ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「リオ五輪」の検索結果

「リオ五輪」に関連する情報 44894件中 1〜10件目

「リオ五輪」に関連するイベント情報

世界選手権

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。

卓球団体戦の選手を選ぶ基準について、3人のうち2人はシングルスの代表選手で、最後の1人はダブルスを組む時の相性も考慮するとのことで、仮に、現時点でのポイント数で、石川佳純選手がシングルス代表に決まったとしても、残り1枠に平野美宇選手が入ってくるかは分からないのだという。大谷さんが「決まった2人の意見を聞くなんてこともあるんですかね」と述べると、恵さんは「『誰とやりたい?』大谷さん残酷ですね」と返した。西村さんは「選手には聞かないと思いますね。今までのデータ・蓄積・ダブルスでどのような成績を収めてきたかっていうことで三番目は選ばれると私は思います」との見解を示した。伊藤美誠選手と誰かがダブルスを組む場合、相性のいい人はいるのかと見ていくと、早田ひな選手が浮上するという。「みまひなペア」というのは、世界選手権で銀メダルを獲得し、48年ぶりの快挙を達成したペアでもある。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

リオ五輪

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。

トップ16しか出ないため全員強く、誰と当たるかというトーナメントの組み合わせも影響してくるという。また初戦敗退でも120ポイントが加算され、ベスト8は375点、優勝は1650ポイントなどとなり現在のポイント差は135ポイントなため石川選手が初戦敗退し平野選手が一度勝ったらポイントが逆転となる。同じところで終わった場合はポイントがひっくり返らないためノースアメリカOPでのポイント逆転は大きかったと語られた。バドミントンでは北京あたりから同じような争いになっていると語られた。また仲が悪くなるのではないのかと質問され、負けた方は消化するのが大事だが仲が悪くなることはないと語られた。一方ネットのあるスポーツは試合後抱き合ったりはしないがこの瞬間は仕方ないなどと述べられた。また今回のファイナルもほとんどがアジア人でアジアを制すれば世界を制するなどと語られた。またチーム戦が非常に大事で3番めに誰が来るかも大事だという。

卓球団体戦の選手を選ぶ基準について、3人のうち2人はシングルスの代表選手で、最後の1人はダブルスを組む時の相性も考慮するとのことで、仮に、現時点でのポイント数で、石川佳純選手がシングルス代表に決まったとしても、残り1枠に平野美宇選手が入ってくるかは分からないのだという。大谷さんが「決まった2人の意見を聞くなんてこともあるんですかね」と述べると、恵さんは「『誰とやりたい?』大谷さん残酷ですね」と返した。西村さんは「選手には聞かないと思いますね。今までのデータ・蓄積・ダブルスでどのような成績を収めてきたかっていうことで三番目は選ばれると私は思います」との見解を示した。伊藤美誠選手と誰かがダブルスを組む場合、相性のいい人はいるのかと見ていくと、早田ひな選手が浮上するという。「みまひなペア」というのは、世界選手権で銀メダルを獲得し、48年ぶりの快挙を達成したペアでもある。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

ワールドツアーグランドファイナル

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

アテネオリンピック

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。


東京富士大学

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。

トップ16しか出ないため全員強く、誰と当たるかというトーナメントの組み合わせも影響してくるという。また初戦敗退でも120ポイントが加算され、ベスト8は375点、優勝は1650ポイントなどとなり現在のポイント差は135ポイントなため石川選手が初戦敗退し平野選手が一度勝ったらポイントが逆転となる。同じところで終わった場合はポイントがひっくり返らないためノースアメリカOPでのポイント逆転は大きかったと語られた。バドミントンでは北京あたりから同じような争いになっていると語られた。また仲が悪くなるのではないのかと質問され、負けた方は消化するのが大事だが仲が悪くなることはないと語られた。一方ネットのあるスポーツは試合後抱き合ったりはしないがこの瞬間は仕方ないなどと述べられた。また今回のファイナルもほとんどがアジア人でアジアを制すれば世界を制するなどと語られた。またチーム戦が非常に大事で3番めに誰が来るかも大事だという。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

