ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ラグーナテンボス」の検索結果

「ラグーナテンボス」に関連する情報 91件中 1〜10件目

ラグーナテンボス

10代スターの女性は誰かというクイズが出題され、きれい好きや料理が得意などのヒントが出された。商品開発も手掛けているという。また、本業は歌手で、紅白歌合戦には3度出場し、シングル・アルバムの総売り上げは800万枚以上にのぼる。このクイズの正解は、鈴木亜美さんだった。

1998年、モーニング娘。も輩出した「ASAYAN」のオーディションに、15歳でエントリーした鈴木亜美さんは、1万3,500人のオーディションでグランプリを獲得し、16歳の時に小室哲哉プロデュースでデビューした。同期には、浜崎あゆみや宇多田ヒカルもいたが、1999年の日本レコード大賞新人賞を受賞している。そんな鈴木さんは現在37歳。今回は、鈴木さんのファンで、後輩にオーディションの電話投票を手伝わせたこともあるという元阪神タイガースの赤星憲広さんと、鈴木さんが初対面する。対面の方法は、赤星さんが「BE TOGETHER」を熱唱中に後ろから鈴木さんが現れるというもの。赤星さんは100点満点のリアクションで驚き、鈴木さんとのデュエットを楽しんだ。


ラグーナテンボス(フェスティバルマーケット)

「支店のないエリアで始めたサービスとは?」という問題の正解は「移動店舗を始めた」だった。移動店舗内には有人窓口はもちろん、ラウンジやATMも完備。振込や通帳作成、住宅ローン申し込みまで受け付けている。こうした移動店舗が誕生した背景には、支店のない下呂市でも大垣共立銀行を利用したいという客の声があり、2000年に移動店舗「OKBスーパーひだ1号」を開発したという。すると利用者が増加。顧客数UPにもつながったのだ。さらに、移動店舗は支店を出店するのに比べてコストを抑えられる以外にも、車で曜日ごとに場所を変えて営業できるため、1台で4支店の役割を担うことができるという。また、ショッピングセンターという営業場所には、「駐車スペースが大きい」、「買い物客がついでに利用できる」という理由があった。大垣共立銀行ではこの成功をきっかけに新たな3台を開発。愛知県を担当する「OKBスーパーフロンティア号」、コンビニなどの小さな駐車場で営業可能な「OKBサザンウィンド」、非常時に出動する「OKBレスキュー号」を紹介した。


ラグーナテンボス

加えて、ラグーナテンボスて歌劇を行っているトップスターに歌の極意を聞くと、愛那月ひかる「やはり心が一番大事かなと思います。歌を歌う役の気持ちになって、どんな気持ちを伝えたいかを乗せて歌うことが一番お客さんに届く」と極意を語った。


ラグーナテンボス

ここで、村上さんに学院への志望動機をみたときに、入学を決意したという。それまでは、バレエや声楽などは未経験であったが、高校から猛特訓し、歌劇学院に合格したのだという。次に、高橋鮎可は「修学旅行の時に初めて、歌劇団の舞台をみさせてもらい、輝く上級生さんの姿をみて、ここに入りたいと思いました」と話した。また、高橋さんの母校は、伊織はやとさんと同じ出身校という。また、窓の掃除については「園内にいるお客様から見えないように、カーテンで隠れながら」と掃除の苦労を語った。次に、伊藤さんの志望動機は「地元にありますラグーナテンボスにて、歌劇団の公演を観させていただき」と。


ハウステンボス歌劇学院

2014年に、九州発の歌劇学校であるハウステンボス歌劇学院を設立した。今回の案内人である2人は、2015年に学院を卒業した第1期生にあたる。歌劇団に入った理由を問われ、美華えりかは「夢のような美しい世界に憧れて入りました」とコメントした。

続いて、ハウステンボス歌劇学院の内部へ潜入する。ハウステンボスの建物内に、レッスン場が設けられている。そこには、18〜23歳の学院10名が挨拶をした。学生は、約1年の寮生活で独自のカリキュラムを学び、来年度は舞台実習生として実践力を養う。まずは、一人ずつ自己紹介を行っていくと、10人中3人が「村上」であり、自己紹介のときには出身地でわけているのだという。

ハウステンボス歌劇学院では、まず30分間日々使用している場所への感謝を込めて、掃除を行うという。しかも、1年間は掃除の場所が変わらず、おこなうのだという。

ここで、村上さんに学院への志望動機をみたときに、入学を決意したという。それまでは、バレエや声楽などは未経験であったが、高校から猛特訓し、歌劇学院に合格したのだという。次に、高橋鮎可は「修学旅行の時に初めて、歌劇団の舞台をみさせてもらい、輝く上級生さんの姿をみて、ここに入りたいと思いました」と話した。また、高橋さんの母校は、伊織はやとさんと同じ出身校という。また、窓の掃除については「園内にいるお客様から見えないように、カーテンで隠れながら」と掃除の苦労を語った。次に、伊藤さんの志望動機は「地元にありますラグーナテンボスにて、歌劇団の公演を観させていただき」と。

