ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「マイケル・ジャクソン 死の真相」の検索結果

「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する情報 24件中 1〜10件目

「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する映画・DVD

THIS IS IT

2009年6月24日。死亡前日の歌手を捉えた貴重な映像を入手した。そこには「Earth Song」を歌う歌手の姿があった。誰もが事故死と思っていた彼の死の真相が明かされようとしている。死の責任を問われた受刑者が衝撃の告白を行った。マイケルの遺族らは今年4月にコンサート主催者を相手取り損害賠償訴訟を起こし、弁護士らは「彼らに殺された」と証言している。それを裏付ける証拠を明らかにした。また「THIS IS IT」に隠された重大な秘密と裁判の全貌を完全再現する。

2009年6月25日カリフォルニア州のロサンゼルスで歌手はこの世を去った。死因は麻酔薬の過剰摂取による心不全と判明。事件から2年半後、薬を投与した主治医が過失致死で有罪となった。そして今年4月遺族はマイケルの死にはコンサート主催会社が絡んでいるとし民事裁判を起こした。この裁判について元弁護士は遺族は未必の故意があったと主張していると語った。被告となったAEGライブは世界第2位のコンサートプロモーター。

裁判で遺族側はマイケルが衰弱していたという証拠の写真を公開。今回の裁判で公開されたマイケルの写真はあきらかにやせ細っていた。さらに死亡前日の防犯カメラ映像には夏でも黒いマントを羽織る姿が見られた。そして今回の裁判に出廷したマイケルの長男からは「父はリハーサルにもっと時間をかけたい、泣きながら彼らは僕を殺すつもりだと話していた」という証言が行われた。そして遺族側はマイケルに死が迫っていたことを示す映像を証拠として提出した。それは「THIS IS IT」だった。


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する映画・DVD

2009年6月24日。死亡前日の歌手を捉えた貴重な映像を入手した。そこには「Earth Song」を歌う歌手の姿があった。誰もが事故死と思っていた彼の死の真相が明かされようとしている。死の責任を問われた受刑者が衝撃の告白を行った。マイケルの遺族らは今年4月にコンサート主催者を相手取り損害賠償訴訟を起こし、弁護士らは「彼らに殺された」と証言している。それを裏付ける証拠を明らかにした。また「THIS IS IT」に隠された重大な秘密と裁判の全貌を完全再現する。

2009年6月25日カリフォルニア州のロサンゼルスで歌手はこの世を去った。死因は麻酔薬の過剰摂取による心不全と判明。事件から2年半後、薬を投与した主治医が過失致死で有罪となった。そして今年4月遺族はマイケルの死にはコンサート主催会社が絡んでいるとし民事裁判を起こした。この裁判について元弁護士は遺族は未必の故意があったと主張していると語った。被告となったAEGライブは世界第2位のコンサートプロモーター。

裁判で遺族側はマイケルが衰弱していたという証拠の写真を公開。今回の裁判で公開されたマイケルの写真はあきらかにやせ細っていた。さらに死亡前日の防犯カメラ映像には夏でも黒いマントを羽織る姿が見られた。そして今回の裁判に出廷したマイケルの長男からは「父はリハーサルにもっと時間をかけたい、泣きながら彼らは僕を殺すつもりだと話していた」という証言が行われた。そして遺族側はマイケルに死が迫っていたことを示す映像を証拠として提出した。それは「THIS IS IT」だった。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT[BRS-69320][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する音楽・CD

2009年6月、歌手が亡くなった。その死については様々な噂が上がったが、医療関係者が、麻酔薬を過剰投与していたことが判明し、有罪となった。しかし大野氏は、「歌手死の真相(双葉社)」の中で、その他一般人らに取材した結果、マイケルは陰謀によって殺害されたと結論づけている。まず、医療関係者は、主治医になったのは事件の三ヶ月前だったり、借金があったりなどの不審な点がある。また、遺言書は、母親のテレビ関係者がマイケルの署名ではないと話してたり、ロサンゼルスで書いたはずが、その時はニューヨークにいたり、遺言執行人のその他一般人などの三名は、過去にマイケルが解雇した人々だという不審な点がある。さらに、長年マイケルの弁護士をしていたその他はマイケルが死んだ翌年に、近々、マイケルの事件についていろんなことが判明するだろうという言葉をテレビで残した後、不可解な自殺をしている。

多くの疑惑の残るこの事件、マイケルは生前に、キャサリンやリサ・マリー・プレスリーらに、僕は殺されると打ちあけていた。その原因は楽曲の版権。自分の曲の他にも、ビートルズやプレスリー、BON JOVIなど多くの版権を所有していたマイケルは、その資産を狙われて殺されるのではないかと恐れていた。そして父・ジョセフは、大野氏に対して、アーティストは死んだほうが価値が出ることを知っている奴らがいるとコメントしており、マイケルの死後、それは本当になり、死後1年間の収益は、10億ドルにもなった。

歌手の話について、坂上以外が全員「信じる」を押した。大野氏は追加情報として、母・テレビ関係者がプロモーターを訴え4兆円を請求しているという話や、医療関係者がそれに対し、自分が強制的に証言させられたら大きな衝撃を与えるだろうというコメントを残したり、スケープゴートにされていると明かしたことなどの話をした。また、専属の弁護士のその他や専属のカメラマンが死んでいるという話や、今まで解雇された弁護士が亡くなる1週間前に集まって不審な遺言状を作成した可能性があるという話をした。

