ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「メルセデス」の検索結果

「メルセデス」に関連する情報 5171件中 1〜10件目

メルセデス・ベンツ

ヤナセはクラシックカーセンターという新しい事業を4年ほど前に立ち上げ、古い車を直せるという技術をずっと持ち技術の伝承という狙いもあってやっていると説明。センターの倉庫には往年の名車があり新品同様に蘇らせている。


メルセデス・ベンツ

ヤナセの始まりは1915年に梁瀬長太郎が梁瀬商会を創立しビュイックとキャラデックを輸入販売を開始。日本の自動車保有台数は約1000台で自動車の将来性にかけた。22年に純国産車を製造するが採算が合わず試作車を5台作っただけで事業化には至らなかった。45年に梁瀬次郎が28歳で2代目社長に就任。一部の工場が空襲で消失するなど販売する車がなくなってしまった7年後に戦後輸入車第1号となるビュイックが到着。52年にメルセデス・ベンツの取り扱いを開始し63年に吉田茂元総理に納車などをしヤナセが日本の市場に自動車の産業というのを根付かせたなど話した。


横浜港

ヤナセの始まりは1915年に梁瀬長太郎が梁瀬商会を創立しビュイックとキャラデックを輸入販売を開始。日本の自動車保有台数は約1000台で自動車の将来性にかけた。22年に純国産車を製造するが採算が合わず試作車を5台作っただけで事業化には至らなかった。45年に梁瀬次郎が28歳で2代目社長に就任。一部の工場が空襲で消失するなど販売する車がなくなってしまった7年後に戦後輸入車第1号となるビュイックが到着。52年にメルセデス・ベンツの取り扱いを開始し63年に吉田茂元総理に納車などをしヤナセが日本の市場に自動車の産業というのを根付かせたなど話した。


ヤナセ

ヤナセでは最新技術と幅広い持つテクニカルマネージャーを各地域に1人ずつ配置している。故障している場合、まずはデータを読み取る。しかし、そのデータも読み取ることが出来なかった。全国に10人しかいないテクニカルマネージャーの梅本さんに相談しどこかの配線がショートしていたと推測し読み取ることが出来た。ヤナセでは毎年全国のグループから約400名が参加する営業会議が行われ、その場では表彰も行われる。

ヤナセの始まりは1915年に梁瀬長太郎が梁瀬商会を創立しビュイックとキャラデックを輸入販売を開始。日本の自動車保有台数は約1000台で自動車の将来性にかけた。22年に純国産車を製造するが採算が合わず試作車を5台作っただけで事業化には至らなかった。45年に梁瀬次郎が28歳で2代目社長に就任。一部の工場が空襲で消失するなど販売する車がなくなってしまった7年後に戦後輸入車第1号となるビュイックが到着。52年にメルセデス・ベンツの取り扱いを開始し63年に吉田茂元総理に納車などをしヤナセが日本の市場に自動車の産業というのを根付かせたなど話した。


ポルシェ

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


シボレー

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


キャデラック

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


フォルクスワーゲン

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


アウディ

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。


BMW

今回の企業はヤナセでリポートをするのは藤田涼菜。出迎えてくれたのは代表執行委員の吉田多孝さん。ヤナセの従業員数は4834人で年商は約4410億円。国内拠点は237か所。扱うのはメルセデス・ベンツなどのヨーロッパ車だけではなくシボレーなどである。50年前はまだ自動車も故障が多い機械のひとつだったがヤナセのステッカーが付いている車であれば顧客とわかり、売った後から顧客との関係がつながっていき、アフターセールスに力を入れている。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。