ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フォルクスワーゲン」の検索結果

「フォルクスワーゲン」に関連する情報 3808件中 1〜10件目

ロイター通信

また、フォルクスワーゲンのCFOは社内向けの文章で4−6月期は非常に悪く、調整後の営業利益は黒字になると述べたとロイター通信が伝えている。


フォルクスワーゲン

また、フォルクスワーゲンのCFOは社内向けの文章で4−6月期は非常に悪く、調整後の営業利益は黒字になると述べたとロイター通信が伝えている。


フォルクスワーゲン アレーナ

フランクフルトとボルフスブルクの試合では鎌田大地が同点で迎えた40分にゴールを決めチームに初勝利を決めた。


フォルクスワーゲン

上げ幅が大きいドイツでは自動車株が急上昇。ドイツ経済省が景気対策の一環として自動車購入補助金などの支援策を提案したと週末に報じられたことが公開されている。


ロイター

また中国は世界の国々に対しては取り込み活動も行っていると語られた。石平氏によると、中国が一番困るのはG7が対中国で一致団結されることで、中国と経済的つながりが深い国と経済的な連携を深めることを確約する代わりに対中国阻止を目論んでいると指摘しているという。実際にドイツはフォルクスワーゲンが50%出資で資本合意したと発表したと語られた。フォルクスワーゲンは中国内シェア1位を保っているが、近年ではトヨタの猛追を受けているのだという。またイタリアは先月コンテ首相が習近平国家主席と電話で会談し、中国は一帯一路の一環として医療分野での国際協力を強化するとして衣料品を配ることで取り込みを図り、スペイン、チェコへも金銭や衣料品を配っていると伝えられた。一方でロイター通信はこの裏には中国の焦りがあると報じたという。また現在はEU全体が壊れてしまい、イタリアは余力がないので仕方ないがドイツはそう簡単ではないと思うと語られた。今回の件では国際的なモラルで中国が信頼するに足るかどうかのモラルが試されるなどと述べられた。一方6月ワシントンでG7の会合を開くとトランプ大統領が表明した直後にメルケル氏は行けないと言っていて気になったなどと語られた。


新華社通信

また中国は世界の国々に対しては取り込み活動も行っていると語られた。石平氏によると、中国が一番困るのはG7が対中国で一致団結されることで、中国と経済的つながりが深い国と経済的な連携を深めることを確約する代わりに対中国阻止を目論んでいると指摘しているという。実際にドイツはフォルクスワーゲンが50%出資で資本合意したと発表したと語られた。フォルクスワーゲンは中国内シェア1位を保っているが、近年ではトヨタの猛追を受けているのだという。またイタリアは先月コンテ首相が習近平国家主席と電話で会談し、中国は一帯一路の一環として医療分野での国際協力を強化するとして衣料品を配ることで取り込みを図り、スペイン、チェコへも金銭や衣料品を配っていると伝えられた。一方でロイター通信はこの裏には中国の焦りがあると報じたという。また現在はEU全体が壊れてしまい、イタリアは余力がないので仕方ないがドイツはそう簡単ではないと思うと語られた。今回の件では国際的なモラルで中国が信頼するに足るかどうかのモラルが試されるなどと述べられた。一方6月ワシントンでG7の会合を開くとトランプ大統領が表明した直後にメルケル氏は行けないと言っていて気になったなどと語られた。


日本経済新聞電子版

また中国は世界の国々に対しては取り込み活動も行っていると語られた。石平氏によると、中国が一番困るのはG7が対中国で一致団結されることで、中国と経済的つながりが深い国と経済的な連携を深めることを確約する代わりに対中国阻止を目論んでいると指摘しているという。実際にドイツはフォルクスワーゲンが50%出資で資本合意したと発表したと語られた。フォルクスワーゲンは中国内シェア1位を保っているが、近年ではトヨタの猛追を受けているのだという。またイタリアは先月コンテ首相が習近平国家主席と電話で会談し、中国は一帯一路の一環として医療分野での国際協力を強化するとして衣料品を配ることで取り込みを図り、スペイン、チェコへも金銭や衣料品を配っていると伝えられた。一方でロイター通信はこの裏には中国の焦りがあると報じたという。また現在はEU全体が壊れてしまい、イタリアは余力がないので仕方ないがドイツはそう簡単ではないと思うと語られた。今回の件では国際的なモラルで中国が信頼するに足るかどうかのモラルが試されるなどと述べられた。一方6月ワシントンでG7の会合を開くとトランプ大統領が表明した直後にメルケル氏は行けないと言っていて気になったなどと語られた。


トヨタ

また中国は世界の国々に対しては取り込み活動も行っていると語られた。石平氏によると、中国が一番困るのはG7が対中国で一致団結されることで、中国と経済的つながりが深い国と経済的な連携を深めることを確約する代わりに対中国阻止を目論んでいると指摘しているという。実際にドイツはフォルクスワーゲンが50%出資で資本合意したと発表したと語られた。フォルクスワーゲンは中国内シェア1位を保っているが、近年ではトヨタの猛追を受けているのだという。またイタリアは先月コンテ首相が習近平国家主席と電話で会談し、中国は一帯一路の一環として医療分野での国際協力を強化するとして衣料品を配ることで取り込みを図り、スペイン、チェコへも金銭や衣料品を配っていると伝えられた。一方でロイター通信はこの裏には中国の焦りがあると報じたという。また現在はEU全体が壊れてしまい、イタリアは余力がないので仕方ないがドイツはそう簡単ではないと思うと語られた。今回の件では国際的なモラルで中国が信頼するに足るかどうかのモラルが試されるなどと述べられた。一方6月ワシントンでG7の会合を開くとトランプ大統領が表明した直後にメルケル氏は行けないと言っていて気になったなどと語られた。


フォルクスワーゲン

また中国は世界の国々に対しては取り込み活動も行っていると語られた。石平氏によると、中国が一番困るのはG7が対中国で一致団結されることで、中国と経済的つながりが深い国と経済的な連携を深めることを確約する代わりに対中国阻止を目論んでいると指摘しているという。実際にドイツはフォルクスワーゲンが50%出資で資本合意したと発表したと語られた。フォルクスワーゲンは中国内シェア1位を保っているが、近年ではトヨタの猛追を受けているのだという。またイタリアは先月コンテ首相が習近平国家主席と電話で会談し、中国は一帯一路の一環として医療分野での国際協力を強化するとして衣料品を配ることで取り込みを図り、スペイン、チェコへも金銭や衣料品を配っていると伝えられた。一方でロイター通信はこの裏には中国の焦りがあると報じたという。また現在はEU全体が壊れてしまい、イタリアは余力がないので仕方ないがドイツはそう簡単ではないと思うと語られた。今回の件では国際的なモラルで中国が信頼するに足るかどうかのモラルが試されるなどと述べられた。一方6月ワシントンでG7の会合を開くとトランプ大統領が表明した直後にメルケル氏は行けないと言っていて気になったなどと語られた。


フォルクスワーゲン・アレナ

ドイツブンデスリーガで鎌田大地が2試合連続ゴールを決めた。今季公式戦10点目となり、チームを勝利に導いた。大迫勇也は途中出場でチームは勝利するも活躍ならずとなった。首位のバイエルンはR・レヴァンドフスキ選手が躍動。