ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「リリー・フランキー」の検索結果

「リリー・フランキー」に関連する情報 1788件中 1〜10件目

「リリー・フランキー」に関連する映画・DVD

万引き家族

リリー・フランキーは息子を救った口下手で頑固な父を演じた。


「リリー・フランキー」に関連する本・コミック・雑誌

川上をよく知る人物は俳優の高嶋政伸。本当に友達か聞かれると「友達…といえば友達」と高嶋は答えた。2人の出会いは高嶋が30代、川上が20代の頃。ライブを観に行った時に共通の友人を通して知り合ったとのこと。高嶋と出会った後、2007年に小説家デビューを果たした川上。当時「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」がヒットした影響で「通天閣」という小説を書けと言われ悩んでいると高嶋に相談していたという。川上は昔から日記やポエムなどを書いていたが、小説家デビューのきっかけは現代詩を雑誌に発表した際に編集者から声を掛けられたことという。その1年後に2作目となる「乳と卵」を発刊し芥川賞を受賞した。その時の川上について高嶋はオーラが変わった」と語る。受賞後に金遣いが荒くなったか聞かれると川上は「お金を持った女の人は土地に走るかファッションに走るか2つある」といい「私はずっとバッグの検索をしてた」と語る。受賞作の手応えについては「プロの読み手から選評を貰い嬉しかった」などと語った。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

Amazon.co.jp


「リリー・フランキー」に関連する本・コミック・雑誌

有名人が書いた本の著者は?インテリチームが15ポイント獲得。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

Amazon.co.jp


「リリー・フランキー」に関連する本・コミック・雑誌

有名人が書いた本の著者は?

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

Amazon.co.jp


ネットもテレ東


TOHOシネマズ日比谷

凪待ちの映画宣伝。6月28日TOHOシネマズ日比谷にて。


「リリー・フランキー」に関連する映画・DVD

凪待ち

凪待ちの映画宣伝。6月28日TOHOシネマズ日比谷にて。


デイリースポーツ

AV女優はバレるか?バレないか?という話をした鶴瓶。リリー・フランキーは単体モノなら声かけられてしょうがないと感じていると述べる。鶴瓶は親や親戚にバレたらどうするのか?と語るとリリー・フランキーは昔はエロ本ならいいが一般誌はNGという親バレ回避があったがこの時代ではバレるのが早いと答えた。さらに鶴瓶は家に届くデイリースポーツがエロだらけと答え、リリー・フランキーはちゃんといやらしい人は自分がいやらしい気持ちになるまでにまどろっこしい設定があり、鶴瓶は顔がタイプな真面目な人が好みだと答え、優香の胸がなかったら最高と答えた。鶴瓶は無学の会の話をし、世界中で活躍する女性ソロ尺八奏者の辻本好美さんと一緒に盛り上がって飲んだが、リリー・フランキーは世界的な尺八奏者が会場に来ると言われ、鶴瓶に「音楽の方ですか?」と尋ねると鶴瓶は本人にそれは聞いてはいけないと注意。しかしリリー・フランキーは真面目に彼女に質問するが尺八の話題ではそっちの方に考えが行ってしまうと答えた。


芳賀書店

東京・神保町の芳賀書店で取材。専務の芳賀英紀はここはアダルトショップで日本で初めてビニ本を販売したビニ本発祥の書店。そこには今どきエロ本を熱心に吟味する男性を取材。Mっ気があると言う男性はフリーターで、スーツを着ているのはエロ本を買いに来たと思われないために毎回スーツを着て吟味しているという。今どきエロ本を選ぶのは妄想のほうが好きで選んだエロ本片手に妄想を語った。さらにエロ本の片手に河川敷にエロ本が捨ててあってそれが忘れられず目覚めたと答えた。


太田胃散

鶴瓶は股間の薬のCMについて語り、リリー・フランキーは小林製薬の目の付け所が良いと答え、各所かゆみなどの症状などのシェアは少ないのに広告をうっているのがスゴイと感心した。