ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ナンキ工業」の検索結果

「ナンキ工業」に関連する情報 26件中 1〜10件目

STOPペダル

ノンストップ!が訪れたのはAPITオ−トバックス東雲。店内に入ってすぐに急発進防止装置の売り場が設置されていた。5月の売り上げは去年の5月と比べ26倍になっていて、高齢者自身や自分の祖父母につけたいという方も来店している。売られていたのはペダルの見張り番という装置。この装置が搭載されている車は、停止時や一定の速度以下で走行中アクセルペダルの急な踏み込みなどを検知した場合電気信号がエンジンに伝わらない仕組み。この装置は後付が可能。料金は取付費用込みで3万〜4万円ほど。川口市のナンキ工業は今年からSTOPペダルの販売を始めた。この装置は踏み間違えた時に必ず止まるという。取り付けは使用している車のアクセルペダルをSTOPペダルに取り替えるだけ。これを付けるとアクセルを深く踏み込むと警報音が鳴りアクセルからエンジンに力が伝わらなくなりブレーキが自動的に作動する。ナンキ工業・南さんは元々機械整備の仕事をしていて、ペダル踏み間違いによる交通事故のニュースを見てこれを開発した。10年の試行錯誤を経て商品化した。


ナンキ工業

ノンストップ!が訪れたのはAPITオ−トバックス東雲。店内に入ってすぐに急発進防止装置の売り場が設置されていた。5月の売り上げは去年の5月と比べ26倍になっていて、高齢者自身や自分の祖父母につけたいという方も来店している。売られていたのはペダルの見張り番という装置。この装置が搭載されている車は、停止時や一定の速度以下で走行中アクセルペダルの急な踏み込みなどを検知した場合電気信号がエンジンに伝わらない仕組み。この装置は後付が可能。料金は取付費用込みで3万〜4万円ほど。川口市のナンキ工業は今年からSTOPペダルの販売を始めた。この装置は踏み間違えた時に必ず止まるという。取り付けは使用している車のアクセルペダルをSTOPペダルに取り替えるだけ。これを付けるとアクセルを深く踏み込むと警報音が鳴りアクセルからエンジンに力が伝わらなくなりブレーキが自動的に作動する。ナンキ工業・南さんは元々機械整備の仕事をしていて、ペダル踏み間違いによる交通事故のニュースを見てこれを開発した。10年の試行錯誤を経て商品化した。


ペダルの見張り番

ノンストップ!が訪れたのはAPITオ−トバックス東雲。店内に入ってすぐに急発進防止装置の売り場が設置されていた。5月の売り上げは去年の5月と比べ26倍になっていて、高齢者自身や自分の祖父母につけたいという方も来店している。売られていたのはペダルの見張り番という装置。この装置が搭載されている車は、停止時や一定の速度以下で走行中アクセルペダルの急な踏み込みなどを検知した場合電気信号がエンジンに伝わらない仕組み。この装置は後付が可能。料金は取付費用込みで3万〜4万円ほど。川口市のナンキ工業は今年からSTOPペダルの販売を始めた。この装置は踏み間違えた時に必ず止まるという。取り付けは使用している車のアクセルペダルをSTOPペダルに取り替えるだけ。これを付けるとアクセルを深く踏み込むと警報音が鳴りアクセルからエンジンに力が伝わらなくなりブレーキが自動的に作動する。ナンキ工業・南さんは元々機械整備の仕事をしていて、ペダル踏み間違いによる交通事故のニュースを見てこれを開発した。10年の試行錯誤を経て商品化した。


オートバックスセブン

ノンストップ!が訪れたのはAPITオ−トバックス東雲。店内に入ってすぐに急発進防止装置の売り場が設置されていた。5月の売り上げは去年の5月と比べ26倍になっていて、高齢者自身や自分の祖父母につけたいという方も来店している。売られていたのはペダルの見張り番という装置。この装置が搭載されている車は、停止時や一定の速度以下で走行中アクセルペダルの急な踏み込みなどを検知した場合電気信号がエンジンに伝わらない仕組み。この装置は後付が可能。料金は取付費用込みで3万〜4万円ほど。川口市のナンキ工業は今年からSTOPペダルの販売を始めた。この装置は踏み間違えた時に必ず止まるという。取り付けは使用している車のアクセルペダルをSTOPペダルに取り替えるだけ。これを付けるとアクセルを深く踏み込むと警報音が鳴りアクセルからエンジンに力が伝わらなくなりブレーキが自動的に作動する。ナンキ工業・南さんは元々機械整備の仕事をしていて、ペダル踏み間違いによる交通事故のニュースを見てこれを開発した。10年の試行錯誤を経て商品化した。


