ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ナイルティラピア」の検索結果

「ナイルティラピア」に関連する情報 39件中 1〜10件目

ナイルティラピア

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。


オオウナギ

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。


コイ

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。

加藤先生が面白いものを見つけたと見せてくれたのは南米産の「フラワーホーン」という観賞用の魚。さらにインドネシア産の「ウォーキンキャットフィッシュ」という陸上を移動できる魚も発見。日本庭園の池には世界各国の魚が集まっている状態だった。放流されたコイはおそらくオオウナギに食べられたと考えラエルと説明。


リサール公園

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。

加藤先生が面白いものを見つけたと見せてくれたのは南米産の「フラワーホーン」という観賞用の魚。さらにインドネシア産の「ウォーキンキャットフィッシュ」という陸上を移動できる魚も発見。日本庭園の池には世界各国の魚が集まっている状態だった。放流されたコイはおそらくオオウナギに食べられたと考えラエルと説明。

そして最後の大仕事として10tバキュームカーでヘドロなどを吸い出していく。


ナイルティラピア

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。


オオウナギ

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。


コイ

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。

加藤先生が面白いものを見つけたと見せてくれたのは南米産の「フラワーホーン」という観賞用の魚。さらにインドネシア産の「ウォーキンキャットフィッシュ」という陸上を移動できる魚も発見。日本庭園の池には世界各国の魚が集まっている状態だった。放流されたコイはおそらくオオウナギに食べられたと考えラエルと説明。そして、捕獲したティラピアは焼き魚にして食べたり、地元の人が全て持って帰った。


リサール公園

フィリピン・マニラにある「リサール公園」で生物捕獲・清掃作戦を実行。巨大生物を発見した一行。その正体は「オオウナギ」という元々は海と川を行き来しており誰かが放したと考えられる。さらに捜索を続けると「ナイルティラピア」というアフリカ原産の魚が大量に見つかった。食用として池で誰かが放したと思われると加藤先生は話す。集まった人はティラピアを食べたいと集まっている人もいる。

加藤先生が面白いものを見つけたと見せてくれたのは南米産の「フラワーホーン」という観賞用の魚。さらにインドネシア産の「ウォーキンキャットフィッシュ」という陸上を移動できる魚も発見。日本庭園の池には世界各国の魚が集まっている状態だった。放流されたコイはおそらくオオウナギに食べられたと考えラエルと説明。そして、捕獲したティラピアは焼き魚にして食べたり、地元の人が全て持って帰った。

そして最後の大仕事として10tバキュームカーでヘドロなどを吸い出していく。


「ナイルティラピア」に関連するグルメ情報

いずみ鯛

真鯛の代用魚として注目されているのがナイルティラピア。お値段は半額以下と格安。スタジオメンバーが食べ比べると、大半が間違えた。そんなナイルティラピアはアフリカ原産の淡水魚、国内でも岡山県などで養殖されている。今年からはイオンが台湾の養殖場と契約し「いずみ鯛(ナイルティラピア)」という名前で販売を開始している。


朝日新聞

真鯛の代用魚として注目されているのがナイルティラピア。お値段は半額以下と格安。スタジオメンバーが食べ比べると、大半が間違えた。そんなナイルティラピアはアフリカ原産の淡水魚、国内でも岡山県などで養殖されている。今年からはイオンが台湾の養殖場と契約し「いずみ鯛(ナイルティラピア)」という名前で販売を開始している。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (39)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (13)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (26)