ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「プラグイン・ハイブリッド車」の検索結果

「プラグイン・ハイブリッド車」に関連する情報 478件中 1〜10件目

スカパー

気象庁と連携して防災情報を配信しているベンチャー企業のゲヒルンはきょう、新たな災害対策車を発表した。三菱自動車のプラグインハイブリッド車にスカパーの平面アンテナを搭載することで、災害が起きて電力や通信が寸断された際も、車体から電源供給が可能になるほか、ネットへの接続も可能となる。来年2月からの運用開始となる。


アウトランダーPHEV

気象庁と連携して防災情報を配信しているベンチャー企業のゲヒルンはきょう、新たな災害対策車を発表した。三菱自動車のプラグインハイブリッド車にスカパーの平面アンテナを搭載することで、災害が起きて電力や通信が寸断された際も、車体から電源供給が可能になるほか、ネットへの接続も可能となる。来年2月からの運用開始となる。


三菱自動車

気象庁と連携して防災情報を配信しているベンチャー企業のゲヒルンはきょう、新たな災害対策車を発表した。三菱自動車のプラグインハイブリッド車にスカパーの平面アンテナを搭載することで、災害が起きて電力や通信が寸断された際も、車体から電源供給が可能になるほか、ネットへの接続も可能となる。来年2月からの運用開始となる。


ゲヒルン

気象庁と連携して防災情報を配信しているベンチャー企業のゲヒルンはきょう、新たな災害対策車を発表した。三菱自動車のプラグインハイブリッド車にスカパーの平面アンテナを搭載することで、災害が起きて電力や通信が寸断された際も、車体から電源供給が可能になるほか、ネットへの接続も可能となる。来年2月からの運用開始となる。


日本経済新聞

中国政府は2025年に電気自動車やプラグインハイブリッド車などの新エネルギー車が新車販売に占める割合を、従来の計画から20→25%に引き上げる。また、2035年に向けてこの分野の中核技術で世界でリードすることを目標に掲げた。さらに2025年までに特定の場所での自動運転を実現することも盛り込んだ。(日本経済新聞)

政府が若手研究者の支援のためにおよそ500億円の基金を新設し、最長10年間にわたって年700万円を支援する。科学技術分野を中心に700人程度を3年間で集中的に選抜する。若手研究者の将来性を買って支援する仕組みは、大胆な発想の研究や新分野への挑戦の後押しになると期待されている。(日本経済新聞)

「じゃらん」「ホットペッパー」などを手掛けるリクルートHDは、宿泊や飲食の予約などで直接競合するだけでなく、決済サービスへの影響も懸念される。旅行や飲食店の予約などの分野でヤフー・LINE連合のスーパーアプリが誕生し、消費者が利用するようになれば、リクルートHDの利用者が減る可能性もある。キャッシュレス決済の「エアペイ」「PayPay」の間での消費者の決済情報をめぐる戦いも幕があがることとなる。(日本経済新聞)


日本経済新聞

中国政府は、2025年に、電気自動車やプラグインハイブリッド車など、中国の新エネ車が、新車販売に占める比率を25%と、従来から引き上げるという。


朝日新聞

国交省と経産省は昨日、自動車の燃費規制を厳しくする新たな基準案をまとめた。2030年度を目標とし1リットルあたり平均25.4キロ以上になるよう自動車メーカーに義務付ける。燃費規制について、メーカーは出荷した台数の平均で達成する必要があり、電気自動車も火力発電所などで必要な電気をつくる際にはCO2を輩出しているため新基準では、発電所の効率などに基づいた専用の計算式を用いることで電気自動車とプラグインハイブリッド車でもガソリン1リットルあたりの走行距離を算出、ガソリン車と同じ基準で比べられるようにする。(朝日新聞)


日本経済新聞

自動車燃費規制が、2030年度までに2020年度目標からさらに3割の改善を義務付ける方針。現在主にガソリン車やHV車を規制対象としているが、新たに電気自動車も加える事にしている。新たな燃費規制の達成に向けて、電気自動車とプラグインハイブリッド車を20%〜30%まで高め、従来のガソリン車を2017年度時点で63%であるのを30%〜50%へ下げる構え。世界で燃費規制の検討が進んでいるが、日本でも今後メーカーに対し、一層の技術革新と販売車種の見直しを迫ることになる。電気自動車については、1km走行するのに電力をどれだけ消費しているのかを示す電費という考え方・数値を導入して性能の向上を促すそうだ。(日本経済新聞)

アメリカによるイラン産原油の全面禁輸措置を受け、NY原油先物は約半年振りの高値を付けた。価格上昇を見越した投機マネーも流入。原油高には複合的な要因があり、供給懸念のほか、需要回復や投機マネーと上昇圧力が強まる中、大型連休を控え、ガソリン価格は1年前と比べ3〜4%上回り、家計に影響している。(日本経済新聞)

中国最大手のカフェチェーンが23日、ナスダック市場に上場申請を届け出た。ラッキンコーヒーは中国本土でスターバックスと激しいシェア争いを繰り広げている。ラッキンコーヒーは2杯購入すれば、もう1杯を無料とする拡販セールを武器に人気を集めている。ITOで調達した資金は新規出店や店舗のシステム開発などに充てられるとみられる。(日本経済新聞)


江淮自動車

きょう中国上海で上海モーターショーが行われ、注目が高まったのは電気自動車、トヨタは中国市場での電気自動車を初めて発表、三菱自動車はプラグインハイブリッド車を披露した。中国では去年約120万台の新エネルギー車を販売、世界の電気自動車の半分が中国で走っており、無視できない市場となっている。深?では公共バスやタクシーがほぼ全て電気自動車になっている。中国政府は電気自動車を販売する企業に対して多額の補助金をだしていて、国も普及の後押しをしている。さらに今年から一定割合の新エネルギー車の生産・販売をメーカーに義務付けられたため、日本のメーカーも電気自動車を投入せざるを得ない。中国は政府が電気自動車の育成を進めた結果、国内メーカー数十社が乱立している状態になっていて、国内メーカーに支給されてきた補助金は来年末に終了する予定とのこと。


三菱自動車

きょう中国上海で上海モーターショーが行われ、注目が高まったのは電気自動車、トヨタは中国市場での電気自動車を初めて発表、三菱自動車はプラグインハイブリッド車を披露した。中国では去年約120万台の新エネルギー車を販売、世界の電気自動車の半分が中国で走っており、無視できない市場となっている。深?では公共バスやタクシーがほぼ全て電気自動車になっている。中国政府は電気自動車を販売する企業に対して多額の補助金をだしていて、国も普及の後押しをしている。さらに今年から一定割合の新エネルギー車の生産・販売をメーカーに義務付けられたため、日本のメーカーも電気自動車を投入せざるを得ない。中国は政府が電気自動車の育成を進めた結果、国内メーカー数十社が乱立している状態になっていて、国内メーカーに支給されてきた補助金は来年末に終了する予定とのこと。


検索結果の絞り込み