歌手のエピソードを島田氏が語る。スーパーボウルのパフォーマンスを頼まれたマイケルが、ギャラを受け取らなかったということから、その後のパフォーマンスでは誰もギャラを受け取らなくなったという話をした。また、飛鳥氏が、マイケルの遺体は冷凍保存されていて、いつか蘇らせられる時代が来たら、スリラーを踊るという話をした。

「スリラー(紙ジャケット仕様)」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

2009年6月、歌手が亡くなった。その死については様々な噂が上がったが、医療関係者が、麻酔薬を過剰投与していたことが判明し、有罪となった。しかし大野氏は、「歌手死の真相(双葉社)」の中で、その他一般人らに取材した結果、マイケルは陰謀によって殺害されたと結論づけている。まず、医療関係者は、主治医になったのは事件の三ヶ月前だったり、借金があったりなどの不審な点がある。また、遺言書は、母親のテレビ関係者がマイケルの署名ではないと話してたり、ロサンゼルスで書いたはずが、その時はニューヨークにいたり、遺言執行人のその他一般人などの三名は、過去にマイケルが解雇した人々だという不審な点がある。さらに、長年マイケルの弁護士をしていたその他はマイケルが死んだ翌年に、近々、マイケルの事件についていろんなことが判明するだろうという言葉をテレビで残した後、不可解な自殺をしている。

多くの疑惑の残るこの事件、マイケルは生前に、キャサリンやリサ・マリー・プレスリーらに、僕は殺されると打ちあけていた。その原因は楽曲の版権。自分の曲の他にも、ビートルズやプレスリー、BON JOVIなど多くの版権を所有していたマイケルは、その資産を狙われて殺されるのではないかと恐れていた。そして父・ジョセフは、大野氏に対して、アーティストは死んだほうが価値が出ることを知っている奴らがいるとコメントしており、マイケルの死後、それは本当になり、死後1年間の収益は、10億ドルにもなった。

歌手の話について、坂上以外が全員「信じる」を押した。大野氏は追加情報として、母・テレビ関係者がプロモーターを訴え4兆円を請求しているという話や、医療関係者がそれに対し、自分が強制的に証言させられたら大きな衝撃を与えるだろうというコメントを残したり、スケープゴートにされていると明かしたことなどの話をした。また、専属の弁護士のその他や専属のカメラマンが死んでいるという話や、今まで解雇された弁護士が亡くなる1週間前に集まって不審な遺言状を作成した可能性があるという話をした。

歌手のエピソードを島田氏が語る。スーパーボウルのパフォーマンスを頼まれたマイケルが、ギャラを受け取らなかったということから、その後のパフォーマンスでは誰もギャラを受け取らなくなったという話をした。また、飛鳥氏が、マイケルの遺体は冷凍保存されていて、いつか蘇らせられる時代が来たら、スリラーを踊るという話をした。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

杉村アナがモルゾフ氏とフィギュアスケート選手の関係を探るため、モルゾフ氏に近い人に直撃。その人物は過去にその他一般人や陸上競技・マラソン選手などの有名人との交流があるという。杉村アナは、その人物がモルゾフ氏と話したことのある濱寿司に向かった。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する映画・DVD

この判決にジョセフ氏は「彼だけではない、マイケルを死に追いやったやつは他にもいる」とコメント。具体的な個人名は避けジョセフ氏だったが、その後カメラを外した場でマイケルを死に追いやったある契約の話を漏らした。

それは、10年間に及ぶ著作権の独占契約。契約期間中にマイケルが作詞・作曲した曲の著作権を全てレコード会社に権利にするという契約がマイケルの知らないところで交わされていた。この契約を不服に思ったマイケルはその後10年間音楽活動を封印した。そして、契約の切れた2009年に満を持してロンドンでのライブを発表した事を「歌手 THIS IS IT(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)」の映像とともに紹介された。

ジョセフ氏は「やつらはマイケルの遺産まで牛耳ろうとしている。遺言に俺の名前がなかったのもやつらの仕業さ。息子のために死の真相を知ってほしい。世界中の人たちに事実が明かされることを待っていて欲しいんだ。」とコメントした。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT[BRS-69320][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

千原ジュニアが、大野和基の紹介VTRに登場した歌手の父、その他一般人に何を聞いたのか質問。大野和基は、マイケルの父にマイケルは自然死なのか誰かに殺されたのかを聞いたと答えた。

また、ダイアナ妃に関してはCIAだけでなく、NSAによる盗聴活動もされていたと話した。また政治家の暗殺の調べたジャーナリストは、真相に迫る直前で暗殺されていると明かした。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

ホイットニー・ヒューストンさんの死の真相についてスタジオで解説。大野和基は、生きている時よりも亡くなった後に価値が上がることがあり、関係者による他殺の可能性があると語り、マイケル・ジャクソンの例も用いて説明した。

歌手の検死結果について説明。検死報告書には、ハンドバッグから免許証が抜かれていたこと、不正、殺人、暴力などの徴候が無かったことが書かれていた。

大野和基は、元CIAオフィサーのその他が「アメリカでは真相が語られることがない」と述べていたことについて説明。歌手の死の真相は、第一発見者であるボディガードの証言でしか分からない状況がある。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

歌手は誰かに殺された可能性がある等と解説した「歌手 死の真相」の著者の大野和基の印象を、千原ジュニアが述べた。千原ジュニアは大野和基の話を信じ切っているという。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


「マイケル・ジャクソン 死の真相」に関連する本・コミック・雑誌

歌手は誰かに殺された可能性がある等と解説した「歌手 死の真相」の著者の大野和基の印象を、千原ジュニアが述べた。千原ジュニアは大野和基の話を信じ切っているという。

「マイケル・ジャクソン死の真相」

Amazon.co.jp


検索結果の絞り込み