ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フルトン魚市場」の検索結果

「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報 17件中 1〜10件目

「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

シマスズキ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

ストライプバス

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。

そして、ストライプバスの調理に入るデレクさん。魚の皮に切れ目を入れると村田さんは、切れ目を入れないと噛み切れないと説明。師匠から学んだ和食の基本だ。さらに、デレクさんが菊乃井で学んだ技”油焼き”をすると、村田さんがアドバイスをした。魚は大きいまま焼いた方が脂や旨味を閉じ込めることができ、より美味しいという。そして、デレクさんの包丁使いを見た村田さんは、アメリカ人でハモの骨切りできる人はそうはいないと話し、どんなことがあってもくじけない人は1人でもできるようになるとコメントした。そして、村田さんは、和食を広めようとする心意気に太鼓判な様子をみせ、デレクさんは、恥ずかしいところもあったかもしれないけど、大将がいいヒントを言ってくれて嬉しいとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

シマアジ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

コハダ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

穴子

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

新子

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

イワシ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

キス

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

アジ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「フルトン魚市場」に関連するグルメ情報

サバ

原口さんは米国で長年、魚の卸売に携わってきた魚の目利き。この日、午前3時から築地市場に次ぐ世界2位の規模を誇るニューヨーク市内のフルトン魚市場で、日本にはいない、大きなサバのようなブルーフィッシュを見せながら、これを出しているレストランはなかなかニューヨークにはないと話す。米国内で圧倒的な人気なのはサーモンやマグロで、しかも消費される魚の約9割は輸入に頼る。原口さんは敢えて地元産の新鮮な魚を選び、それが店の強みになっている。