登校時は毎朝8時に、同期全員で寮を出発、私語は厳禁で2列に並んで登校しているという。また、その癖があり、休みの日でも2列で歩いているのだという。

ダンス徹底指導、クラシックバレエを拝見する。バレエは、身体の軸を鍛えるだけでなく、姿勢の良さや柔軟性などに関わってくるので、とても重要なレッスンである。この学院では、他の授業の4倍をかけ、指導を行っているという。伊東先生は「柔軟性がないと、舞台の上で自由に踊るのは不可能になってくる。レッスンの前には柔軟体操を行っている」。

チームシャインより3人が登場。学院では、劇団の先輩が教えるのがスタイルだという。一見簡単そうな片足立ちだが、キープするのは難しい。ポイントについて「片足でまっすぐ軸を作るのがダンスの基礎ですので、顔は笑顔を崩さないように。内ももにもかなり効くと思います」。次に、かかとを床につけずジャンプをし続ける弾みというトレーニングを行う。基礎的な動きをみっちり練習したあとの集大成をみた3人は「笑顔を保てなくなりますよね」や「これが終わったあとの1杯目のビールは旨いだろうな」とコメントした。

ハウステンボス歌劇団の創設メンバーとしトップスターとして活躍した雪菜さんが指導。今回、学院生が挑戦。一見、上手そうに見えるも、雪菜さんは「私から見たら30%ぐらい」と辛口な評価を下した。細かな身体の使い方を調整し、表現力を上げるために修正をおこなっていく。更に、雪菜先生は娘役の表現力について修正を行った。細かな修正を繰り返し行い、表現力に磨きのかかった踊りを再び見せてもらった。華やかな舞台を演出する、出演者の本気の表現力を学んだ。

次に、ハウステンボス歌劇学院で学んでよかったことは?に、「バレエや声楽は前から習っていたのですが、授業の中に日舞があったので、一から習わせていただきまして」と、日舞をあげた。

日本舞踊の授業は、殆どの学院生が未経験ななか、すり足や扇子、傘の使い方を学ぶという。現役生の藤井さんは「日舞は全て重心を低くして踊る踊りなので、そこが大変」と話した。


ラグーナテンボス

ロボットが接客することで話題の「変なホテル」5軒目が4日前に銀座にニューオープン。銀座からはおよそ15分、最寄りの新富町駅からは2分。フロントは人型ロボットが案内。その立地ゆえ外国人の利用者が多いため、4ヶ国語を話せる。空気清浄ロボットや窓掃除ロボットなど、14体のロボットが働いている。すべての部屋にクリーニング機があり、しわの付いた服をかけておくとスチームや風などでクリーニングしてくれる。シワ伸ばしの他においやホコリもシャットアウトし、濡れた服も乾かせる。部屋には電話機がない代わりにスマホを貸し出し。照明などの操作やルームキーの機能もあり、外に持ち出しもok。


ラグーナテンボス

「変なホテル」が4日前に銀座にニューオープン。早速多くの宿泊客が。いったいどんなホテル?


ラグーナテンボス

「LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル」で、1月4日にラストアイドルが出演。ラグーナテンボスで開催される。


「ラグーナテンボス」に関連するイベント情報

LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル

「LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル」で、1月4日にラストアイドルが出演。ラグーナテンボスで開催される。


さがみ湖イルミリオン

今年は各地で“体験型”イルミネーション。ラグーナテンボスでは水上にそびえる宮殿が水面に写り込んで幻想的な光を放つイルミネーション「青の宮殿」が話題になっている。使われているLEDは160万球に及ぶ。敦賀市では北陸最大級のイルミネーション「ミライエ」。有名なのが長崎ハウステンボスのイルミネーション「光の王国」、あしかがフラワーパークの「光の花の庭園、札幌市の「さっぽろホワイトイルミネーション」は日本三大イルミネーションとも言われている。ハウステンボスに使われている電球は世界最大の1300万球。更に日本初となる壁も床もガラス張りの天空カフェが新たに誕生。相模原市の「さがみ湖イルミリオン」では、バンピーカートに乗ってイルミネーションを楽しめる。この他にも、光のリフトや、フォトスポットで体験型イルミネーションが人気である。100万球を使った光の大宮殿は光のタクトとイルミネーションと連動して光り、一体感を味わえる。


検索結果の絞り込み