ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ハクチョウ」の検索結果

「ハクチョウ」に関連する情報 569件中 1〜10件目

ホタルイカ

2018年9月6日に東山動植物園でコアラが誕生し現在485g、2019年2月21日にニフレルで生まれたコビトカバは現在約10kgに成長している。山梨・山中湖ではコブハクチョウの求愛行動を見る事ができ富山県ではホタルイカの身投げが見られる。毎年3月にホタルイカ漁が解禁。3月〜5月の新月、晴れた暖かい日になるとホタルイカが大量に打ち上がる。その理由はメスが産卵のために月の光を頼りに海面付近に浮上する迷子説、新月前後に方向を見失い迷子になって海岸へ打ち上げられる説がある。


コビトカバ

2018年9月6日に東山動植物園でコアラが誕生し現在485g、2019年2月21日にニフレルで生まれたコビトカバは現在約10kgに成長している。山梨・山中湖ではコブハクチョウの求愛行動を見る事ができ富山県ではホタルイカの身投げが見られる。毎年3月にホタルイカ漁が解禁。3月〜5月の新月、晴れた暖かい日になるとホタルイカが大量に打ち上がる。その理由はメスが産卵のために月の光を頼りに海面付近に浮上する迷子説、新月前後に方向を見失い迷子になって海岸へ打ち上げられる説がある。


コアラ

2018年9月6日に東山動植物園でコアラが誕生し現在485g、2019年2月21日にニフレルで生まれたコビトカバは現在約10kgに成長している。山梨・山中湖ではコブハクチョウの求愛行動を見る事ができ富山県ではホタルイカの身投げが見られる。毎年3月にホタルイカ漁が解禁。3月〜5月の新月、晴れた暖かい日になるとホタルイカが大量に打ち上がる。その理由はメスが産卵のために月の光を頼りに海面付近に浮上する迷子説、新月前後に方向を見失い迷子になって海岸へ打ち上げられる説がある。


ニフレル

2018年9月6日に東山動植物園でコアラが誕生し現在485g、2019年2月21日にニフレルで生まれたコビトカバは現在約10kgに成長している。山梨・山中湖ではコブハクチョウの求愛行動を見る事ができ富山県ではホタルイカの身投げが見られる。毎年3月にホタルイカ漁が解禁。3月〜5月の新月、晴れた暖かい日になるとホタルイカが大量に打ち上がる。その理由はメスが産卵のために月の光を頼りに海面付近に浮上する迷子説、新月前後に方向を見失い迷子になって海岸へ打ち上げられる説がある。


東山動植物園

2018年9月6日に東山動植物園でコアラが誕生し現在485g、2019年2月21日にニフレルで生まれたコビトカバは現在約10kgに成長している。山梨・山中湖ではコブハクチョウの求愛行動を見る事ができ富山県ではホタルイカの身投げが見られる。毎年3月にホタルイカ漁が解禁。3月〜5月の新月、晴れた暖かい日になるとホタルイカが大量に打ち上がる。その理由はメスが産卵のために月の光を頼りに海面付近に浮上する迷子説、新月前後に方向を見失い迷子になって海岸へ打ち上げられる説がある。


ミヤコタナゴ

この季節に南下してくるハクチョウは冬の風物詩となっている。中でも栃木県大田原市はハクチョウの飛来地として観光の目玉になっているのが羽田沼。しかし、ハクチョウが1羽も見当たらず沼から離れた田んぼにいた。ハクチョウにエサを与える男性に話を聞くと保護活動だと話した。男性は12年ほど前からエサやりを開始し冬の期間所有している田んぼに水を張っている。その理由が羽田沼でのエサやりが禁止になったからだという。羽田沼では国の天然記念物になっているミヤコタナゴが生息する場所だが昔からハクチョウにエサを与えていたため沼の水質が悪化してしまった。そのためエサやりを禁止にしたが男性が反発。大田原市からハクチョウがいなくならないようにエサを与えている。


ハクチョウ

この季節に南下してくるハクチョウは冬の風物詩となっている。中でも栃木県大田原市はハクチョウの飛来地として観光の目玉になっているのが羽田沼。しかし、ハクチョウが1羽も見当たらず沼から離れた田んぼにいた。ハクチョウにエサを与える男性に話を聞くと保護活動だと話した。男性は12年ほど前からエサやりを開始し冬の期間所有している田んぼに水を張っている。その理由が羽田沼でのエサやりが禁止になったからだという。羽田沼では国の天然記念物になっているミヤコタナゴが生息する場所だが昔からハクチョウにエサを与えていたため沼の水質が悪化してしまった。そのためエサやりを禁止にしたが男性が反発。大田原市からハクチョウがいなくならないようにエサを与えている。


オオハクチョウ

北海道別海町にある川の河口付近で、1993年に放したオオハクチョウが見つかった。先月自然などの情報提供施設である野付半島ネイチャーセンターが、氷の上にいるオオハクチョウの足輪を撮影し、1993年に同じ川で足輪を付けて放鳥したメスと同じであることがわかった。千葉県にある山階鳥類研究所によると、放鳥からの年数はこれまで25年1ヶ月が最長で、25年10ヶ月という記録は、野生のオオハクチョウとしては国内最高齢だという。


野付半島ネイチャーセンター

北海道別海町にある川の河口付近で、1993年に放したオオハクチョウが見つかった。先月自然などの情報提供施設である野付半島ネイチャーセンターが、氷の上にいるオオハクチョウの足輪を撮影し、1993年に同じ川で足輪を付けて放鳥したメスと同じであることがわかった。千葉県にある山階鳥類研究所によると、放鳥からの年数はこれまで25年1ヶ月が最長で、25年10ヶ月という記録は、野生のオオハクチョウとしては国内最高齢だという。


コハクチョウ

今日は雪が雨に変わる時期とされる雨水。熊本県で各地で雨。福岡管区気象台は九州北部地方で春一番が吹いたと発表した。福岡市も前方が霞むほどの雨が降ったという。最高気温は22.7度で5月上旬並の暖かさとなったという。善立寺では雨の中寒水行が行われた。しかし、今季は暖冬。安曇野市ではコハクチョウがシベリアへ旅を開始した。郡上市のスキー場では例年家族連れで賑わう時期なのだが、暖冬の影響で1日も営業できていないという。小樽市では落雪により道を塞ぐ事態が発生。沼田町では午前8時頃、77歳の女性が屋根から落ちた雪に埋まった状態で死亡しているのがみつかった。今夜は広い範囲で本降りとなる予想となっており、帰宅の足にも影響が出る可能性があるという。