ノースアメリカOP

卓球とバドミントンの東京五輪代表争いについてのトーク。「できれば全員行かせてあげたいという気持ちになってしまう。だって東京オリンピックですから。女子のバドミントンも大変なことになってますね」「まさかこんな状況が起きるなんてっていうのは想像もしてなかったですね」などと語られ、前回のリオオリンピックのメダリストが行けない可能性が現在あると述べられた。藤井瑞希さんのプロフィールについて説明され、ロンドン五輪女子ダブルスで日本人初の銀メダル獲得を果たしたなどと語られた。かつては中国を追う形だったが今は世界的に日本を追う形になっているという。卓球について昨日ノースアメリカOP決勝後の石川佳純選手と平野美宇選手のコメントが発表され、オリンピック代表枠は伊藤美誠選手がほぼ確定しており、この2人のどちらかがシングルスの枠で出られると述べられた。この2人が昨日はノースアメリカンオープン決勝で直接対決となった。第1ゲーム、第2ゲームは石川選手が穫ったが第3ゲームは平野選手が9連続ポイントなどで取り返した。第4ゲームは石川選手がものにして勝利に王手、第5ゲームは平野選手が取り返した。第6ゲーム、石川選手が制して4−2で勝利となったと語られた。この後2人とも涙を流してコメントし、平野選手は涙を拭きながら会場を出ていくのが印象的だったと述べられた。

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。

トップ16しか出ないため全員強く、誰と当たるかというトーナメントの組み合わせも影響してくるという。また初戦敗退でも120ポイントが加算され、ベスト8は375点、優勝は1650ポイントなどとなり現在のポイント差は135ポイントなため石川選手が初戦敗退し平野選手が一度勝ったらポイントが逆転となる。同じところで終わった場合はポイントがひっくり返らないためノースアメリカOPでのポイント逆転は大きかったと語られた。バドミントンでは北京あたりから同じような争いになっていると語られた。また仲が悪くなるのではないのかと質問され、負けた方は消化するのが大事だが仲が悪くなることはないと語られた。一方ネットのあるスポーツは試合後抱き合ったりはしないがこの瞬間は仕方ないなどと述べられた。また今回のファイナルもほとんどがアジア人でアジアを制すれば世界を制するなどと語られた。またチーム戦が非常に大事で3番めに誰が来るかも大事だという。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

卓球とバドミントンの東京五輪代表争いについてのトーク。「できれば全員行かせてあげたいという気持ちになってしまう。だって東京オリンピックですから。女子のバドミントンも大変なことになってますね」「まさかこんな状況が起きるなんてっていうのは想像もしてなかったですね」などと語られ、前回のリオオリンピックのメダリストが行けない可能性が現在あると述べられた。藤井瑞希さんのプロフィールについて説明され、ロンドン五輪女子ダブルスで日本人初の銀メダル獲得を果たしたなどと語られた。かつては中国を追う形だったが今は世界的に日本を追う形になっているという。卓球について昨日ノースアメリカOP決勝後の石川佳純選手と平野美宇選手のコメントが発表され、オリンピック代表枠は伊藤美誠選手がほぼ確定しており、この2人のどちらかがシングルスの枠で出られると述べられた。この2人が昨日はノースアメリカンオープン決勝で直接対決となった。第1ゲーム、第2ゲームは石川選手が穫ったが第3ゲームは平野選手が9連続ポイントなどで取り返した。第4ゲームは石川選手がものにして勝利に王手、第5ゲームは平野選手が取り返した。第6ゲーム、石川選手が制して4−2で勝利となったと語られた。この後2人とも涙を流してコメントし、平野選手は涙を拭きながら会場を出ていくのが印象的だったと述べられた。

