ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ポルシェ」の検索結果

「ポルシェ」に関連する情報 3789件中 1〜10件目

ポルシェ

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


ポルシェ

九死に一生! 防犯カメラ&ドラレコ編 BEST9 3位は「給油中に…信じられない出来事!」。給油中に見知らぬ男が給油ホースを抜いてライターにガソリンをつける瞬間の映像。


ポルシェ

元読者モデルで現在2児の母の大野さんを紹介。ラボグロウンダイヤモンドと出会い成功したという。ラボグロウンダイヤモンドは採掘せずに人工的に作るため環境に優しい最先端ジュエリーとして注目されており、天然のダイヤモンドと同じ品質で価格は半分程度だという。大野さんはラボグロウンダイヤモンドのジュエリーデザイナーとして活躍している。元は広告代理店の経営者をしており、その中でラボグロウンダイヤモンドと出会い、魅力を広めるために会社の設立を決意した。友人の真弓さんもラボグロウンダイヤモンドのジュエリーを売る社長で、彼女の下でマーケティングからプロモーションまで一から勉強したという。また、より広く販売するために実店舗ではなくネットでジュエリーを販売し、読者モデル時代のSNSのフォロワーの間で話題となり現在は年商高級車4台分を稼いでいるという。出演者らは「輝きも本物と遜色ない。人工ダイヤの存在は知っていたがこんなに盛んだとは思わなかった。」などとコメントした。


アワーグラス 銀座店

2週間後。大野さんが欲しかったモノが届く日だ。今日はポルシェパナメーラ パナメーラプラチナエディション納車の日だ。1530万円だという。井戸田はポルシェに乗せてもらい、銀座のアワーグラス 銀座店に連れて行ってもらった。予約していた時計が入荷されたのだという。ヒント2は身につけるモノを販売。大野さんはパテックフィリップを購入した。194万円だという。


ポルシェパナメーラ パナメーラプラチナエディション

2週間後。大野さんが欲しかったモノが届く日だ。今日はポルシェパナメーラ パナメーラプラチナエディション納車の日だ。1530万円だという。井戸田はポルシェに乗せてもらい、銀座のアワーグラス 銀座店に連れて行ってもらった。予約していた時計が入荷されたのだという。ヒント2は身につけるモノを販売。大野さんはパテックフィリップを購入した。194万円だという。


ポルシェ

2週間後。大野さんが欲しかったモノが届く日だ。今日はポルシェパナメーラ パナメーラプラチナエディション納車の日だ。1530万円だという。井戸田はポルシェに乗せてもらい、銀座のアワーグラス 銀座店に連れて行ってもらった。予約していた時計が入荷されたのだという。ヒント2は身につけるモノを販売。大野さんはパテックフィリップを購入した。194万円だという。


パテックフィリップ

今回は、元読者モデルで現在2児の母。29歳のサクセス社長。女性が好きな最先端のあるモノに着目し、年商は高級車4台分。東京・表参道のカフェで待ち合わせ。井戸田潤は待ち合わせ場所で大野詩織さんを発見した。大野さんは全身エルメスコーデだ。まず、やって来たのは都内のタワーマンションだ。インターフォンを押すと部屋の中からお手伝いさんが出て来て中に入れてくれた。中には、大野さんの友人の河村真弓さんがいた。いつもランチを御馳走してくれるのだという。今日は河村さんの専属のシェフがランチを作ってくれるのだという。しかし、大野さんの目的はこのランチだけではなかった。大野さんの目的はジュエリーのショッピングだ。ヒント1はキラキラしたものが大好き。大野さんは友人のジュエリーを即買いした。大野さんの日課はエルメスの商品をチェックする事だという。井戸田が待つ間、大野さんはエルメスのブレスレット等426万円を購入した。大野さんの財布の中身をチェックすると、マザー牧場のわんわんバスやゴールドカード等が入っていた。大野さんには井戸田に後日、見て欲しいモノがあるのだという。

