ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フルトン魚市場」の検索結果

「フルトン魚市場」に関連するその他の情報 7件中 1〜7件目

フルトン魚市場

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


日本料理アカデミー

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


フルトン魚市場

ニューヨーク市ブルックリンにある「YUJI RAMEN」は行列のできる店として有名店。だしは魚のみを使い旨味を増すために酒粕を隠し味に。肉を使わないことにこだわったラーメンがベジタリアンなど健康志向の高いニューヨークで大人気。しかし原口さんはラーメン店に勤めた経験はなかった。マグロとの出会いは10年前。ニューヨークで魚の卸に従事していた原口さんはそこでボストンマグロの美味しさを知った。そこで骨が捨てられていくのを見て、一念発起した原口さんは独学でラーメン作りに取り組み完成させた。原口さんは日本でも展開していきたいなどとコメント。先月その思いが実現。新横浜ラーメン博物館に出店。多い日は600杯も出るなど絶妙な味わいが日本でも受け入れられたよう。専門家によると今の注目は逆輸入ラーメンとのこと。


築地市場

原口さんは米国で長年、魚の卸売に携わってきた魚の目利き。この日、午前3時から築地市場に次ぐ世界2位の規模を誇るニューヨーク市内のフルトン魚市場で、日本にはいない、大きなサバのようなブルーフィッシュを見せながら、これを出しているレストランはなかなかニューヨークにはないと話す。米国内で圧倒的な人気なのはサーモンやマグロで、しかも消費される魚の約9割は輸入に頼る。原口さんは敢えて地元産の新鮮な魚を選び、それが店の強みになっている。


フルトン魚市場

原口さんは米国で長年、魚の卸売に携わってきた魚の目利き。この日、午前3時から築地市場に次ぐ世界2位の規模を誇るニューヨーク市内のフルトン魚市場で、日本にはいない、大きなサバのようなブルーフィッシュを見せながら、これを出しているレストランはなかなかニューヨークにはないと話す。米国内で圧倒的な人気なのはサーモンやマグロで、しかも消費される魚の約9割は輸入に頼る。原口さんは敢えて地元産の新鮮な魚を選び、それが店の強みになっている。


フルトン魚市場

アメリカ人が行列を作る焼き魚の店について特集する。ブルックリンにある「OKONOMI」には行列ができている様子が伝えられた。人気メニューは「焼き魚定食」だと伝えた。フルトン魚市場は世界第二位の規模の魚市場で、店の店主の原口雄継さんは魚の目利きができるのでここで仕入れていると伝えた。店では夜には「OKONOMI醤油ラーメン」などのラーメンを販売していると伝えた。


フルトン魚市場

9月、営業を終えた中澤は真夜中の魚市場「フルトン魚市場」へ向った。開店以来、常に新たな素材を求めてきたが問題となるのはいつも鮮度である。スズキに似ているブルーフィッシュをみつけた中澤は、少しだけ仕入れてみたが結局客に出せる質ではなかった。中澤には、看板メニューに育て上げた自慢のネタがある。鰹からヒントを得た、サーモンのスモークである。