種目別選手権。最高難度の「I」難度の技を世界で初めて成功させた。自身の名前がついた「ミヤチ」という技を説明してくれた。宙返りをしながら1回ひねり再び宙返りををしながら1回ひねるという技で伸身で2回宙返りをしながら2回ひねる技である。ミヤチ習得の鍵が研究である。宮地選手は大学の論文で「ミヤチ」について研究し、技の成功率をあげた。そして去年の全日本種目別選手権。再び「ミヤチ」を決め金メダルを獲得。今年2月のW杯では優勝した。

目標のオリンピックへ。練習以外のときも体操のためになることを考えている。疲れを癒やす以外にも体重を減らすという目的もあるという。宮地選手が目指すのは東京オリンピックの種目別の出場枠。日本からの出場は最大1人だけである。先月の練習ではミヤチより難度が1つ下の技「ブレットシュナイダー」を練習。調子が上がらず何度も失敗していた。自分の映像を見て失敗の原因を探っていた。

そして今月、再び宮地選手を訪ねた。H難度の技「ブレットシュナイダー」を成功。次々と離れ技を決めていく。調子も上向きだったが「ミヤチ」の練習はこの日、しなかった。ケガのリスクが高いため練習では余りやらないという。それでも試合では高い成功率を誇っている。東京オリンピックの目標はもちろん金メダルである。


ワーナー・ブラザース映画

きのうDiner ダイナー ジャパンプレミアが行われ藤原竜也、窪田正孝などが登場した。映画は殺し屋専用のダイナーを舞台にボンベロと客が繰り広げるサスペンス・エンターテインメント。武田真治が撮影時気をつけていたことについて「ダンベルを置いていろんな人を誘ったが誰もやってくれなかった」と話した。引退後のトレーニングについて大畑さんは「していない。ジョギングのみ」と話した。窪田正孝が春菜の気になることは「襟足を今の髪型のまま伸ばしたかったみたいでプロレスラーみたいになっていた」と話した。春菜はウルフカットにしたくて伸ばしていたとのこと。藤原竜也は「地方に行ったとき夜寝れないことがある。古い旅館で寝ようとしたらハンガーが鳴り出した」と恐怖体験を話した。


「ダンベル」に関連するイベント情報

Diner ダイナー ジャパンプレミア

きのうDiner ダイナー ジャパンプレミアが行われ藤原竜也、窪田正孝などが登場した。映画は殺し屋専用のダイナーを舞台にボンベロと客が繰り広げるサスペンス・エンターテインメント。武田真治が撮影時気をつけていたことについて「ダンベルを置いていろんな人を誘ったが誰もやってくれなかった」と話した。引退後のトレーニングについて大畑さんは「していない。ジョギングのみ」と話した。窪田正孝が春菜の気になることは「襟足を今の髪型のまま伸ばしたかったみたいでプロレスラーみたいになっていた」と話した。春菜はウルフカットにしたくて伸ばしていたとのこと。藤原竜也は「地方に行ったとき夜寝れないことがある。古い旅館で寝ようとしたらハンガーが鳴り出した」と恐怖体験を話した。


「ダンベル」に関連する映画・DVD

Diner ダイナー

きのうDiner ダイナー ジャパンプレミアが行われ藤原竜也、窪田正孝などが登場した。映画は殺し屋専用のダイナーを舞台にボンベロと客が繰り広げるサスペンス・エンターテインメント。武田真治が撮影時気をつけていたことについて「ダンベルを置いていろんな人を誘ったが誰もやってくれなかった」と話した。引退後のトレーニングについて大畑さんは「していない。ジョギングのみ」と話した。窪田正孝が春菜の気になることは「襟足を今の髪型のまま伸ばしたかったみたいでプロレスラーみたいになっていた」と話した。春菜はウルフカットにしたくて伸ばしていたとのこと。藤原竜也は「地方に行ったとき夜寝れないことがある。古い旅館で寝ようとしたらハンガーが鳴り出した」と恐怖体験を話した。