ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ナルセ機材」の検索結果

「ナルセ機材」に関連する情報 55件中 1〜10件目

ナルセ機材

これを受けて石井国交相は後付け可能な安全運転支援装置の開発を改めて要請しているが、都内のカー用品専門店では専用のコーナーも出来ていた。これは時速10km未満でアクセルを踏んだ時に回転数が上がりすぎないようにするための装置で、踏み間違いによって急発進を防ぐことができる。熊本・玉名市のナルセ機材では踏み間違い防止の装置を製造していて、アクセルベダルは足を右に傾けブレーキは踏み込むことでペダルの踏み変えないのが特徴となっていた。費用は20万円となっているが現在納品まで4・5か月待ちとなっている。


ナルセ機材

ブレーキとアクセルの踏み間違いの防止装置を開発したメーカーへの問い合わせが急増している。石井国交大臣も自動車メーカーに、後付の装置の開発を要請する考えを示している。(日刊スポーツ)


ナルセ機材

千葉市のJR海浜幕張駅で、80歳のタクシードライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故が起きた。全国で高齢者による交通事故が多発していて、福岡市では81歳の男性が車を暴走させ、乗っていた妻と一緒に死亡した。平成30年にアクセルとブレーキを踏み間違えてたことが原因の死亡事故は、53件発生し、そのうち35件が70代以上のドライバーだった。福岡市の事故で、亡くなった男性の知人にインタビュー。事故を起こした男性に、事故原因になる病気の兆候はなかった。交通事故鑑定人が、アクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故について解説した。相次ぐ高齢者の暴走事故を受けて、石井国交相は自動車メーカーに対し、後付可能な安全運転支援装置の開発を要請した。ナルセ機材が開発した、安全運転支援装置を紹介。


交通事故総合分析センター

千葉市のJR海浜幕張駅で、80歳のタクシードライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故が起きた。全国で高齢者による交通事故が多発していて、福岡市では81歳の男性が車を暴走させ、乗っていた妻と一緒に死亡した。平成30年にアクセルとブレーキを踏み間違えてたことが原因の死亡事故は、53件発生し、そのうち35件が70代以上のドライバーだった。福岡市の事故で、亡くなった男性の知人にインタビュー。事故を起こした男性に、事故原因になる病気の兆候はなかった。交通事故鑑定人が、アクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故について解説した。相次ぐ高齢者の暴走事故を受けて、石井国交相は自動車メーカーに対し、後付可能な安全運転支援装置の開発を要請した。ナルセ機材が開発した、安全運転支援装置を紹介。


JR海浜幕張駅

千葉市のJR海浜幕張駅で、80歳のタクシードライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故が起きた。全国で高齢者による交通事故が多発していて、福岡市では81歳の男性が車を暴走させ、乗っていた妻と一緒に死亡した。平成30年にアクセルとブレーキを踏み間違えてたことが原因の死亡事故は、53件発生し、そのうち35件が70代以上のドライバーだった。福岡市の事故で、亡くなった男性の知人にインタビュー。事故を起こした男性に、事故原因になる病気の兆候はなかった。交通事故鑑定人が、アクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故について解説した。相次ぐ高齢者の暴走事故を受けて、石井国交相は自動車メーカーに対し、後付可能な安全運転支援装置の開発を要請した。ナルセ機材が開発した、安全運転支援装置を紹介。


ツイッター

千葉市のJR海浜幕張駅で、80歳のタクシードライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故が起きた。全国で高齢者による交通事故が多発していて、福岡市では81歳の男性が車を暴走させ、乗っていた妻と一緒に死亡した。平成30年にアクセルとブレーキを踏み間違えてたことが原因の死亡事故は、53件発生し、そのうち35件が70代以上のドライバーだった。福岡市の事故で、亡くなった男性の知人にインタビュー。事故を起こした男性に、事故原因になる病気の兆候はなかった。交通事故鑑定人が、アクセルとブレーキを踏み間違えて暴走する事故について解説した。相次ぐ高齢者の暴走事故を受けて、石井国交相は自動車メーカーに対し、後付可能な安全運転支援装置の開発を要請した。ナルセ機材が開発した、安全運転支援装置を紹介。


ナルセ機材

きのう福岡市で暴走し事故を起こした男性の知人に話を伺った。男性は普段自治会長として見回りパトロールをしていたため、免許返納に迷いを見せていたとのこと。タクシーのドライレコーダーから映る男性の車は猛スピードでタクシーを追い抜いていった。事故の状況をを捉えた映像には交差点で2台の乗用車を吹き飛ばし、ビルに激突する様子が残されていた。警察によると、男性は脳梗塞など事故原因なる病気の兆候はなかったという。原因の1つがアクセルとブレーキの踏み間違い。過去に踏み間違えて事故を起こしてしまった女性にも話を聞いた。足は固まり、踏み続けてしまったという。おととい石井国交相は自動車メーカーに対し、後付可能な安全運転支援装置の開発を要請した。都内のカー用品専門店には専用コーナーが出来ていた。また急発進を防ぐ装置を開発した方もいた。この装置は20万円するが、熊本・玉名市では普及を促すために費用を一部助成。


ナルセ機材

高齢ドライバーの交通事故が多発し、特にアクセルとブレーキの踏み間違いが問題視されている。20年ほど前に開発されたワンペダルが再び注目されている。パニック状態でペダルを踏み込んでもアクセルは作動せず体験した人は思ったほど違和感を感じないと語っている。他にも急激なアクセルの踏み込みを検知して急発進を制御するペダルの見張り番という商品も着目されているが、使っている人は少ないという。その理由は自信がある、値段が高い、操作が変わるのが怖いなどだという。


ナルセ機材

高齢ドライバーによる事故が後を絶たない。東京・池袋で母子が亡くなった事故の後、都内ではGW明け3日間で1200人以上が免許を返納した。昨日は俳優の杉良太郎が鮫洲運転試験場で運転免許を返納した。行政も事故防止に取り組んでおり、名古屋市では自主返納した高齢者に5000円分の電子マネーを交付する事業を開始。東京都ではアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置の購入補助の考えを明らかにした。民間企業は踏み間違いを防ぐ器具の開発に取り組んでいる。全国から問い合わせなどが相次いでおり、商品によっては4か月待ちとなっている。


ナルセ機材HP

外出時に車を運転する人の割合。80歳以上で、26.4%。(内閣府調べ)東京都は踏み間違い防止の装置取り付け補助金を出そうと検討している。対象とする装置や予算規模、補助事業の開始時期などは未定で、今後具体的な内容を検討するとのこと。装置の1つに、「ワンペダル」がある。ブレーキは踏むが、アクセルは足をずらすことでオンとなる。後付可能で、価格は約20万円。中島さんは「慣れれば効果的。高齢の方にとっては、これまでとは違う操作を覚えることがネックとなる。」などとした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (55)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (55)