APITオ−トバックス東雲

ノンストップ!が訪れたのはAPITオ−トバックス東雲。店内に入ってすぐに急発進防止装置の売り場が設置されていた。5月の売り上げは去年の5月と比べ26倍になっていて、高齢者自身や自分の祖父母につけたいという方も来店している。売られていたのはペダルの見張り番という装置。この装置が搭載されている車は、停止時や一定の速度以下で走行中アクセルペダルの急な踏み込みなどを検知した場合電気信号がエンジンに伝わらない仕組み。この装置は後付が可能。料金は取付費用込みで3万〜4万円ほど。川口市のナンキ工業は今年からSTOPペダルの販売を始めた。この装置は踏み間違えた時に必ず止まるという。取り付けは使用している車のアクセルペダルをSTOPペダルに取り替えるだけ。これを付けるとアクセルを深く踏み込むと警報音が鳴りアクセルからエンジンに力が伝わらなくなりブレーキが自動的に作動する。ナンキ工業・南さんは元々機械整備の仕事をしていて、ペダル踏み間違いによる交通事故のニュースを見てこれを開発した。10年の試行錯誤を経て商品化した。


STOPペダル

埼玉県川口市のナンキ工業では、車に後付出来る踏み間違い事故防止装置「STOPペダル」が作られていた。社長の南さんは10年前に踏み間違い事故を特集する番組を見て作れると思ったのだといい、体験してみるとアクセルを強く踏み込むと急発進せずにブレーキがかかるようになっていた。バック運転でも同様にストップを掛ける形となっていて、アクセルを引っ張るとこれに応じて加速するのだが、この装置は踏み込みすぎるとワイヤを引っ張っていたフックが外れることで加速を解除するものとなっていた。そして装置全体でブレーキペダルを強く押し込むことで車を止めている。

所沢市のハイローラーズでもSTOPペダルは販売されていて、ここのものは売上が300倍に膨れ上がった。高齢の親を持つ家族からの問い合わせが多いといい、ディーラーもSTOPペダルに目をつけ始めているが、一方で加速したい時に止まらないかが心配と話していた。来店した6人全員がチェックを行っていて、誤作動はよほどでなければ大丈夫と評価していた。また、STOPペダルは万が一急発進したいときにブレーキがかかってしまった際にも踏み直せば進むことが出来る。


日産

埼玉県川口市のナンキ工業では、車に後付出来る踏み間違い事故防止装置「STOPペダル」が作られていた。社長の南さんは10年前に踏み間違い事故を特集する番組を見て作れると思ったのだといい、体験してみるとアクセルを強く踏み込むと急発進せずにブレーキがかかるようになっていた。バック運転でも同様にストップを掛ける形となっていて、アクセルを引っ張るとこれに応じて加速するのだが、この装置は踏み込みすぎるとワイヤを引っ張っていたフックが外れることで加速を解除するものとなっていた。そして装置全体でブレーキペダルを強く押し込むことで車を止めている。


ノート

埼玉県川口市のナンキ工業では、車に後付出来る踏み間違い事故防止装置「STOPペダル」が作られていた。社長の南さんは10年前に踏み間違い事故を特集する番組を見て作れると思ったのだといい、体験してみるとアクセルを強く踏み込むと急発進せずにブレーキがかかるようになっていた。バック運転でも同様にストップを掛ける形となっていて、アクセルを引っ張るとこれに応じて加速するのだが、この装置は踏み込みすぎるとワイヤを引っ張っていたフックが外れることで加速を解除するものとなっていた。そして装置全体でブレーキペダルを強く押し込むことで車を止めている。


ナンキ工業

埼玉県川口市のナンキ工業では、車に後付出来る踏み間違い事故防止装置「STOPペダル」が作られていた。社長の南さんは10年前に踏み間違い事故を特集する番組を見て作れると思ったのだといい、体験してみるとアクセルを強く踏み込むと急発進せずにブレーキがかかるようになっていた。バック運転でも同様にストップを掛ける形となっていて、アクセルを引っ張るとこれに応じて加速するのだが、この装置は踏み込みすぎるとワイヤを引っ張っていたフックが外れることで加速を解除するものとなっていた。そして装置全体でブレーキペダルを強く押し込むことで車を止めている。


ナンキ工業

一昨日、福岡県・柳川市で撮影された防犯カメラ映像。車の衝突事故に巻き込まれる高校生2人が映っていた。高校生が信号待ちをしていると、72歳の高齢ドライバーが運転するワンボックスカーが手前を走行。すると画面から姿を消したあと、ワンボックスカーは右折し、対向車線を直進する31歳男性運転の乗用車と衝突。乗用車は2人をはね、高校生は頭蓋骨骨折などの重傷を負った。そして愛知県名古屋市では小学校のフェンスを突き破り、校庭に突っ込んだ車が。運転していたのは70代男性。警察はアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとして調べている。この事故で70代男性は軽傷で、事故当時児童は全員下校していて無事だった。また、大分県別府市では昨日朝、急カーブの下り坂を車が突っ切り、約10メートル下に転落。運転していた86歳女性が死亡した。政府は高齢者専用の新たな運転免許を作る方針を固めた。75歳以上の高齢ドライバーを想定し、安全機能付きの車のみ運転できるようにする方向で検討。踏み間違いによる急発進を防ぐ装置を製造している企業には全国から問い合わせが殺到している。この装置(STOPペダル)はアクセルブレーキを一体化した装置。アクセルを強く踏み込むと、アクセル機能が解除され、同時にブレーキがかかる仕組みになっている。価格は10万円で車検も通るという。東京都は、高齢者が車にペダル踏み間違い防止装置を取り付ける場合、費用の約9割を補助する事を決めた。対象者の年齢制限など、制度の詳細は近く取りまとめる方針。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (26)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (26)