ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ポール牧」の検索結果

「ポール牧」に関連するその他の情報 11件中 1〜10件目

川崎希 インスタグラム

SNSでの誹謗中傷を受けた川崎希さんは身の危険を感じ弁護士に相談。情報開示請求を手続きに入り誹謗中傷を行った相手を特定することにしたという。今年3月、特定された2人は書類送検された。弁護士に相談してから1年という長い戦いだった。ITジャーナリスト・三上洋さんは「投稿が削除される前に証拠を残すことが大事」と話す。木村さんの死をきっかけに総務省も動き出した。

匿名の中傷を受け死去した木村さんについて湯山玲子は「早く法整備を整えて欲しい。犯罪だという意識を持っても然るべき」とコメント。ビートたけしはポール牧とのエピソードを交え「SNSは絶対に見ない」とコメントした。池谷裕二はSNS炎上の加害者になりやすい人物像を挙げた。さらに海外でのSNS中傷対策などを紹介した。


木村花 インスタグラム

SNSでの誹謗中傷を受けた川崎希さんは身の危険を感じ弁護士に相談。情報開示請求を手続きに入り誹謗中傷を行った相手を特定することにしたという。今年3月、特定された2人は書類送検された。弁護士に相談してから1年という長い戦いだった。ITジャーナリスト・三上洋さんは「投稿が削除される前に証拠を残すことが大事」と話す。木村さんの死をきっかけに総務省も動き出した。

匿名の中傷を受け死去した木村さんについて湯山玲子は「早く法整備を整えて欲しい。犯罪だという意識を持っても然るべき」とコメント。ビートたけしはポール牧とのエピソードを交え「SNSは絶対に見ない」とコメントした。池谷裕二はSNS炎上の加害者になりやすい人物像を挙げた。さらに海外でのSNS中傷対策などを紹介した。


木村花 ツイッター

SNSでの誹謗中傷を受けた川崎希さんは身の危険を感じ弁護士に相談。情報開示請求を手続きに入り誹謗中傷を行った相手を特定することにしたという。今年3月、特定された2人は書類送検された。弁護士に相談してから1年という長い戦いだった。ITジャーナリスト・三上洋さんは「投稿が削除される前に証拠を残すことが大事」と話す。木村さんの死をきっかけに総務省も動き出した。

匿名の中傷を受け死去した木村さんについて湯山玲子は「早く法整備を整えて欲しい。犯罪だという意識を持っても然るべき」とコメント。ビートたけしはポール牧とのエピソードを交え「SNSは絶対に見ない」とコメントした。池谷裕二はSNS炎上の加害者になりやすい人物像を挙げた。さらに海外でのSNS中傷対策などを紹介した。


池袋駅

収録日はサンシャインシティの展望台から富士山の頂上に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」が見られるといい、マツコら一行は60階の展望台へ。マツコは「開業当初、何時間も並んだ末に入ることができた」、「列の前方にポール牧がいたこと」などを振り返り、展望台から見える東京の景色に感嘆。ロケ日は房総半島、三浦半島、筑波山などを遠望できる機会に恵まれたが、富士山方面は曇天。マツコはロケ数日前の撮影で捉えたダイヤモンド富士の映像を視聴した。


東京駅

収録日はサンシャインシティの展望台から富士山の頂上に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」が見られるといい、マツコら一行は60階の展望台へ。マツコは「開業当初、何時間も並んだ末に入ることができた」、「列の前方にポール牧がいたこと」などを振り返り、展望台から見える東京の景色に感嘆。ロケ日は房総半島、三浦半島、筑波山などを遠望できる機会に恵まれたが、富士山方面は曇天。マツコはロケ数日前の撮影で捉えたダイヤモンド富士の映像を視聴した。


サンシャイン60

収録日はサンシャインシティの展望台から富士山の頂上に太陽が重なる「ダイヤモンド富士」が見られるといい、マツコら一行は60階の展望台へ。マツコは「開業当初、何時間も並んだ末に入ることができた」、「列の前方にポール牧がいたこと」などを振り返り、展望台から見える東京の景色に感嘆。ロケ日は房総半島、三浦半島、筑波山などを遠望できる機会に恵まれたが、富士山方面は曇天。マツコはロケ数日前の撮影で捉えたダイヤモンド富士の映像を視聴した。


アンファー新TVCM「歩く」編

ビートたけしがアンファーのイベントに登場。出演したCMで転びまくって体にあざを作ったと明かし、先輩の「ポール牧さん」がかつて芸人は転べなくなったら終わりと言われたなどと答えた。未来の計画について聞かれると、新しい宗教を作ってみたいなどと答えた。


アンファー

ビートたけしがアンファーのイベントに登場。出演したCMで転びまくって体にあざを作ったと明かし、先輩の「ポール牧さん」がかつて芸人は転べなくなったら終わりと言われたなどと答えた。未来の計画について聞かれると、新しい宗教を作ってみたいなどと答えた。


手ごろな女

泉ピン子は1日3ステージで500円もらっていたと説明しポール牧から「兄さん兄さん言ってごちそうしてもらう」と話した。ビートたけしが付き人をしていた時代で「歌丸師匠は兄さんだしあとはみんな後輩だしね」と話した。生放送で失敗した時、当時の演出家にスリッパで頭をひっぱたかれ「大正テレビ寄席」で3分出たが咳して3分終わったという。「ウィークエンダー」に出た時は2回目呼ばれないと思ってめちゃくちゃやったら50件も取材が殺到した。更にラーメンを食べていたら石橋冠さんから食べっぷりを評価されドラマ主演に大抜擢された。

泉ピン子が女優になったきっかけとなった1980年のドラマ「手ごろな女」を紹介。また、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」は期間平均視聴率52.6%、平均世帯視聴率最高62.9%と共にテレビドラマ史上最高を獲得した。伝説のシーンとなる川に浸かるシーンは極寒の中、6時間も川に浸かった。この時、スケジュールは3年先まで埋まり睡眠時間は3時間。売れに売れたピン子は天狗になってしまった。次の日の撮影があっても朝まで飲み歩き酔ったまま現場へ行く事もあった。台本を覚えずに舞台稽古に参加した時の事、大女優・森光子が叱りつけた。


テーラー清水

雑居ビルの中にある老舗オーダーメードスーツ店「テーラー清水」にやってきたビートたけしたちは、店主の清水充則と会った。彼は世界大会でも優勝するほどの確かな技術を持つ職人で、顧客にはスヴェン・ゴラン・エリクソンやチェッコ・ボナノッテもいる。清水は「常連客は社長クラス。ポール牧さんにも作ってもらった」などと語った。そしてビートきよしがオーダーメードを体験。まず200種類の生地のなかから選ぶことに。ダイヤモンド入りのものがあり、光沢が出るという。続いて採寸も行われ、男性自身を右側と左側のどちらに収めるかも質問した。清水は手縫いで作るというこだわりを持っていて、客の体の凹凸を手縫いで再現することで型くずれしにくくしている。これは、縫い代を残すことでサイズ直しを可能にするという意味合いもある。ロケ終了後、たけしは自分の採寸をしてもらい、オーダーメードスーツを作ることになった。


検索結果の絞り込み