ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フランス通信社」の検索結果

「フランス通信社」に関連する情報 162件中 1〜10件目

「フランス通信社」に関連するイベント情報

東京五輪

東京五輪招致をめぐる贈賄の疑いで捜査を受けているJOCの竹田恒和会長は、きょうの会見で贈賄の疑いを否定した。会見は7分ほどで終了し、質問は受けつけなかった。質疑応答をしない理由は、フランス当局が調査中のためと説明された。竹田会長はフランス当局から捜査の一貫として、ヒアリングを受けたと認めた上で、贈賄の疑いを否定した。竹田会長はコンサルタント会社と契約する際の手続きで不正はなかったと説明した。この会社に支払った約2億円の一部が、当時IOC委員だったパパマッサタ氏に渡ったとされる疑惑については、国際陸上競技連盟の会長やその息子がいかなる関係があったことも知らなかったとした。

東京五輪招致をめぐる贈賄の疑いで捜査を受けているJOCの竹田恒和会長は、きょうの会見で贈賄の疑いを否定した。ブラック・タイディングス社との2億円余りの契約についてはロビー活動および関連情報の収集で、支払いは適切な価格であったとした。契約に関して、いかなる意思決定プロセスにも関与していないことや、コンサルティング会社と国際陸上競技連盟の会長や息子がいなかる関係にあったかも知らなかったとした。

東京五輪招致をめぐる贈賄の疑いで捜査を受けているJOCの竹田恒和会長は、きょうの会見で贈賄の疑いを否定した。フランス通信社が東京発の記事としてたった7分間の会見だったことや、質疑応答がなかったことを報じた。竹田会長をめぐる捜査は裁判所による予審の手続きに入るも裁判に至らない案件が全体の18%。フランス当局は竹田会長に簡単に事情聴取ができず捜査が長期化する可能性がある。


フランス通信社

各国首脳らの税金逃れの実態を暴いたパナマ文書の報道に参加した記者が爆殺された事件で、容疑者10人が逮捕された。このうち少なくとも8人がマルタ国籍だ。爆殺された記者は、マルタ政府首脳らの不正資金疑惑を報じていた。


フランス通信社

ラスベガスで銃乱射事件が発生。マンダレイ・ベイホテルの32階のスイートルームから直線距離400mのところにある野外ライブ会場を狙った犯行だ。容疑者はネバダ州ラスベガス出身の64最男性で、ホテルには先月28日から滞在。部屋からはライフルを含む23の銃器が発見されている。自宅を調べたところ、19の銃器と爆発物が押収されたという。現地の新聞は「ハンマーで窓を壊し殺害を仕掛けた」と報じた。犯行現場となった部屋は銃を持った悪魔の贅沢な隠れ家とされ、1泊500ドル、200平方メートル、65インチプラズマテレビと最新型サラウンド音響システムと紹介されている。アメリカは銃コレクターも多く、人口よりも拳銃数が多いと言われるほど。だが犯人は弟の話ではいままで狩りの趣味も銃器集めの趣味もなかったという。200万ドルほどの資産を持ち、定年退職まで不動産業や事業売却で儲かっていたという。自家用専用機2機も持つほど裕福だったようだ。専門家は「ネバダ州は全米で銃規制が最もゆるい地域。住所時の個人登録もない。これまで事件がなかったほうが不思議なくらいだ」とコメント。ハンマーで窓ガラスを割って花火にタイミングを合わせ狙って犯行に及んだのは分かりきっている。AFP通信によると、犯人は元会計士で定年者向けの閑静なゴルフコース付きの住宅街に一軒家を所有していたという。犯罪歴も宗教団体所属の記録もない。賭博愛好家で、個々数週間で1日1万ドルをギャンブルで複数回使用していたことがわかっている。弟の話では頻繁にポーカーに興じて高額配当を狙っていたことや、母親に歩行器を贈っていたことも判明。専門家による心理分析では、単独犯は社会的に影響や不安を与えることが目的の場合が多く、中でも銃撃犯は被害感や疎外感が強いタイプが多いという。イベント会場を標的にしたのは、自分の痕跡を社会に残すため。密集する場所を狙う傾向があるという。社会的不遇者はイベント参加者の幸せそうな様子が面白くなかったのではないかと推察。拡大自殺の一つだ。計画性について、犯罪者は実行までの間に検挙の危険性や犯行で失うものの大きさを考えることがほとんどの64歳という年齢を踏まえ、高齢となり抑制が外れ、体力的な問題も考えて実行に移す決断をしたのではないかと考えられる。社会的に金を持っていて仕事があっても他社評価でしか無く、自分の生活の中でのギャップや不満が蓄積していた場合がありうる。世間の評価や孤独感が埋められなかったのだろうか。ホテルとギャンブルで揉めていたという噂もある。大量殺害に至った目的は不透明だ。事件を受け、過激派組織イスラム国が「ISの兵士が実行した」と犯行声明を出しているが、警察当局は単独犯と断定している。テロ組織との関連や危険性に関する情報は一切ない。犯人が精神疾患だったのか怨恨だったのか、詳しく調べている最中だ。アメリカの報道でも宗教や政治思想は明かされていない。本人は自死の計画を立てていたことも推測される。専門家は「標的を見渡せ狙いやすい高い位置からの犯行だ。セミオートの自動小銃をフルオートに改造した可能性がある、密売ルートで入手したのではないか。射程400mは十分に可能なことだ」と説明。会場周辺は警戒していただろうが、400m先からの狙撃は考えなかっただろう。現場のセキュリティが上がると、中に入れなくなるため、入り口の警戒を強化していたはず。それよりも外からの攻撃では防ぎようがなく、非常に厳しい前例となってしまった。上から銃撃されるとどうしても直撃してしまう。よほど準備の段階で学習を重ねていたはずのため、十分に練られた犯行だ。現在犯人と同居人していた女性が東京にいるという。ホテルにチェックインしたときは一緒ではなかったらしい。警察は帰国後に事情を聞く予定だ。情報が入るかどうかは不明だ。トランプ大統領は「悪の仕業だ。我々の団結は悪によって打ち砕かれることはない」と声明を発表。今月4日にラスベガスを訪問するとしたが、銃規制については一切触れていない。今回犯行に使われたものは市販品の銃のため、ある意味殺傷能力が証明されてしまった以上購入者が増えることが予測される。東京五輪を控える日本でも。警備範囲を広げるだけでは不十分だということが印象づけられてしまった。


