ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ポルシェ」の検索結果

「ポルシェ」に関連する情報 3483件中 1〜10件目

ポルシェ911Carrera

SNSでよく見る異常に物をかいまくる人達の正体と理由を解き明かす。今日の爆買いさんは34歳の女性。ルイ・ヴィトンやエルメスなど高級バッグの総額は2000万円超え。爆買する1日に密着した。1件目、代官山駅から徒歩3分の「Hedy」ではバッグやジャケットなど総額69万円を爆買した。2件目に訪れた、六本木にあるセレクトショップ「RESTIR」には、来店前に担当者が客の好みの物を選んでくれているサービスがあるという。この店では34万円を爆買した。続いて訪れた銀座7丁目の「TRAX TOKYO」は世界中から集められた珍しい時計が並ぶ店。ここでは215万円のROLEXをお買い上げ。他にもルイ・ヴィトンのバッグなどを爆買した。続いて訪れた日本橋横山町の「Art Technologies」は若手作家などの作品販売や自宅・オフィスのコーディネーションまで手掛ける会社。ここではアート作品を購入し、ここまでで総額427万円の爆買となった。自宅のリビングはCassinaで統一され、総額200万円以上となっている。シューズクローゼットには世界各国で買い集めた靴が並んでいる。コロナ禍になる前は年間3分の1を海外で生活し、購入品のほとんどを海外で買っていたという。ディナーは行きつけのフランス料理店「ア・ニュ Shohei Shimono」の個室で2万円のコースを頂いた。その後、六本木の中国リラクゼーション「技道」で1万450円の施術を受けた。爆買いさんは週5で通っているという。このあと、いよいよ恵比寿駅から徒歩3分の仕事場へ向かう。


ポルシェ

スタジオ解説。被告は探偵を雇っていた。「真犯人を捕まえてほしい」という依頼のほかに、「男性アイドルが住んでいる所を探してほしい」という依頼もしていた。被告は約3年で6回も引っ越ししていたが、最後の引越し先は、探偵をつかってしらべた男性アイドルの住まい(家賃総額約30万円の高級マンション)だった。男性アイドルに近付くためか、駐車場を隣りにしたり、おなじ趣味を持ったりもしていた。


「ポルシェ」に関連するグルメ情報

赤いきつねうどん

1975年業界初の国民食「カップ入り◯◯」が登場。それは「東洋水産」のカップきつねうどん。日本人の国民食「うどん」がカップめんになった。3年後、世の中はディスコブーム!1978年かっぷめん界の”真っ赤なポルシェ”が販売。それはロングセラーカップめん東洋水産「赤いきつねうどん」。担当者に話を聞くと、元々、「赤いきつね」は「熱い!きつねうどん」で発売する予定だったという。しかし、店頭で目立ちシズル感のある「赤」を基調としたデザインが採用され、商品名もユニークでインパクトのある「赤いきつねうどん」に決まったという。


東洋水産

1975年業界初の国民食「カップ入り◯◯」が登場。それは「東洋水産」のカップきつねうどん。日本人の国民食「うどん」がカップめんになった。3年後、世の中はディスコブーム!1978年かっぷめん界の”真っ赤なポルシェ”が販売。それはロングセラーカップめん東洋水産「赤いきつねうどん」。担当者に話を聞くと、元々、「赤いきつね」は「熱い!きつねうどん」で発売する予定だったという。しかし、店頭で目立ちシズル感のある「赤」を基調としたデザインが採用され、商品名もユニークでインパクトのある「赤いきつねうどん」に決まったという。


日清食品

今回は年間700食カップめんを食べる即席麺評論家・大山即席斎さんにお越しいただいた。カップめんの業界年表を見ると1971年カップめん誕生からあの”一大事件”で注目!?1978年カップめん界の”真っ赤なポルシェ”が販売。2017年黒歴史が復活。1971年世界初のカップめん「カップヌードル」が誕生。あの”一大事件”で注目!?高度経済成長の真っ只中「大阪万博」が開幕した1970年ごろ、世の中の人が食べていた「袋麺」の時代。そんな中、1971年に誕生したのが世界初のカップ麺、世界累計販売数450億食以上!日清食品「カップヌードル」。その誕生のきっかけは1966年当時の社長が欧米視察の際、現地スーパーの担当者が袋麺を小さく割り、紙コップに入れお湯を注ぎフォークで食べ始めた。そこで麺をカップんひ入れてフォークで食べる新製品のアイデアを思いついたという。