代表は今週の木曜日あたりにはポイントで決まると思われると語られた。ノースアメリカOPでは優勝しなければポイントが入らないため2人とも優勝しなければならなかず、2人ともやることはやったが結果は出てしまうという厳しい状況だと述べられた。現在は伊藤美誠選手が世界ランクのトップにいて候補として有力となっており、もう1人がシングルスに選ばれる。ダブルスまで入れると3人だがシングルス枠を2人が争っていると伝えられた。混合も含め上の代表枠から決まっていくと語られ、上の方が良いのかと質問するとダブルスでは相性もあるので難しいなどと答えられた。2人は昨日の試合が終わった時点で石川選手が7勝、平野選手が1勝という国際大会成績になっていてポイント差が際どいなどと語られた。また手の内を知っているなどの理由で日本人同士はやりにくいという。またロンドンオリンピックの時には福原愛選手、平野早矢香選手、石川佳純選手が団体で銀メダルを獲得していてリオ五輪では福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手というメンバーで平野美宇選手は補欠として帯同していたと説明された。だが試合には出られずこんな悔しいことはないなどと述べられた。平野選手は表彰式後にメダルをかけてもらえそうになったが「首からかけるのは東京で」と拒否したと語られた。昨日の試合について第4ゲームでのねばりがポイントだったと述べられ、2人のポイント差が135で残り1試合で決まると語られた。ノースアメリカOPはポイントが低いため通常強い選手は出ないが2人とも少しでもポイントがほしかったためあえて出ており、この後ワールドツアーグランドファイナルが待っていると語られた。大会は明後日から15日まで中国の鄭州で行われる。世界のトップ16が出るという。また伊藤美誠選手、佐藤瞳選手も出場するとのこと。

トップ16しか出ないため全員強く、誰と当たるかというトーナメントの組み合わせも影響してくるという。また初戦敗退でも120ポイントが加算され、ベスト8は375点、優勝は1650ポイントなどとなり現在のポイント差は135ポイントなため石川選手が初戦敗退し平野選手が一度勝ったらポイントが逆転となる。同じところで終わった場合はポイントがひっくり返らないためノースアメリカOPでのポイント逆転は大きかったと語られた。バドミントンでは北京あたりから同じような争いになっていると語られた。また仲が悪くなるのではないのかと質問され、負けた方は消化するのが大事だが仲が悪くなることはないと語られた。一方ネットのあるスポーツは試合後抱き合ったりはしないがこの瞬間は仕方ないなどと述べられた。また今回のファイナルもほとんどがアジア人でアジアを制すれば世界を制するなどと語られた。またチーム戦が非常に大事で3番めに誰が来るかも大事だという。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

東京五輪

ロシアのドーピング問題で、組織的な隠蔽に関与した選手は1000人超と結論づけたのはWADA。その会長は「自らを正す代わりにごまかしたお否定を続けてきた」などと切り捨てた。ロシアはメダル大国のひとつ。不正が明るみに出たのはリオ五輪だった。このときの対応について、WADA・IOCは批判をうけた。そうした事情から、WADAの権限が強化された。


「リオ五輪」に関連するイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

ロシアのドーピング問題で、組織的な隠蔽に関与した選手は1000人超と結論づけたのはWADA。その会長は「自らを正す代わりにごまかしたお否定を続けてきた」などと切り捨てた。ロシアはメダル大国のひとつ。不正が明るみに出たのはリオ五輪だった。このときの対応について、WADA・IOCは批判をうけた。そうした事情から、WADAの権限が強化された。


サンケイスポーツ

ロシアのドーピング問題で、組織的な隠蔽に関与した選手は1000人超と結論づけたのはWADA。その会長は「自らを正す代わりにごまかしたお否定を続けてきた」などと切り捨てた。ロシアはメダル大国のひとつ。不正が明るみに出たのはリオ五輪だった。このときの対応について、WADA・IOCは批判をうけた。そうした事情から、WADAの権限が強化された。