ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フォルクスワーゲン」の検索結果

「フォルクスワーゲン」に関連する情報 3931件中 1〜10件目

フォルクスワーゲン

午後の投資戦略を紹介。田中氏は「昨日と大きな変化はない。ワクチン接種が進んでアフターコロナを見据えた安心感が背景にあり、朝方は鉄道株などが値上がりした。戻りの伸びしろの期待感があることも要因。トヨタは世界的にはこの1か月フォルクスワーゲンと同様の動きが上がりつつある。日本では上げ幅が突出しており、6兆円ほどの超過リターンがあり、信用買い残は減っているため法人の金が流れている。背景にはESGがある。また、1万円に到達することが期待される指呼の間となっている。さらにトヨタの株主は46万人おり、市場心理のインパクトは大きい。」などと述べた。


トヨタ

午後の投資戦略を紹介。田中氏は「昨日と大きな変化はない。ワクチン接種が進んでアフターコロナを見据えた安心感が背景にあり、朝方は鉄道株などが値上がりした。戻りの伸びしろの期待感があることも要因。トヨタは世界的にはこの1か月フォルクスワーゲンと同様の動きが上がりつつある。日本では上げ幅が突出しており、6兆円ほどの超過リターンがあり、信用買い残は減っているため法人の金が流れている。背景にはESGがある。また、1万円に到達することが期待される指呼の間となっている。さらにトヨタの株主は46万人おり、市場心理のインパクトは大きい。」などと述べた。


レーザーテク

午前のマーケットを紹介。日経平均株価は55円安、ユニクロの既存店売上が1年ぶりマイナスとなり重石となったが、その後プラスに転じて一時上げ幅が200円となった。自動車・タイヤ・ハイテク株の上昇が目立つほか食品なども買い戻されている。現在のマーケットを紹介した。平野氏は「注目されていたFRBの経済報告は食品・接客などで強い数字が出たが、全体的には概ね変わらず市場の反応は限定的だった。欧州株も小幅高となったが、ドイツDAXは連日史上最高値を更新している。昨日の日経平均は朝に連日比249円安となった後188円高で高値圏で終わった。朝方に249円安になった際には前の2日間と合わせて584円安となり、前週の600円高を帳消しにした。その反動で今日は強い動きとなった。西武HDの大幅高が話題となったが、西武HDと京成電鉄はブラックロックを大量に買っている。JR東日本からはコロナ後の展開が始まっているように感じる。」などと話した。東証一部では現在7割近くが値上がり、ソフトバンクグループが反発、レーザーテクが9日続伸で連日上場来高値を更新中。

午後の投資戦略を紹介。田中氏は「昨日と大きな変化はない。ワクチン接種が進んでアフターコロナを見据えた安心感が背景にあり、朝方は鉄道株などが値上がりした。戻りの伸びしろの期待感があることも要因。トヨタは世界的にはこの1か月フォルクスワーゲンと同様の動きが上がりつつある。日本では上げ幅が突出しており、6兆円ほどの超過リターンがあり、信用買い残は減っているため法人の金が流れている。背景にはESGがある。また、1万円に到達することが期待される指呼の間となっている。さらにトヨタの株主は46万人おり、市場心理のインパクトは大きい。」などと述べた。


テスラ

昨日の東京株式市場でトヨタの株価が一時、前の週末に比べて92円高の9227円まで上昇し、約6年ぶりに時価総額が節目の30兆円を超えた。株価は上場来高値を4日連続で更新している。自動車の販売が好調な上、円安ドル高が追い風となり、今季2022年3月期の業績拡大に対する期待が先行した。世界の自動車株でトヨタの時価総額はアメリカのテスラには及ばないものの、世界の販売台数で首位を競うドイツのフォルクスワーゲンを7割程上回っている。(日本経済新聞)


フォルクスワーゲン

昨日の東京株式市場でトヨタの株価が一時、前の週末に比べて92円高の9227円まで上昇し、約6年ぶりに時価総額が節目の30兆円を超えた。株価は上場来高値を4日連続で更新している。自動車の販売が好調な上、円安ドル高が追い風となり、今季2022年3月期の業績拡大に対する期待が先行した。世界の自動車株でトヨタの時価総額はアメリカのテスラには及ばないものの、世界の販売台数で首位を競うドイツのフォルクスワーゲンを7割程上回っている。(日本経済新聞)


トヨタ

昨日の東京株式市場でトヨタの株価が一時、前の週末に比べて92円高の9227円まで上昇し、約6年ぶりに時価総額が節目の30兆円を超えた。株価は上場来高値を4日連続で更新している。自動車の販売が好調な上、円安ドル高が追い風となり、今季2022年3月期の業績拡大に対する期待が先行した。世界の自動車株でトヨタの時価総額はアメリカのテスラには及ばないものの、世界の販売台数で首位を競うドイツのフォルクスワーゲンを7割程上回っている。(日本経済新聞)


日本経済新聞

昨日の東京株式市場でトヨタの株価が一時、前の週末に比べて92円高の9227円まで上昇し、約6年ぶりに時価総額が節目の30兆円を超えた。株価は上場来高値を4日連続で更新している。自動車の販売が好調な上、円安ドル高が追い風となり、今季2022年3月期の業績拡大に対する期待が先行した。世界の自動車株でトヨタの時価総額はアメリカのテスラには及ばないものの、世界の販売台数で首位を競うドイツのフォルクスワーゲンを7割程上回っている。(日本経済新聞)

ブリヂストンの今季2021年12月期のヨーロッパ関連事業は、営業損益が2期ぶりに黒字に転じる見通し。前の期は新型コロナウイルス禍で販売が減少し、営業損益は176億円の赤字だった。構造改革が急務だったヨーロッパで汎用タイヤの販売本数を意図的に減らし、商品構成を改善させるほか、フランスの工場閉鎖により生産性が向上する。株価は今年に入って約4割上昇している。昨日は85円安の4806円で取引を終えている。(日本経済新聞)

レオパレス21は営業体制を抜本的に見直すことになっている。全国を7つのエリアに分けて、各地域の責任者に賃貸住宅の賃料設定等の権限を本部から移して収益管理を徹底する。施工不良問題を期に低迷する入居率の改善を目指し、債務超過の解消を急ぐ。(日本経済新聞)

ADワークスグループの2021年1月から6月期の連結経常利益が1年前から19倍にふくらみ、3億円強になる見通しであることが分かった。新型コロナウイルス禍からの回復に加え、都心にある中小オフィス等の売却も進んだ。(日本経済新聞)


クアンタムスケープ

12日の株価。レンタカーの「ハーツ・グローバル・HD」は急騰。サイバーセキュリティの「ノートンライフロック」は上昇。ソフトバンクグループが出資するオンライン保険の「レモネード」は1月から3月期の市場予想を下回り急落。フォルクスワーゲンが出資する「クアンタムスケープ」も大幅下落などと伝えた。


フォルクスワーゲン

12日の株価。レンタカーの「ハーツ・グローバル・HD」は急騰。サイバーセキュリティの「ノートンライフロック」は上昇。ソフトバンクグループが出資するオンライン保険の「レモネード」は1月から3月期の市場予想を下回り急落。フォルクスワーゲンが出資する「クアンタムスケープ」も大幅下落などと伝えた。


レモネード

12日の株価。レンタカーの「ハーツ・グローバル・HD」は急騰。サイバーセキュリティの「ノートンライフロック」は上昇。ソフトバンクグループが出資するオンライン保険の「レモネード」は1月から3月期の市場予想を下回り急落。フォルクスワーゲンが出資する「クアンタムスケープ」も大幅下落などと伝えた。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。