2週間後。大野さんが欲しかったモノが届く日だ。今日はポルシェパナメーラ パナメーラプラチナエディション納車の日だ。1530万円だという。井戸田はポルシェに乗せてもらい、銀座のアワーグラス 銀座店に連れて行ってもらった。予約していた時計が入荷されたのだという。ヒント2は身につけるモノを販売。大野さんはパテックフィリップを購入した。194万円だという。


ポルシェ

福井県の工事現場。土地を切り開き、新たなバイパスを建設中で現在は地盤を盛り上げる盛り土工事が行われている。この現場で使われているのがシート状の物体。1988年に開発された盛り土の補強材「アデム」。繊維なので軽量で施工しやすいのが特徴。盛り土の間に「アデム」を挟むことで、地盤を堅固なものにする。。以前は鋼の補強材を挟むのが主流だったが、「アデム」は腐食しづらいため、今や道路工事に欠かせない製品。福井県・坂井市に土木資材に繊維を使用したパイオニアの前田工繊が。1918年創業。従業員約1200人の老舗企業。2021年9月期売上は430億円超、純利益は45億円にのぼる。主な事業は土木工事向け資材の製造販売。護岸工事やコンクリート建物の補強などに使われている。アラミド繊維は防弾チョッキなどに使われる特殊繊維で「アデム」の中心に埋め込まれている。これにより、従来の鋼を使った補強材の約7倍の強さを誇る。「アデム」を使った盛り土は東日本大震災のときにも崩れなかった。もともとは繊維メーカーだった前田工繊。土木産業に参入したきっかけが排水剤。排水剤とは壁や道路の中に入れることで、水はけをよくする製品。排水剤と「アデム」の土木資材が主軸となり、高速道路の建設ラッシュなど時代の流れに乗って、売上は右肩上がり。兵庫県にある太田工業から事業承継が難しいという相談を受けた。太田工業は汚れた水の拡散を防ぐフェンスの製造販売を行っていた。元々は一部地域でしか売れてなかったが、前田工繊は全国にいる自らの顧客に売ることが出来ると考え、子会社化した。以降、現在まで16社のM&Aを行い、買収先の縫製技術と組み合わせ新たな事業の展開も進む。2013年自動車ホイールブランドBBSジャパンを子会社化。BBSジャパンのアルミホイールは高品質でベンツやポルシェなどで採用され、前田工繊は経営改善の余地があると判断し、約56億円で買収した。最新ロボットや大型プレス機など60億円以上の設備投資を行っている。今年からF1の統一ホイールに4年間独占供給が決まり、前田工繊が関わってからの売上は100億円以上と倍増している。M&Aの対象はモノづくりをしている地方の企業。顧客・技術・人材を混ぜ相互の大きな成長に繋げた経営実績は日本でいちばん大切にしたい会社大賞特別賞を受賞している。


