ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「モミ」の検索結果

「モミ」に関連する本・コミック・雑誌 25件中 1〜10件目

「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

名主の滝公園は澄んだ空気が特徴となっていて池にはカモの姿も見られた。そこで今回は5万種もの動植物を把握している岩槻秀明さんとともに自然を満喫していく。さっそく池で見られたカモの頭の色を聞かれると、岩槻さんは頭の緑色のカモは冬鳥なのだと話していて、普段はロシアで生活しているために冬しか見ることができないのだという。他にもモミジも1月でありながら葉が落ちておらず、昨年は暖冬だったことから葉が落ちなかったのだと話していた。そして、この公園の名物は男滝で23区の滝では最大級となっていて江戸時代からここで滝浴びをするひとがいたという。

「「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

神曲

当時、滞在していたダンテは神曲で統一が実現しないイタリアを嘆いていた。この詩からヒントを得てロミオとジュリエットが生まれたという。西本智実はダンテの子孫を訪ねた。ダンテも抗争の渦中にいたと話す子孫はイタリア人としていまだに統一は達成されていないと感じると話した。西本智実は統一が難しいことも見せ場、多面的な中から生まれた作品が理想と語る。


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエットの舞台となった街、イタリア・ヴェローナには多くの観光客が集まる。ギリシャ神話からウィリアム・シェイクスピアが戯曲として作り、広まった。作品に魅了された西本智実がバレエ「ロミオとジュリエット」をプロデュースする。


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

今週末はクリスマス、売れ筋のクリスマス絵本に迫る。「モミの木」(作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン)は、世界的に心打つお話、表紙はたたずまいとしても人気を集めている。「イルミネイチャー」はサイズが大きく、大人も子供も一緒に楽しめる絵本、ギフトとして人気を集めている。内容は3色レンズで見ると見え方が違う絵本。

「イルミネイチャー: 3色のマジックレンズで、180の動物をさがせ!」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

今週末はクリスマス、売れ筋のクリスマス絵本に迫る。「モミの木」(作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン)は、世界的に心打つお話、表紙はたたずまいとしても人気を集めている。「イルミネイチャー」はサイズが大きく、大人も子供も一緒に楽しめる絵本、ギフトとして人気を集めている。内容は3色レンズで見ると見え方が違う絵本。

「モミの木」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

3位は新宿三丁目駅・C7出口徒歩3分の「二丁目つけめん GACHI」。アメリカンダイナーのような店内で食べられるのは、真っ赤なスープでいただく「つけめんRED」。「ラーメンパスポート」で通常価格790円が500円。唐辛子たっぷりのトッピングが浮いた濃厚なスープは、鶏のモミジと丸鶏のスープを別々に炊いて合わせ、トマトの甘みを加えている。もちもちの麺にもこだわりがあり、タピオカ粉を練り込んだ自家製麺を使っている。

2位は動物系・魚介系ブレンドの王道ラーメン、JR池袋駅徒歩7分「麺場 七人の侍」から「中華そば(味玉付き)」。「ラーメンパスポート」で通常価格750円が500円。2種類のスープは直前に合わせることで香りと味わいを同時に堪能できる。トッピングの味玉は白醤油で味付けしており、着色されていないように見えるが独特の味が染みている。

「東京ラーメン500円パスポート  Vol.1(ぶんか社ムック)」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

ランチパスポート

ランチパスポートで500円グルメ 銀座・築地編を紹介。「豪農 五十嵐邸 銀座 Kura 凛」のディナーの平均予算は、1万円以上だが、ワインコインランチは、「新潟の親子丼」。新潟の銘柄鶏「越の鶏」を使い、素材の旨みを引き立たせるため白だしや、新発田で作られた「思い出たまご」を使用している。平日午前11時30分〜午後1時30分。(1日20食限定)

ランチパスポートで500円グルメ 銀座・築地編を紹介。「西安料理 刀削麺園」のワインコインランチは、「タンタン刀削麺」。トンコツ・鶏ガラを入れ3時間煮込み、甘みを抽出したスープを使用。本場・中国から取り寄せる10種類のスパイスに生姜やネギを使用している。平日午後1時00分〜午後2時30分。

ランチパスポートで500円グルメ 銀座・築地編を紹介。A4・A5ランクの九州産黒毛和牛を提供している「黒毛和牛焼肉 KAZU」のワインコインランチは、「ビビン丼」。午後1時00分〜午後2時30分。(1日20食限定)

ランチパスポートで500円グルメ 銀座・築地編を紹介。「大門酒家 八丁堀店」のワインコインランチは、「蟹とフカヒレのスープ炒飯」。スープのベースは、トンコツ・モミジなどを入れ、5時間以上煮込んだ出汁を使用している。平日・土曜 午前11時00分〜午後2時00分。

ランチパスポートで500円グルメ 銀座・築地編を紹介。「築地海鮮丼」のワインコインランチは、「つきじ丼」は、全10種類のネタが敷き詰められている。平日 午前8時00分〜午後12時00分。(1日10食限定)


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさん生誕の地として知られる鳥取県境港市で、現在「トゲモミジガイ」と「モミジガイ」の2種類のヒトデが大量発生している。3、4年ほど前から美保湾の水深20mほどのところで繁殖していると見られる。美保湾内では底引き網漁をおこなっているため、魚や貝と一緒に大量の魚が網にかかってしまい、一時間半ほどで船が止まってしまうという。本来ならこの時期に採れるヒラメやカレイ、バイ貝などの漁獲量は、去年に比べ約3分の1になっている。ヒトデが増殖した理由について、鳥取県栽培漁業センターの太田武行氏は「今のところ特定できていない。ただ日日本海側は海水温の上昇傾向が見られていることがあるのでもしかしたら一因はあるかも。沈静化には1、2年かかる可能性がある」と分析する。また、東京海洋大学大学院の加藤秀弘教授は「比較的水温なんかとリンクしている場合が多い。結果として水温の上昇が大増殖に結びつくことがあるのかもしれない。99%くらいで死んでいくのが前提で生んでいる卵が、例えば5%増えたら結構な増え方になってしまう」と述べる。海水温の上昇により、これまでにも北海道・釧路沖でマンボウがサケの定置網にかかったり、島根沖合でハリセンボンが大量発生するなど、日本近海ではさまざまな異常現象が発生し、漁業に悪影響が出ている。鳥取県では地元漁業に駆除費400万円を補助し、今週から駆除作業が行われる予定だ。

「ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾  妖怪大相撲の巻 (角川つばさ文庫)」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

ネオきょうじゅが「小学館の図鑑NEO 植物」を使って紅葉について解説。トウカエデやイロハモミジなどのカエデ科の植物の種には羽がついており、風で遠くまで飛ぶようになっている。秋になると葉が黄色になるイチョウの種はギンナンで、食べることもできる。代表的な桜の品種であるソメイヨシノは、秋になると葉が赤くなる。

「植物 (小学館の図鑑NEO)」

Amazon.co.jp


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

ミシュランガイド 東京・横浜・湘南 2013

五反田にあるミシュランガイド1つ星の名店よし鳥を訪れる。焼き鳥の味は「焼き方で決まる」と話す店主の吉本憲司を紹介した。