ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「レンジャーズ」の検索結果

「レンジャーズ」に関連する情報 12372件中 1〜10件目

アスレチックス

レンジャーズ対アスレチックスは1-5でアスレチックスの勝利。9月に事実上の戦力外通告を受けていた有原航平が約11カ月ぶりに登板した。


日本ハム

レンジャーズ対アスレチックスは1-5でアスレチックスの勝利。9月に事実上の戦力外通告を受けていた有原航平が約11カ月ぶりに登板した。


レンジャーズ

レンジャーズ対アスレチックスは1-5でアスレチックスの勝利。9月に事実上の戦力外通告を受けていた有原航平が約11カ月ぶりに登板した。


レンジャーズ

エンゼルス・大谷翔平選手が、ベーブルース以来104年ぶりに2桁勝利・2桁ホームランを達成した。大谷選手の、今シーズンのホームラン映像を紹介。岩手めんこいテレビ営業部の大原さんは、大谷選手と高校の同級生。エンゼルス・マドン監督は、大谷翔平選手に「岩は友達」と伝えた。藤川球児が、大谷選手にインタビューした。大谷選手が、日本人選手では最速となるメジャー通算100号ホームランを打った。エンゼルスは6月に球団ワーストの14連敗となり、マドン監督が解任された。


エンゼルス

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平が9日に投手として10勝目を挙げ、ベーブ・ルース以来104年ぶりに2桁勝利・2桁本塁打を達成した。“ピッチングニンジャ”の異名を持つ投球分析家のロブ・フリードマン氏は大谷のスライダーを「空飛ぶ円盤のような魔球」と語った。大谷のスライダーは速くて水平に動き、曲がり幅がかなり大きく、軌道が円盤のようだという。番組では50cm以上曲がる大谷のスライダーの軌道を独自に再現してみた。大谷は去年22%だったスライダーの比率を今年は36.2%に増やし、空振り率も去年の31.1%から今年は43.7%に上がった。対戦したレンジャーズのカルフーン選手は「あのピッチングは信じられない。彼特有のボールに対応しなくてはいけない」と語っている。大谷が投球練習をする時に通訳が機械を使って何かを計測している光景が見られる。大谷はボールの回転数などを計測できる機器を使って精度を高めているという。フリードマン氏はスローモーションカメラを使うことで、リリースの仕方や握り方でボールがどう変化するかが分かると語った。大谷が緻密な努力を重ねた結果、スライダーは進化を遂げた。筑波大学の川村准教授は大谷が少し腕を下げて投げることでスライダーの横の曲がりが大きくなっていると指摘した。さらに川村は大谷が体の調子や状況に応じてピッチングを変化させることができるようになったと語った。大谷は160キロを超えるストレートと4種類の変化球を投げ分けている。平均球速は最も速いストレートが157キロ、最も遅いカーブが126キロ。この2つの急速を打席で比較した映像を紹介した。


「レンジャーズ」に関連する本・コミック・雑誌

ドカベン

『ドカベンの岩鬼もビックリ!? 「悪球打ち」をPLAYBACK』と題し、8月1日のエンゼルスvsレンジャーズでの大谷翔平のプレイをVTRで紹介。大谷は今シーズン3本目となるスリーベースヒットを放つなどの活躍を見せた。大谷が低めの悪球を打ったことについて谷繁は大谷の打撃フォームからしても低めがそもそも得意で、悪球を打っている感覚はなかったなどと解説した。


レンジャーズ

『ドカベンの岩鬼もビックリ!? 「悪球打ち」をPLAYBACK』と題し、8月1日のエンゼルスvsレンジャーズでの大谷翔平のプレイをVTRで紹介。大谷は今シーズン3本目となるスリーベースヒットを放つなどの活躍を見せた。大谷が低めの悪球を打ったことについて谷繁は大谷の打撃フォームからしても低めがそもそも得意で、悪球を打っている感覚はなかったなどと解説した。


エンゼルス

『ドカベンの岩鬼もビックリ!? 「悪球打ち」をPLAYBACK』と題し、8月1日のエンゼルスvsレンジャーズでの大谷翔平のプレイをVTRで紹介。大谷は今シーズン3本目となるスリーベースヒットを放つなどの活躍を見せた。大谷が低めの悪球を打ったことについて谷繁は大谷の打撃フォームからしても低めがそもそも得意で、悪球を打っている感覚はなかったなどと解説した。

トレード期限終了でエンゼルス残留が決定した大谷翔平についてAKI猪瀬は、パドレスやヤンキースなどがリアルティーあるオファーをしていたと言われているがモレノオーナーが大谷を放出するべきではないと判断したためトレード自体が流れていったなどと伝えた。8月3日のエンゼルスvsアスレチックスに出場した大谷は、中継が走塁を映す間もなくセカンドに到達するヒットを放つなどの活躍を見せた。

8月4日のエンゼルスvsアスレチックスに出場した大谷翔平は、3失点で7敗目となり2桁勝利を逃し、ベーブ・ルース以来の偉業達成はお預けとなった。

8月5日のエンゼルスvsアスレチックスに出場した大谷翔平は、23号&24号ホームランを放つなどの活躍を見せた。大谷はMLB日本人通算HR数が117本で歴代2位タイとなった。大谷の悪球打ちについて谷繁は内角にくることを予想していたから打てたなどと解説した。


レンジャーズ

先週日曜日、大谷翔平選手は逆転3ランホームランを放った。エンゼルスは連敗をストップ。

翌月曜日には今季3本目の三塁打を打ち実況にユニコーンに例えられた。見逃せばボールの球もヒットにしこの日は全打席で出塁した。


レンジャーズ

日本時間先月31日に大谷翔平選手は22号3ランを放った。全米は大谷選手の去就に注目していたが、3日にはエンゼルス残留が決定。喜ぶファンがいる一方、プレーオフ進出が厳しい現状に嘆く現地メディアの報道もあった。翌日に大谷選手はベーブ・ルース以来の104年ぶり2桁勝利、2桁本塁打に3度目の挑戦。5回まで毎回7奪三振の力投で2年連続150奪三振をマークするも6回に勝ち越しのホームランを浴び、偉業は持ち越しとなった。さらに翌日には23号ソロ、24号ソロを放ち、1試合2HRは今季5度目。イチロー氏に並ぶ117本で日本人選手のMLB通算HR数2位タイとなった。リアル二刀流は今度の水曜日の予定。大谷選手の話題は7時30分過ぎにも詳しく伝えることもアナウンスされた。(サンケイスポーツ)



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。