ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ドロップファーム」の検索結果

「ドロップファーム」に関連する情報 12件中 1〜10件目

ワン・ドロップ・ファーム

浅見さんは祖父母の住む千葉・いすみ市を訪れ、思い入れのある千葉の食材で勝負しようと考えた。特別に米を売ってもらった。続いて市原市の養蜂場を訪れた浅見さんは、蜂蜜を全面に押し出したメニューを作ろうと考えた。この養蜂場では様々な花からミツバチが集めてきた蜜「百花蜜」を作っている。自宅に戻った浅見さんは蜂蜜に合う食材を探す。数日後、浅見さんは国産豚のロース肉をメインとすることを決定した。ホームページを更新して10日後、初めての予約が入った。


「ドロップファーム」に関連するグルメ情報

トマトケーキ

究極のフルーツトマトはその味が評価され、銀座の百貨店では専用の売り場が設置されるほどという。令和時代の農業を担う三浦さんに近隣のトマト農家も期待している。しかし当初は苦労の連続だったという。元々都内で洋服の販売員をしていた三浦さんは5年前に4000万円の借金をして「ドロップファーム」を設立した。ところが味を追及しすぎて予定の半分も収穫できず、普通のフルーツトマトと同じ値段で出荷していたため利益は出なかったという。これを打開したのは販売員としてのキャリアで、試食販売を続け消費者の声を拾うことができたという。


「ドロップファーム」に関連するグルメ情報

美容トマトジュース

究極のフルーツトマトはその味が評価され、銀座の百貨店では専用の売り場が設置されるほどという。令和時代の農業を担う三浦さんに近隣のトマト農家も期待している。しかし当初は苦労の連続だったという。元々都内で洋服の販売員をしていた三浦さんは5年前に4000万円の借金をして「ドロップファーム」を設立した。ところが味を追及しすぎて予定の半分も収穫できず、普通のフルーツトマトと同じ値段で出荷していたため利益は出なかったという。これを打開したのは販売員としてのキャリアで、試食販売を続け消費者の声を拾うことができたという。


銀座三越

究極のフルーツトマトはその味が評価され、銀座の百貨店では専用の売り場が設置されるほどという。令和時代の農業を担う三浦さんに近隣のトマト農家も期待している。しかし当初は苦労の連続だったという。元々都内で洋服の販売員をしていた三浦さんは5年前に4000万円の借金をして「ドロップファーム」を設立した。ところが味を追及しすぎて予定の半分も収穫できず、普通のフルーツトマトと同じ値段で出荷していたため利益は出なかったという。これを打開したのは販売員としてのキャリアで、試食販売を続け消費者の声を拾うことができたという。


「ドロップファーム」に関連するグルメ情報

フルーツトマト

茨城・水戸市のスーパーで高価ながらも人気なフルーツトマトを生産しているのは平成元年生まれの三浦さん。農場は水戸市にあり、最先端技術でトマトを栽培している。厳しい衛生管理で栽培されたフルーツトマトは糖度12でマンゴーと同じとのこと。三浦さんのフルーツトマトは水を極限まで減らし小さく育て甘くしているという。根は乾燥しているが枯れないのは全自動水やり装置によるもので、少量を1日数十回行っている。状態を常に見極め、枯れないギリギリで水を与えているという。

究極のフルーツトマトはその味が評価され、銀座の百貨店では専用の売り場が設置されるほどという。令和時代の農業を担う三浦さんに近隣のトマト農家も期待している。しかし当初は苦労の連続だったという。元々都内で洋服の販売員をしていた三浦さんは5年前に4000万円の借金をして「ドロップファーム」を設立した。ところが味を追及しすぎて予定の半分も収穫できず、普通のフルーツトマトと同じ値段で出荷していたため利益は出なかったという。これを打開したのは販売員としてのキャリアで、試食販売を続け消費者の声を拾うことができたという。


ドロップファーム

茨城・水戸市のスーパーで高価ながらも人気なフルーツトマトを生産しているのは平成元年生まれの三浦さん。農場は水戸市にあり、最先端技術でトマトを栽培している。厳しい衛生管理で栽培されたフルーツトマトは糖度12でマンゴーと同じとのこと。三浦さんのフルーツトマトは水を極限まで減らし小さく育て甘くしているという。根は乾燥しているが枯れないのは全自動水やり装置によるもので、少量を1日数十回行っている。状態を常に見極め、枯れないギリギリで水を与えているという。

究極のフルーツトマトはその味が評価され、銀座の百貨店では専用の売り場が設置されるほどという。令和時代の農業を担う三浦さんに近隣のトマト農家も期待している。しかし当初は苦労の連続だったという。元々都内で洋服の販売員をしていた三浦さんは5年前に4000万円の借金をして「ドロップファーム」を設立した。ところが味を追及しすぎて予定の半分も収穫できず、普通のフルーツトマトと同じ値段で出荷していたため利益は出なかったという。これを打開したのは販売員としてのキャリアで、試食販売を続け消費者の声を拾うことができたという。