「ポルシェ」に関連するイベント情報

大阪万博

今回は年間700食カップめんを食べる即席麺評論家・大山即席斎さんにお越しいただいた。カップめんの業界年表を見ると1971年カップめん誕生からあの”一大事件”で注目!?1978年カップめん界の”真っ赤なポルシェ”が販売。2017年黒歴史が復活。1971年世界初のカップめん「カップヌードル」が誕生。あの”一大事件”で注目!?高度経済成長の真っ只中「大阪万博」が開幕した1970年ごろ、世の中の人が食べていた「袋麺」の時代。そんな中、1971年に誕生したのが世界初のカップ麺、世界累計販売数450億食以上!日清食品「カップヌードル」。その誕生のきっかけは1966年当時の社長が欧米視察の際、現地スーパーの担当者が袋麺を小さく割り、紙コップに入れお湯を注ぎフォークで食べ始めた。そこで麺をカップんひ入れてフォークで食べる新製品のアイデアを思いついたという。


「ポルシェ」に関連するグルメ情報

カップヌードル

あの業界の「過去」と「未来」を探る業界年表!今回は「カップめん業界」を探る。今、ステイホームの影響もありカップめんの需要が増加してる。昨年、カップめんの出荷額は4800億円を突破し過去最高額を更新!日本では年間40億食食べられており1年に発売する新商品は1000種類以上だという。

今回は年間700食カップめんを食べる即席麺評論家・大山即席斎さんにお越しいただいた。カップめんの業界年表を見ると1971年カップめん誕生からあの”一大事件”で注目!?1978年カップめん界の”真っ赤なポルシェ”が販売。2017年黒歴史が復活。1971年世界初のカップめん「カップヌードル」が誕生。あの”一大事件”で注目!?高度経済成長の真っ只中「大阪万博」が開幕した1970年ごろ、世の中の人が食べていた「袋麺」の時代。そんな中、1971年に誕生したのが世界初のカップ麺、世界累計販売数450億食以上!日清食品「カップヌードル」。その誕生のきっかけは1966年当時の社長が欧米視察の際、現地スーパーの担当者が袋麺を小さく割り、紙コップに入れお湯を注ぎフォークで食べ始めた。そこで麺をカップんひ入れてフォークで食べる新製品のアイデアを思いついたという。

発売から5か月経つと”ある事件”をキッカケに「カップヌードル」は注目されることになる。それが、1972年2月連合赤軍が人質をとって10日間にもわたって立てこもった事件「あさま山荘事件」。あさま山荘を包囲した警察と犯人グループのにらみ合いがしばらく続き各局の中継を日本中が見ていたこの事件で映し出されたのが機動隊の人たちが片手で持った「カップヌードル」。当時現場は連日、氷点下を下回りお弁当も凍ってしまうほどの過酷な環境。そこで現場の隊員に支給されたのがカップヌードルだった。生中継を見ていた視聴者はカップヌードルに興味を持った。1973年には「エースコック」から業界初のカレー味のカップめん「カレーヌードル」が販売された。


ポルシェ

ワールドカップ・アジア2次予選の注目選手を元日本代表・中澤氏が愛車の話を交え紹介。遠藤航は今季シュツットガルトで33試合連続出場を果たしている。また1対1勝利数で1位を獲得しデュエルキングと呼ばれている。今年3月の日韓戦でも最高のディフェンスを見せている。Q.遠藤選手が他の選手とは違って使ってる“アイテム”は?が出題された。


富士スピードウェイ

ポルシェ カレラカップ ジャパン2021 第3戦では小河諒が今シーズン初勝利。第4戦でも小河諒が勝利し2連勝。


「ポルシェ」に関連するイベント情報

ポルシェ カレラカップ ジャパン2021

ポルシェ カレラカップ ジャパン2021 第3戦では小河諒が今シーズン初勝利。第4戦でも小河諒が勝利し2連勝。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。