ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヤマハ音楽教室」の検索結果

「ヤマハ音楽教室」に関連する情報 102件中 1〜10件目

日刊スポーツ

ヤマハ音楽振興会など250の事業者が、JASRACには音楽教室から著作権使用料を徴収する権限がないことの確認を求めた訴訟の口頭弁論。公衆に聞かせることが目的の演奏であれば著作権使用料が必要で、音楽教室から授業料収入の2.5%を請求する方針。ヤマハなどは演奏技術の向上などが目的であり、コンサートとは違うとJASRACに提訴している。調査のため職業を隠してヤマハ音楽教室に通っていた協会職員の女性が証人尋問で「レッスンの実態を把握するためで正当な業務」と主張した。女性は17年5月から19年2月まで銀座の教室に通い発表会にも参加した。申し込み時の職業欄には「主婦」と記入、偽ることに抵抗はあったか聞かれると「実際に主婦でもあり全くない」とした。(日刊スポーツ)

別の女性は使用料を取られればレッスン料を上げることになり、音楽を習う人が減り日本全体の音楽能力が落ちると訴えた。(日刊スポーツ)


ヤマハ音楽振興会

ヤマハ音楽振興会など250の事業者が、JASRACには音楽教室から著作権使用料を徴収する権限がないことの確認を求めた訴訟の口頭弁論。公衆に聞かせることが目的の演奏であれば著作権使用料が必要で、音楽教室から授業料収入の2.5%を請求する方針。ヤマハなどは演奏技術の向上などが目的であり、コンサートとは違うとJASRACに提訴している。調査のため職業を隠してヤマハ音楽教室に通っていた協会職員の女性が証人尋問で「レッスンの実態を把握するためで正当な業務」と主張した。女性は17年5月から19年2月まで銀座の教室に通い発表会にも参加した。申し込み時の職業欄には「主婦」と記入、偽ることに抵抗はあったか聞かれると「実際に主婦でもあり全くない」とした。(日刊スポーツ)

音楽教育を守る会事務局は「裁判開始よりも前に調査がスタートしていて、そこまでやるのかと驚きだが裁判所の判断に委ねたい」としている。(朝日新聞)

音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」に該当するかが争点。ストリートミュージシャンは非営利なら許諾は不要だが、投げ銭箱など営利的であると許諾が必要。流しでの演奏も許諾が必要で、JASRACは少ないが申請してくれる人もいるとしている。尋問でJASRAC職員は「講師の演奏はとても美しくコンサートを聞いているようだった」と述べ公衆に聞かせるための演奏と主張した。教室は空きがあればだれでも入れるので公衆としていて、ピアノ講師らは「技術を伝える目的の演奏で曲を聞かせる目的ではない」と反論し、生徒と講師には信頼関係があり生徒は公衆にあたらないとの見解を示した。(朝日新聞)

別の女性は使用料を取られればレッスン料を上げることになり、音楽を習う人が減り日本全体の音楽能力が落ちると訴えた。(日刊スポーツ)

立川志らくらは「調査に入ってコンサートのようだとよく言うねこの人も。分かるが日本の音楽はどうなる」「アーティストの権利を守るためではあるが広く知ってもらうためでもあるのでスパイのようにしなくても」などとコメントした。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

JASRAC

ヤマハ音楽振興会など250の事業者が、JASRACには音楽教室から著作権使用料を徴収する権限がないことの確認を求めた訴訟の口頭弁論。公衆に聞かせることが目的の演奏であれば著作権使用料が必要で、音楽教室から授業料収入の2.5%を請求する方針。ヤマハなどは演奏技術の向上などが目的であり、コンサートとは違うとJASRACに提訴している。調査のため職業を隠してヤマハ音楽教室に通っていた協会職員の女性が証人尋問で「レッスンの実態を把握するためで正当な業務」と主張した。女性は17年5月から19年2月まで銀座の教室に通い発表会にも参加した。申し込み時の職業欄には「主婦」と記入、偽ることに抵抗はあったか聞かれると「実際に主婦でもあり全くない」とした。(日刊スポーツ)

音楽教育を守る会事務局は「裁判開始よりも前に調査がスタートしていて、そこまでやるのかと驚きだが裁判所の判断に委ねたい」としている。(朝日新聞)

音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」に該当するかが争点。ストリートミュージシャンは非営利なら許諾は不要だが、投げ銭箱など営利的であると許諾が必要。流しでの演奏も許諾が必要で、JASRACは少ないが申請してくれる人もいるとしている。尋問でJASRAC職員は「講師の演奏はとても美しくコンサートを聞いているようだった」と述べ公衆に聞かせるための演奏と主張した。教室は空きがあればだれでも入れるので公衆としていて、ピアノ講師らは「技術を伝える目的の演奏で曲を聞かせる目的ではない」と反論し、生徒と講師には信頼関係があり生徒は公衆にあたらないとの見解を示した。(朝日新聞)

別の女性は使用料を取られればレッスン料を上げることになり、音楽を習う人が減り日本全体の音楽能力が落ちると訴えた。(日刊スポーツ)

立川志らくらは「調査に入ってコンサートのようだとよく言うねこの人も。分かるが日本の音楽はどうなる」「アーティストの権利を守るためではあるが広く知ってもらうためでもあるのでスパイのようにしなくても」などとコメントした。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