フランス通信社

AFPによると、陸上男子100m世界歴代2位のタイソン・ゲイはボブスレーに転身を考えているとのこと。ボブスレーは最高時速140キロ。助走が重要でスプリント力が要求される。2018年ピョンチャンオリンピックを目指すという。


フランス通信社

アメリカ・ニューヨーク中心部のマンハッタンで爆発があり29人が負傷した。現地当局は爆発について意図的に起こされたとみて調べを進めている。デブラシオ市長は事故ではないとの認識を示した。


フランス通信社

フランスで13日、統一地方選挙の決選投票が行われ、同時テロを受け支持を拡大していた極右政党はいずれの州でも第一党とならなかった。統一地方選挙は先週、1次投票が行われ、同時テロやシリアなどからの難民急増を受け、極右政党である国民戦線が最多得票となっていた。しかしAFP通信によると、13日に行われた決選投票では国民戦線はいずれの州でも第一党とならなかった。決選投票では政権与党の社会党を含む左派連合と最大野党の共和党が選挙協力し、候補を一本化するなどして国民戦線が票を伸ばさないよう働きかけを行ったという。


フランス通信社

ハワイのマウナケアの望遠鏡が物体を捉えた。日本時間午後3時すぎに地球に落下するという。以前スペイン南東部で謎の物体が落下して騒ぎになった。AFPによると、今月1週間の間にスペイン南東部で3つの物体が落下。調査した所、ロケットの補助燃料タンクや衛星の破片の一部である可能性があることがわかった。宇宙ゴミは秒速7キロメートルの速度でまわっている。2011年にはアメリカ・ドイツの衛星が落下したが人への影響は聞いていない。物体はWT1190Fと名付け、直径2m未満でロケットの一部などの人工物の可能性が指摘されている。地上に落下した場合スリランカの南端の海に落下する話もある。


フランス通信社

今月7日新聞社襲撃事件発生後デュードネ氏を含め少なくても54人が逮捕されていた。フランスではホロコーストの経験からヘイトスピーチを法律で禁止している。ただ宗教については自由に発言することを尊重している。フランスのトビラ法務省は事件を受けて、ヘイトスピーチの取り締まりを厳格化するように指示。AFP通信は「フランスの表現の自由は2重基準だ」とのネット上の批判を紹介している。風刺画をよく掲載する、週刊誌カナール・アンシェネは翌日に次はお前だなどと書かれた電子メールが届いていたことを明らかにした。


シャルリー

各国首脳も参加した370万人デモについて伝えた。デモ行進の最前列にはオランド大統領の姿、また各国首脳も腕を組み並んでいた。「民主主義や自由の価値を示すためすべてのフランス人は集まって欲しい」とオランド大統領がデモを呼びかけたとデモの概要を解説した。フランス通信社によるとナチス・ドイツから解放された時以来の規模とのこと。呼びかけに応じ、パリに来たがデモ行進に参加しなかった国もあった。


フランス通信社

各国首脳も参加した370万人デモについて伝えた。デモ行進の最前列にはオランド大統領の姿、また各国首脳も腕を組み並んでいた。「民主主義や自由の価値を示すためすべてのフランス人は集まって欲しい」とオランド大統領がデモを呼びかけたとデモの概要を解説した。フランス通信社によるとナチス・ドイツから解放された時以来の規模とのこと。呼びかけに応じ、パリに来たがデモ行進に参加しなかった国もあった。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (162)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (3)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (159)