ベンツ

福井県の工事現場。土地を切り開き、新たなバイパスを建設中で現在は地盤を盛り上げる盛り土工事が行われている。この現場で使われているのがシート状の物体。1988年に開発された盛り土の補強材「アデム」。繊維なので軽量で施工しやすいのが特徴。盛り土の間に「アデム」を挟むことで、地盤を堅固なものにする。。以前は鋼の補強材を挟むのが主流だったが、「アデム」は腐食しづらいため、今や道路工事に欠かせない製品。福井県・坂井市に土木資材に繊維を使用したパイオニアの前田工繊が。1918年創業。従業員約1200人の老舗企業。2021年9月期売上は430億円超、純利益は45億円にのぼる。主な事業は土木工事向け資材の製造販売。護岸工事やコンクリート建物の補強などに使われている。アラミド繊維は防弾チョッキなどに使われる特殊繊維で「アデム」の中心に埋め込まれている。これにより、従来の鋼を使った補強材の約7倍の強さを誇る。「アデム」を使った盛り土は東日本大震災のときにも崩れなかった。もともとは繊維メーカーだった前田工繊。土木産業に参入したきっかけが排水剤。排水剤とは壁や道路の中に入れることで、水はけをよくする製品。排水剤と「アデム」の土木資材が主軸となり、高速道路の建設ラッシュなど時代の流れに乗って、売上は右肩上がり。兵庫県にある太田工業から事業承継が難しいという相談を受けた。太田工業は汚れた水の拡散を防ぐフェンスの製造販売を行っていた。元々は一部地域でしか売れてなかったが、前田工繊は全国にいる自らの顧客に売ることが出来ると考え、子会社化した。以降、現在まで16社のM&Aを行い、買収先の縫製技術と組み合わせ新たな事業の展開も進む。2013年自動車ホイールブランドBBSジャパンを子会社化。BBSジャパンのアルミホイールは高品質でベンツやポルシェなどで採用され、前田工繊は経営改善の余地があると判断し、約56億円で買収した。最新ロボットや大型プレス機など60億円以上の設備投資を行っている。今年からF1の統一ホイールに4年間独占供給が決まり、前田工繊が関わってからの売上は100億円以上と倍増している。M&Aの対象はモノづくりをしている地方の企業。顧客・技術・人材を混ぜ相互の大きな成長に繋げた経営実績は日本でいちばん大切にしたい会社大賞特別賞を受賞している。


BBSジャパン

福井県の工事現場。土地を切り開き、新たなバイパスを建設中で現在は地盤を盛り上げる盛り土工事が行われている。この現場で使われているのがシート状の物体。1988年に開発された盛り土の補強材「アデム」。繊維なので軽量で施工しやすいのが特徴。盛り土の間に「アデム」を挟むことで、地盤を堅固なものにする。。以前は鋼の補強材を挟むのが主流だったが、「アデム」は腐食しづらいため、今や道路工事に欠かせない製品。福井県・坂井市に土木資材に繊維を使用したパイオニアの前田工繊が。1918年創業。従業員約1200人の老舗企業。2021年9月期売上は430億円超、純利益は45億円にのぼる。主な事業は土木工事向け資材の製造販売。護岸工事やコンクリート建物の補強などに使われている。アラミド繊維は防弾チョッキなどに使われる特殊繊維で「アデム」の中心に埋め込まれている。これにより、従来の鋼を使った補強材の約7倍の強さを誇る。「アデム」を使った盛り土は東日本大震災のときにも崩れなかった。もともとは繊維メーカーだった前田工繊。土木産業に参入したきっかけが排水剤。排水剤とは壁や道路の中に入れることで、水はけをよくする製品。排水剤と「アデム」の土木資材が主軸となり、高速道路の建設ラッシュなど時代の流れに乗って、売上は右肩上がり。兵庫県にある太田工業から事業承継が難しいという相談を受けた。太田工業は汚れた水の拡散を防ぐフェンスの製造販売を行っていた。元々は一部地域でしか売れてなかったが、前田工繊は全国にいる自らの顧客に売ることが出来ると考え、子会社化した。以降、現在まで16社のM&Aを行い、買収先の縫製技術と組み合わせ新たな事業の展開も進む。2013年自動車ホイールブランドBBSジャパンを子会社化。BBSジャパンのアルミホイールは高品質でベンツやポルシェなどで採用され、前田工繊は経営改善の余地があると判断し、約56億円で買収した。最新ロボットや大型プレス機など60億円以上の設備投資を行っている。今年からF1の統一ホイールに4年間独占供給が決まり、前田工繊が関わってからの売上は100億円以上と倍増している。M&Aの対象はモノづくりをしている地方の企業。顧客・技術・人材を混ぜ相互の大きな成長に繋げた経営実績は日本でいちばん大切にしたい会社大賞特別賞を受賞している。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。