銀座にあるヤマハの音楽教室

音楽教室での演奏が著作権料を支払う義務があるのかが争われている裁判が、きのう東京地裁で行われ、JASRACの女性職員はが、ヤマハ音楽教室に潜入調査した時の状況を証言した。この女性職員は潜入調査員として、約2年間、銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた。この裁判の争点は、教室での演奏が著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。ヤマハ音楽振興会など、約250の事業者は音楽教室での演奏は「演奏技術向上が目的」として、JASRACに曲の著作権使用料を請求する権利がないことの確認を求めている。JASRACの女性職員は「まるでコンサートを聴いているかのようでした」と証言。一方の音楽教室側は講師の女性が出廷し、「レッスンでの演奏はコンサートとは全く違う」などと証言し、意見が真っ向から対立している。


ヤマハ音楽振興会

音楽教室での演奏が著作権料を支払う義務があるのかが争われている裁判が、きのう東京地裁で行われ、JASRACの女性職員はが、ヤマハ音楽教室に潜入調査した時の状況を証言した。この女性職員は潜入調査員として、約2年間、銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた。この裁判の争点は、教室での演奏が著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。ヤマハ音楽振興会など、約250の事業者は音楽教室での演奏は「演奏技術向上が目的」として、JASRACに曲の著作権使用料を請求する権利がないことの確認を求めている。JASRACの女性職員は「まるでコンサートを聴いているかのようでした」と証言。一方の音楽教室側は講師の女性が出廷し、「レッスンでの演奏はコンサートとは全く違う」などと証言し、意見が真っ向から対立している。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

JASRAC

音楽教室での演奏が著作権料を支払う義務があるのかが争われている裁判が、きのう東京地裁で行われ、JASRACの女性職員はが、ヤマハ音楽教室に潜入調査した時の状況を証言した。この女性職員は潜入調査員として、約2年間、銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた。この裁判の争点は、教室での演奏が著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。ヤマハ音楽振興会など、約250の事業者は音楽教室での演奏は「演奏技術向上が目的」として、JASRACに曲の著作権使用料を請求する権利がないことの確認を求めている。JASRACの女性職員は「まるでコンサートを聴いているかのようでした」と証言。一方の音楽教室側は講師の女性が出廷し、「レッスンでの演奏はコンサートとは全く違う」などと証言し、意見が真っ向から対立している。

JASRAC著作権料訴訟 職員が潜入調査。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

ヤマハ音楽教室

音楽教室での著作権に関する裁判で、昨日、JASRACの女性職員が東京地裁に出廷。この女性は約2年間、東京・銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた潜入調査員。入会手続きの際に「主婦」と書いており、そのことについては「調査は正当な業務だったと認識している」としている。裁判の争点は、音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。女性は「素晴らしい伴奏音源に合わせて講師が演奏すると、まるでコンサートを聴いているかのよう」と述べ、JASRAC側は教室での演奏は「公衆に聞かせる目的の演奏に当たる」と主張。それに対し、音楽教室側は「レッスンに来る生徒数名を“聴衆”とされるのは疑問」と反論した。


ヤマハ

音楽教室での著作権に関する裁判で、昨日、JASRACの女性職員が東京地裁に出廷。この女性は約2年間、東京・銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた潜入調査員。入会手続きの際に「主婦」と書いており、そのことについては「調査は正当な業務だったと認識している」としている。裁判の争点は、音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。女性は「素晴らしい伴奏音源に合わせて講師が演奏すると、まるでコンサートを聴いているかのよう」と述べ、JASRAC側は教室での演奏は「公衆に聞かせる目的の演奏に当たる」と主張。それに対し、音楽教室側は「レッスンに来る生徒数名を“聴衆”とされるのは疑問」と反論した。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

JASRAC

音楽教室での著作権に関する裁判で、昨日、JASRACの女性職員が東京地裁に出廷。この女性は約2年間、東京・銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた潜入調査員。入会手続きの際に「主婦」と書いており、そのことについては「調査は正当な業務だったと認識している」としている。裁判の争点は、音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。女性は「素晴らしい伴奏音源に合わせて講師が演奏すると、まるでコンサートを聴いているかのよう」と述べ、JASRAC側は教室での演奏は「公衆に聞かせる目的の演奏に当たる」と主張。それに対し、音楽教室側は「レッスンに来る生徒数名を“聴衆”とされるのは疑問」と反論した。


「ヤマハ音楽教室」に関連する音楽・CD

ヤマハ音楽教室

音楽教室での著作権に関する裁判で、昨日、JASRACの女性職員が東京地裁に出廷。この女性は約2年間、東京・銀座にあるヤマハ音楽教室でバイオリンのレッスンを受けていた潜入調査員。入会手続きの際に「主婦」と書いており、そのことについては「調査は正当な業務だったと認識している」としている。裁判の争点は、音楽教室での演奏が「公衆に聞かせる目的の演奏」にあたるかどうか。女性は「素晴らしい伴奏音源に合わせて講師が演奏すると、まるでコンサートを聴いているかのよう」と述べ、JASRAC側は教室での演奏は「公衆に聞かせる目的の演奏に当たる」と主張。それに対し、音楽教室側は「レッスンに来る生徒数名を“聴衆”とされるのは疑問」と反論した。