ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 23627件中 1〜10件目

「ホンダ」に関連するイベント情報

F1オーストリアGP

4ヶ月遅れで始まった異例のシーズンは、レッドブル・ホンダがマシントラブルを起こすなどリタイアが続出した。メルセデスのボッタスが初戦を飾った。


レッドブルリンク

4ヶ月遅れで始まった異例のシーズンは、レッドブル・ホンダがマシントラブルを起こすなどリタイアが続出した。メルセデスのボッタスが初戦を飾った。


TVer

「新・日本男児と中居」はTVerで無料配信!「ティーバー」検索。


ユニクロ

現在発売中のユニクロのTシャツ3種類がスタジオに登場。「このTシャツの中で流行しそうなのは?」とのクイズが出題された。正解はAのピカチュウのTシャツ。現代アーティストのダニエル・アーシャムがデザインを手掛けている。彼の作品は半世紀1世紀かけて値段が上がるだろうと言われていて、今日の世界を未来の考古学者の視点から見る作風だという。このTシャツは1000年後にピカチュウがこういう風に発掘されるというデザインになっている。


ユニクロ

現在発売中のユニクロのTシャツ3種類がスタジオに登場。「昨年発売したカウズとのコラボTシャツばりに流行るかもしれないのは一体どれ?」とのクイズが出題された。


富士

ホンダのスピードスター・野尻智紀は5歳でカートを始めた。2006年、17歳で全日本カート選手権でチャンピオンに。2007年、ヨーロッパ選手権などに参戦したが世界では通用しなかった。しかし野尻は自分に自身を持っていた。2008年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業し、2011年には全日本F3選手権(Nクラス)に、2012年には全日本F3選手権に参戦する。金石勝智は「タイヤの使い方は秀でていた」などとコメント。そんな野尻だが速さへの自信が慢心となり勝てないレースが続いた。2013年の全日本F3選手権からは貪欲に速さを追い求め、2014年には努力と熱意がホンダに届き「SUPER GT GT300」のチャンピオンチームに抜擢された。人生初となるGTマシンは苦労の連続だった。第6戦鈴鹿の予選、野尻は「ベストを出したらポール取れる」と思っていたが結果は二番手。ポールポジションを獲得したチームは野尻と同じマシン、同じタイヤを使っていた。野尻は「負けを突きつけられた」などと話した。その後GTの走らせ方を習得しようとするひたむきな姿をホンダは見ており、翌年「SUPER GT GT500」に大抜擢された。不安を抱える中迎えたGT500デビューの開幕戦は雨だった。レースで野尻はコースオフ、重圧を跳ね返すことはできなかった。野尻は「GTレースの進め方を教わった」などと話した。2017年第4戦SUGOでついに初のポールポジションを手にした。自信は野尻を覚醒させ、第5戦でもポールポジションを獲得した。決勝でも仕事を果たし「SUPER GT」初勝利となった。現在ホンダの現役ドライバー最多となるポールポジション5回を獲得している。2020年、新たなパートナーに福住仁嶺を迎えた。


SUGO

ホンダのスピードスター・野尻智紀は5歳でカートを始めた。2006年、17歳で全日本カート選手権でチャンピオンに。2007年、ヨーロッパ選手権などに参戦したが世界では通用しなかった。しかし野尻は自分に自身を持っていた。2008年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業し、2011年には全日本F3選手権(Nクラス)に、2012年には全日本F3選手権に参戦する。金石勝智は「タイヤの使い方は秀でていた」などとコメント。そんな野尻だが速さへの自信が慢心となり勝てないレースが続いた。2013年の全日本F3選手権からは貪欲に速さを追い求め、2014年には努力と熱意がホンダに届き「SUPER GT GT300」のチャンピオンチームに抜擢された。人生初となるGTマシンは苦労の連続だった。第6戦鈴鹿の予選、野尻は「ベストを出したらポール取れる」と思っていたが結果は二番手。ポールポジションを獲得したチームは野尻と同じマシン、同じタイヤを使っていた。野尻は「負けを突きつけられた」などと話した。その後GTの走らせ方を習得しようとするひたむきな姿をホンダは見ており、翌年「SUPER GT GT500」に大抜擢された。不安を抱える中迎えたGT500デビューの開幕戦は雨だった。レースで野尻はコースオフ、重圧を跳ね返すことはできなかった。野尻は「GTレースの進め方を教わった」などと話した。2017年第4戦SUGOでついに初のポールポジションを手にした。自信は野尻を覚醒させ、第5戦でもポールポジションを獲得した。決勝でも仕事を果たし「SUPER GT」初勝利となった。現在ホンダの現役ドライバー最多となるポールポジション5回を獲得している。2020年、新たなパートナーに福住仁嶺を迎えた。


「ホンダ」に関連するイベント情報

全日本F3選手権(Nクラス)

