ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パチンコ」の検索結果

「パチンコ」に関連する観光・地域情報 31件中 1〜10件目

「パチンコ」に関連する観光・地域情報

ホテルニューオータニ

きのう新たに89人の新型コロナウイルス感染者が確認された東京都。千代田区ではホテルニューオータニで宴会部門を担当し、先月28日の勤務では70人規模の宴会で配膳をしていた50代男性が感染。渋谷区のライブハウス「LOFT HEAVEN」では先月20日に開かれた公演の出演者から感染者が出たことが判明。そんな中で東京都は公式動画チャンネル「東京動画」を開設。きのうから新型コロナウイルス最新情報を配信しており、毎日午後6時40分ごろから流れる予定。小池都知事の外出自粛要請から2度目の週末では、大手パチンコチェーンのダイナムは今週・来週の週末で都内全10店舗の臨時休業を決定。会社側は収益に影響は出るとしながらも「お客様と従業員のことを考えると安全第一に努めることはまず優先だろうと考えている」と話していた。


「パチンコ」に関連するホテル・温泉旅館「パチンコ」に関連する観光・地域情報

ロマンス座カド

熱海の宿泊施設は1泊2食がスタンダード。2016年オープンの「ひらまつ」では露天風呂から見る相模湾を感じ、新鮮な魚介を使った高級フレンチが味わえる。ある宿ではごはんとみそ汁のみを提供する。おかずのひものは宿泊客が購入し、宿で調理する。配膳などは全てセルフサービス。市来さんは「街全体を宿のように使ってもらう。シャワーだけで、近くの温泉に行ってもらう。」とした。街全体としての利益を上げる工夫があった。熱海は全国ワースト1の空き家率で、この商店街も30店舗中10店舗が閉店していた。市来さんは空き店舗を利用したコワーキングスペース「naedoko」を開設。シェアオフィスとして住人だけでなく観光客も利用可能。もとは60年間空いていた場所だった。「MARUYA」は元パチンコ店。ロマンス座カドは元映画館の横にある。市来さんは「活動・仕事したい人の集まる場が必要と思った。」「何度も謝りに行き続けた。」「道路を歩行者天国にするイベントは、車で来る客に迷惑。空き店舗をなくしたい話をし続けて理解していただいた。」とした。


「パチンコ」に関連するホテル・温泉旅館「パチンコ」に関連する観光・地域情報

THE HIRAMATSU HOTELS&RESORTS 熱海

熱海の宿泊施設は1泊2食がスタンダード。2016年オープンの「ひらまつ」では露天風呂から見る相模湾を感じ、新鮮な魚介を使った高級フレンチが味わえる。ある宿ではごはんとみそ汁のみを提供する。おかずのひものは宿泊客が購入し、宿で調理する。配膳などは全てセルフサービス。市来さんは「街全体を宿のように使ってもらう。シャワーだけで、近くの温泉に行ってもらう。」とした。街全体としての利益を上げる工夫があった。熱海は全国ワースト1の空き家率で、この商店街も30店舗中10店舗が閉店していた。市来さんは空き店舗を利用したコワーキングスペース「naedoko」を開設。シェアオフィスとして住人だけでなく観光客も利用可能。もとは60年間空いていた場所だった。「MARUYA」は元パチンコ店。ロマンス座カドは元映画館の横にある。市来さんは「活動・仕事したい人の集まる場が必要と思った。」「何度も謝りに行き続けた。」「道路を歩行者天国にするイベントは、車で来る客に迷惑。空き店舗をなくしたい話をし続けて理解していただいた。」とした。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

ロマンス座カド

昭和の面影を残す街並みは年配客には懐かしく、若者や外国人観光客には新鮮に移り、多彩な客層を魅了している。マルヤのオーナーは熱海の日常を感じてほしいと、パチンコ店跡地を利用して4年前に宿を作った。オーナーは熱海出身で、東京のIT企業に入った後Uターンし、街の再生に取り組んだ。熱海は移住先としても注目を集めている。青田さん夫妻は退職を機に豊かな自然に惹かれて熱海に移住、現在はNPOでシニアの移住を促進している。先月マルヤは4周年を迎えゲストハウスから徒歩1分ほどの所に新たな宿「ロマンス座カド」をオープン。「長く暮らすように泊まれる宿」をコンセプトに呉服屋さんをリフォーム、全室個室の宿となっている。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

マチモリ

昭和の面影を残す街並みは年配客には懐かしく、若者や外国人観光客には新鮮に移り、多彩な客層を魅了している。マルヤのオーナーは熱海の日常を感じてほしいと、パチンコ店跡地を利用して4年前に宿を作った。オーナーは熱海出身で、東京のIT企業に入った後Uターンし、街の再生に取り組んだ。熱海は移住先としても注目を集めている。青田さん夫妻は退職を機に豊かな自然に惹かれて熱海に移住、現在はNPOでシニアの移住を促進している。先月マルヤは4周年を迎えゲストハウスから徒歩1分ほどの所に新たな宿「ロマンス座カド」をオープン。「長く暮らすように泊まれる宿」をコンセプトに呉服屋さんをリフォーム、全室個室の宿となっている。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

