ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ドコモ」の検索結果

「ドコモ」に関連する情報 27955件中 1〜10件目

メルカリ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


LINE

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


楽天

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


Zホールディングス

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


ソフトバンクグループ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


日本経済新聞

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


NTTドコモ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


WEB注文感謝クーポン

iRobot社 床拭きロボット ブラーバ380j<B380065>の通販情報。ルンバで知られるiRobot社の製品。ボタンを押すだけでフローリングの床を水拭きしてくれる。この製品で使用できるクイックルワイパー立体吸着ウエットシート STRONG5パックもセット。お申込みは0120-441-222、もしくは「ジャパネット」で検索。

富士通 スマートフォン arrows J<FMWAH>の通販情報。5.84インチの大画面。デュアルカメラ搭載。防水・防塵・耐衝撃対応。新規またはドコモ・auからの乗り換えの場合月額税込4,380円(ソフトバンクからの乗り換えは月々4,930円)。ジャパネットの訪問サービスを無料に。問い合わせは0120-441-222、またはジャパネットのホームページまで。

ジメジメ布団がカラッと乾燥「アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 カラリエ<FK-JN1FH>」の通販情報。布団を敷いた状態で枕元からホースを伸ばし入れ、約65度の熱風が敷き布団・掛け布団を手軽に乾燥。風量が約20%アップ。ジャパネットオリジナルモデルのダブルフラップ搭載。お求めは電話0120-441-222、もしくは「ジャパネット」で検索。

本日紹介した商品のラインナップ。お求めは電話、もしくは「ジャパネット」で検索。


ジャパネット

iRobot社 床拭きロボット ブラーバ380j<B380065>の通販情報。ルンバで知られるiRobot社の製品。ボタンを押すだけでフローリングの床を水拭きしてくれる。この製品で使用できるクイックルワイパー立体吸着ウエットシート STRONG5パックもセット。お申込みは0120-441-222、もしくは「ジャパネット」で検索。

富士通 スマートフォン arrows J<FMWAH>の通販情報。5.84インチの大画面。デュアルカメラ搭載。防水・防塵・耐衝撃対応。新規またはドコモ・auからの乗り換えの場合月額税込4,380円(ソフトバンクからの乗り換えは月々4,930円)。ジャパネットの訪問サービスを無料に。問い合わせは0120-441-222、またはジャパネットのホームページまで。

ジメジメ布団がカラッと乾燥「アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 カラリエ<FK-JN1FH>」の通販情報。布団を敷いた状態で枕元からホースを伸ばし入れ、約65度の熱風が敷き布団・掛け布団を手軽に乾燥。風量が約20%アップ。ジャパネットオリジナルモデルのダブルフラップ搭載。お求めは電話0120-441-222、もしくは「ジャパネット」で検索。

本日紹介した商品のラインナップ。お求めは電話、もしくは「ジャパネット」で検索。


ソフトバンク

富士通 スマートフォン arrows J<FMWAH>の通販情報。5.84インチの大画面。デュアルカメラ搭載。防水・防塵・耐衝撃対応。新規またはドコモ・auからの乗り換えの場合月額税込4,380円(ソフトバンクからの乗り換えは月々4,930円)。ジャパネットの訪問サービスを無料に。問い合わせは0120-441-222、またはジャパネットのホームページまで。

本日紹介した商品のラインナップ。お求めは電話、もしくは「ジャパネット」で検索。