ホンダのスピードスター・野尻智紀は5歳でカートを始めた。2006年、17歳で全日本カート選手権でチャンピオンに。2007年、ヨーロッパ選手権などに参戦したが世界では通用しなかった。しかし野尻は自分に自身を持っていた。2008年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業し、2011年には全日本F3選手権(Nクラス)に、2012年には全日本F3選手権に参戦する。金石勝智は「タイヤの使い方は秀でていた」などとコメント。そんな野尻だが速さへの自信が慢心となり勝てないレースが続いた。2013年の全日本F3選手権からは貪欲に速さを追い求め、2014年には努力と熱意がホンダに届き「SUPER GT GT300」のチャンピオンチームに抜擢された。人生初となるGTマシンは苦労の連続だった。第6戦鈴鹿の予選、野尻は「ベストを出したらポール取れる」と思っていたが結果は二番手。ポールポジションを獲得したチームは野尻と同じマシン、同じタイヤを使っていた。野尻は「負けを突きつけられた」などと話した。その後GTの走らせ方を習得しようとするひたむきな姿をホンダは見ており、翌年「SUPER GT GT500」に大抜擢された。不安を抱える中迎えたGT500デビューの開幕戦は雨だった。レースで野尻はコースオフ、重圧を跳ね返すことはできなかった。野尻は「GTレースの進め方を教わった」などと話した。2017年第4戦SUGOでついに初のポールポジションを手にした。自信は野尻を覚醒させ、第5戦でもポールポジションを獲得した。決勝でも仕事を果たし「SUPER GT」初勝利となった。現在ホンダの現役ドライバー最多となるポールポジション5回を獲得している。2020年、新たなパートナーに福住仁嶺を迎えた。


鈴鹿サーキットレーシングスクール

ホンダのスピードスター・野尻智紀は5歳でカートを始めた。2006年、17歳で全日本カート選手権でチャンピオンに。2007年、ヨーロッパ選手権などに参戦したが世界では通用しなかった。しかし野尻は自分に自身を持っていた。2008年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業し、2011年には全日本F3選手権(Nクラス)に、2012年には全日本F3選手権に参戦する。金石勝智は「タイヤの使い方は秀でていた」などとコメント。そんな野尻だが速さへの自信が慢心となり勝てないレースが続いた。2013年の全日本F3選手権からは貪欲に速さを追い求め、2014年には努力と熱意がホンダに届き「SUPER GT GT300」のチャンピオンチームに抜擢された。人生初となるGTマシンは苦労の連続だった。第6戦鈴鹿の予選、野尻は「ベストを出したらポール取れる」と思っていたが結果は二番手。ポールポジションを獲得したチームは野尻と同じマシン、同じタイヤを使っていた。野尻は「負けを突きつけられた」などと話した。その後GTの走らせ方を習得しようとするひたむきな姿をホンダは見ており、翌年「SUPER GT GT500」に大抜擢された。不安を抱える中迎えたGT500デビューの開幕戦は雨だった。レースで野尻はコースオフ、重圧を跳ね返すことはできなかった。野尻は「GTレースの進め方を教わった」などと話した。2017年第4戦SUGOでついに初のポールポジションを手にした。自信は野尻を覚醒させ、第5戦でもポールポジションを獲得した。決勝でも仕事を果たし「SUPER GT」初勝利となった。現在ホンダの現役ドライバー最多となるポールポジション5回を獲得している。2020年、新たなパートナーに福住仁嶺を迎えた。


「ホンダ」に関連するイベント情報

ワールドカップKF1

ホンダのスピードスター・野尻智紀は5歳でカートを始めた。2006年、17歳で全日本カート選手権でチャンピオンに。2007年、ヨーロッパ選手権などに参戦したが世界では通用しなかった。しかし野尻は自分に自身を持っていた。2008年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業し、2011年には全日本F3選手権(Nクラス)に、2012年には全日本F3選手権に参戦する。金石勝智は「タイヤの使い方は秀でていた」などとコメント。そんな野尻だが速さへの自信が慢心となり勝てないレースが続いた。2013年の全日本F3選手権からは貪欲に速さを追い求め、2014年には努力と熱意がホンダに届き「SUPER GT GT300」のチャンピオンチームに抜擢された。人生初となるGTマシンは苦労の連続だった。第6戦鈴鹿の予選、野尻は「ベストを出したらポール取れる」と思っていたが結果は二番手。ポールポジションを獲得したチームは野尻と同じマシン、同じタイヤを使っていた。野尻は「負けを突きつけられた」などと話した。その後GTの走らせ方を習得しようとするひたむきな姿をホンダは見ており、翌年「SUPER GT GT500」に大抜擢された。不安を抱える中迎えたGT500デビューの開幕戦は雨だった。レースで野尻はコースオフ、重圧を跳ね返すことはできなかった。野尻は「GTレースの進め方を教わった」などと話した。2017年第4戦SUGOでついに初のポールポジションを手にした。自信は野尻を覚醒させ、第5戦でもポールポジションを獲得した。決勝でも仕事を果たし「SUPER GT」初勝利となった。現在ホンダの現役ドライバー最多となるポールポジション5回を獲得している。2020年、新たなパートナーに福住仁嶺を迎えた。