ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 29374件中 1〜10件目

川崎重工業

二輪車大手が国内の車種を2022年末末までに1割削減する。ホンダやヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の大手4社で、約190車種の内20車種前後を廃止する。ヨーロッパ並の厳しい排ガス規制が10月にも既存の車種にも適用されるためで人気モデルも含めて販売を打ち切る。四輪車に続き二輪車でも電動シフトが進む。


SUZUKI

二輪車大手が国内の車種を2022年末末までに1割削減する。ホンダやヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の大手4社で、約190車種の内20車種前後を廃止する。ヨーロッパ並の厳しい排ガス規制が10月にも既存の車種にも適用されるためで人気モデルも含めて販売を打ち切る。四輪車に続き二輪車でも電動シフトが進む。


ヤマハ発動機

二輪車大手が国内の車種を2022年末末までに1割削減する。ホンダやヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の大手4社で、約190車種の内20車種前後を廃止する。ヨーロッパ並の厳しい排ガス規制が10月にも既存の車種にも適用されるためで人気モデルも含めて販売を打ち切る。四輪車に続き二輪車でも電動シフトが進む。


HONDA

二輪車大手が国内の車種を2022年末末までに1割削減する。ホンダやヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の大手4社で、約190車種の内20車種前後を廃止する。ヨーロッパ並の厳しい排ガス規制が10月にも既存の車種にも適用されるためで人気モデルも含めて販売を打ち切る。四輪車に続き二輪車でも電動シフトが進む。


エリクシール

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。


大阪茨木工場

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。


福岡久留米工場

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。


資生堂

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。


熊本工場

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。


ホンダ

円安は1998年などにも訪れていたが、2015年の円安を転換期に考えていたのはパナソニックで家電の約40機種を国内生産に切り替えるとともに、日本製をアピールしてブランド力強化を目指した。17年にもホンダが国内向けのスーパーカブの工場を熊本工場で作るようになった。資生堂は3年で国内工場を新たに3箇所造り、円安の追い風を受けて輸出強化を目指すが、福岡・久留米では最先端の設備が導入されるとともに地元のスタッフを活用し茨木工場は甲子園2個分という規模が特徴だが、為替リスクがあっても国内を基本にしたいと社長は話している。専門家は為替の変動リスクに強く、安定供給力も担保されるが、やメイドインジャパンのブランドや国内に雇用を生み出すという効果も期待される。人件費の問題もあるが国内消費をプラスにできるのは良い流れだと評価している。しかし、今後は日本のブランドに価値をもたせ続けることが課題となる。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。