「ドロップファーム」に関連するグルメ情報

フルーツトマト

茨城県農園ドロップファームのフルーツトマトを用意した。糖度が2倍だという。スタジオで辛坊治郎さんらが試食した。「ぜんぜん違う。いくらでも食べられる。」という。リコピンも豊富で美容にもいいという。農業就業人数について、全体の46%が女性だというが代表者の位置づけである農業委員会では女性はわずか11%だという(農水省)。三輪記子さんは「みなさんが主体的に楽しんでいるのが印象的だった。」とコメントした。田崎史郎さんは「5年前から農水省が直接農業女子たちにメールなどを送っている。直接結びついている。」とコメントした。


銀座三越

先月都内で開かれた女性の就労をテーマにした講演会。農業での起業を目指す女性たちが集まっていた。農業法人を経営する三浦綾佳さん。茨城県水戸市の中心部から車で20分程の山間に三浦さんの経営する農場ドロップファームがある。生産するのは鮮やかなミニトマト。このトマトはただのトマトではなく甘さをはかると糖度が一般のトマトの2倍でリコピンも多く美容トマトとして銀座三越でも取り扱われる商品である。美味しさの秘密は独特の生産方法だった。アイメックという特殊なフィルムを用いる方法だった。トマトの状態は最新のセンサーなどでデータ化されスマートフォンなどで把握ができる。三浦さんは結婚と出産をきっかけに農業で仕事と家庭の両立をしようと考えたという。女性が働きやすいように考えた三浦さんはフレックス制度を導入している。従業員たちは働きやすいという。顧客と直接つながり自分たちで流通なども行う6次産業化という新時代の農業の形。そこでも女性ならではの強みがある。どうすれば商品の魅力を伝える事ができるかを考えることが働く楽しさにつながるという。農水省の農業女子プロジェクトのメンバーでもある三浦さん。SNSを活用した農業の魅力発信を国もサポートしている。


リコピン

先月都内で開かれた女性の就労をテーマにした講演会。農業での起業を目指す女性たちが集まっていた。農業法人を経営する三浦綾佳さん。茨城県水戸市の中心部から車で20分程の山間に三浦さんの経営する農場ドロップファームがある。生産するのは鮮やかなミニトマト。このトマトはただのトマトではなく甘さをはかると糖度が一般のトマトの2倍でリコピンも多く美容トマトとして銀座三越でも取り扱われる商品である。美味しさの秘密は独特の生産方法だった。アイメックという特殊なフィルムを用いる方法だった。トマトの状態は最新のセンサーなどでデータ化されスマートフォンなどで把握ができる。三浦さんは結婚と出産をきっかけに農業で仕事と家庭の両立をしようと考えたという。女性が働きやすいように考えた三浦さんはフレックス制度を導入している。従業員たちは働きやすいという。顧客と直接つながり自分たちで流通なども行う6次産業化という新時代の農業の形。そこでも女性ならではの強みがある。どうすれば商品の魅力を伝える事ができるかを考えることが働く楽しさにつながるという。農水省の農業女子プロジェクトのメンバーでもある三浦さん。SNSを活用した農業の魅力発信を国もサポートしている。

茨城県農園ドロップファームのフルーツトマトを用意した。糖度が2倍だという。スタジオで辛坊治郎さんらが試食した。「ぜんぜん違う。いくらでも食べられる。」という。リコピンも豊富で美容にもいいという。農業就業人数について、全体の46%が女性だというが代表者の位置づけである農業委員会では女性はわずか11%だという(農水省)。三輪記子さんは「みなさんが主体的に楽しんでいるのが印象的だった。」とコメントした。田崎史郎さんは「5年前から農水省が直接農業女子たちにメールなどを送っている。直接結びついている。」とコメントした。


「ドロップファーム」に関連するグルメ情報

ミニトマト

先月都内で開かれた女性の就労をテーマにした講演会。農業での起業を目指す女性たちが集まっていた。農業法人を経営する三浦綾佳さん。茨城県水戸市の中心部から車で20分程の山間に三浦さんの経営する農場ドロップファームがある。生産するのは鮮やかなミニトマト。このトマトはただのトマトではなく甘さをはかると糖度が一般のトマトの2倍でリコピンも多く美容トマトとして銀座三越でも取り扱われる商品である。美味しさの秘密は独特の生産方法だった。アイメックという特殊なフィルムを用いる方法だった。トマトの状態は最新のセンサーなどでデータ化されスマートフォンなどで把握ができる。三浦さんは結婚と出産をきっかけに農業で仕事と家庭の両立をしようと考えたという。女性が働きやすいように考えた三浦さんはフレックス制度を導入している。従業員たちは働きやすいという。顧客と直接つながり自分たちで流通なども行う6次産業化という新時代の農業の形。そこでも女性ならではの強みがある。どうすれば商品の魅力を伝える事ができるかを考えることが働く楽しさにつながるという。農水省の農業女子プロジェクトのメンバーでもある三浦さん。SNSを活用した農業の魅力発信を国もサポートしている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (12)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (5)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (7)