ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ブレインクリニ」の検索結果

「ブレインクリニ」に関連する情報 3件中 1〜3件目

ブレインクリニック東京

今年2月に開業した発達障害専門のクリニックでは、開業から既に500人以上が診察に訪れ、現在予約で1ヶ月待ちの状態、連休中も多くの人が訪れている。発達障害とは先天性の脳機能に関する発達の偏りなどによる障害の事で、社会生活などに困難を感じる。現在、大人の発達障害は増加傾向にあり、その背景として昔は認識されず一人で悩んでいたものが、認識が広がり自ら診察を受ける人が増えた事がある。また著名人の中にも発達障害を公表する人が増えている。ADHDを公表した小島さんは40歳の時に発達障害と診断されたが、症状について周囲の理解が得られず苦しんでいた。夫は症状を理解しようとしてくれ、小島さんは困っている事や要望などを伝えるようにしているという。

発達障害についてのトーク。発達障害と分かれば良いが、わからないとなぜこれが出来ないのかとケンカになってしまうと語られた。「改めて線引きというか正しい理解が必要だと思いますよね」「非常に難しいと思いました」などと述べられ、分かると逆に夫婦仲が良くなるケースもあるなどと語られた。発達障害について、生まれつき脳の一部に機能障害があることで大きく分けて3種類あり薬物療法やトレーニングなどはあるが根本的に直すことは出来ないと説明された。発達障害は多くの人に当てはまることもあり、特性であるため強く出た時に社会的に問題が出た時が線引きとなるという。3種の発達障害のそれぞれの特徴が説明され、日本人のおよそ5%から6%は生まれつきに発達障害があり男性の方が多いと語られた。また苦労しながら適応している隠れ発達障害者も多いという。発達障害という言葉が良くないという意見が出て、障害とするか個性とするか議論されていると述べられた。また社会が高度に複雑化しているため障害という概念が生まれただけで昔はこれでもやっていけたのではないかという意見が出た。最近は有名人も発達障害を公表している。学習障害は子供の頃に明らかになる場合が多いが、他の2種類は大人になってから発覚することが多くADHDは特に多いと語られた。


ブレインクリニック東京

東大生が小学生の時にやっていた習い事ランキング第1位はスイミング。全体で31%なのに対し、東大生は60%。水中での活動が算数の図形問題を解くのに生きる脳の空間認知機能を鍛えるという。


ブレインクリニック東京

寝る前にはスマホの画面は見ない方が良い。スマホのブルーライトが脳を覚醒させて寝付きを悪くさせるだけでなく、SNSなどを見て興味がわき脳を覚醒させてしまうという。

しっかりと睡眠を取りたい時は、湯船は肩まで浸からない方が良い。心臓から上を温めると交感神経が高まり、脳に刺激を与える可能性があるという。

日本人の5割以上がイビキをかいている。イビキは細いストローで風船を膨らませるような非常に激しい運動をしている状態のため、眠っているのに披露が蓄積されていくという。仰向けで寝ると気道が狭くなりイビキをかきやすくなるため、横向きに寝ると良い。左向きだと心臓の拍動を感じやすいため、右向きがオススメ。また抱きまくらを使うと体勢が安定し、寝返りをうっても横向きをキープしやすい。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (3)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3)