マルヤ

静岡・熱海市の熱海銀座商店街。そこにある「マルヤ」。ここが熱海銀座商店街が変わったきっかけを作ったとされている。宿のエントランスではサバサンドを提供するなど、地元の人達が交流できるスペースに。宿代は3960円からとなっていてリーズナブル。マルヤは宿以外で客をもてなし街全体が潤う仕掛けを作っている。朝ごはんではあをきのひもの本店で好きなひものを選ぶ。マルヤが提供するのはご飯とみそ汁だけだという。商店街で買ってきた干物は自分たちで焼く。そして、この宿ならではで、初対面の人同士でご飯を食べるという場面もあるという。夜はそれぞれの料理を持ち寄ったりキッチンで調理をすることも。この日は天然のサケを、客が持ち込んでいた。そして、外国人観光客には東京にも名古屋にも近い立地が利点になっているという。

昭和の面影を残す街並みは年配客には懐かしく、若者や外国人観光客には新鮮に移り、多彩な客層を魅了している。マルヤのオーナーは熱海の日常を感じてほしいと、パチンコ店跡地を利用して4年前に宿を作った。オーナーは熱海出身で、東京のIT企業に入った後Uターンし、街の再生に取り組んだ。熱海は移住先としても注目を集めている。青田さん夫妻は退職を機に豊かな自然に惹かれて熱海に移住、現在はNPOでシニアの移住を促進している。先月マルヤは4周年を迎えゲストハウスから徒歩1分ほどの所に新たな宿「ロマンス座カド」をオープン。「長く暮らすように泊まれる宿」をコンセプトに呉服屋さんをリフォーム、全室個室の宿となっている。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

ワシントンホテル

鈴木浩介の過去をテーマにトーク。上京した目的は、憧れの西田敏行に会う事。大学1年の頃に西田さんの事務所にいきなり「会いたい」と電話した所断られ、「研究生になって選ばれたら」と言われた為2年間の俳優研究生となったと話す。当時はバイトを掛け持ちする貧乏生活だったと話す。下積みを続けるも、中々芽が出なかった鈴木。28歳の時、中途半端な状態だと思ってバイトを全部辞めて俳優の仕事だけで食べて行こうと決意し、バイトをやめる時に警備バイトの隊長に「芸能界は怖いところだから、いつでも帰ってこい」と言われたと話す。親も仕送りをしてくれたが、パチンコで使い、自己嫌悪と不安で吐いたと話す。その後、31歳の時に「HERO」に出演したが、誰も気付かなかったと話す。


「パチンコ」に関連するホテル・温泉旅館「パチンコ」に関連する観光・地域情報

箱根ホテル小涌園

約5万坪もの敷地を誇る巨大リゾート・小涌園、来年1月10日に閉館するのはその中心にある箱根ホテル小涌園だ。すでに代わりとなる宿泊施設はオープンしているが古きホテルを惜しみ訪れる客も多い。箱根ホテル小涌園は旧別荘地に建設され団体客を中心に人気となった。園内には洗濯工場やパチンコ場など多種多様な施設があった。また熱帯植物が生い茂り”ジャングル風呂”とも呼ばれたポリネシア風呂なども写真で紹介された。庭園は三井総本家別荘として大正3年に造られ来年以降も庭園は存続する。そして昭和30年代に園内には温泉の地熱を利用した養鶏工場もありそこで手に入る新鮮な鶏肉を使った料理として考案された小涌園ラーメンも姿を消すことになる。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

秀丸荘

午前7時。上島は午後からパチンコの営業があるため帰ると話し退場した。一行は熊本城を目指す。お腹が空いた2人はタコ街道を走り、食事を取ろうと、地元民にタコが食べられるところを尋ねた。田吾作食堂でタコ飯が食べられると聞き、目指した2人だったが、バイクの充電が切れてしまい、近くの民宿「秀丸荘」に訪れた。

2人は民宿 秀丸荘でバイクの充電をさせてもらった。民宿を営んでいる夫婦は、朝ごはんを振る舞ってくれた。民宿に昨日泊まったというカップルは、夕食で名物のタコステーキが出たと教えてくれた。充電が終わった2人は秀丸荘を後にした。


「パチンコ」に関連する観光・地域情報

machimori

なかでも気軽に泊まれると人気なのが「ゲストハウス マルヤ」。宿泊施設は共有ラウンジの先にある。部屋はカプセルタイプだが、意外と広々としていて快適な作りになっている。部屋によっては2人で宿泊することもできる。さらに朝ごはんのシステムがとってもユニークだった。朝ごはんを食べたい人は商店街で自分の好きなおかずを購入。それを宿に持ち帰り、グリルで自分であぶる。300円でご飯とみそ汁を頼めば地元食材いっぱいの朝ごはんが完成。このゲストハウスを作ったのは熱海市出身の市来広一郎さん。このゲストハウスは10年間空き店舗だった元パチンコ店をリノベーションして生まれ変わった施設。市来広一郎さんは東京で就職していたが衰退する故郷を盛り上げるために熱海にもどった。1300年以上の歴史がある神社でも若い世代を集めるために取り組みをしている。神社内の8箇所にスマホスタンドを設置、ベストアングルで写真が撮れるようになっている。