ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ロンドン五輪」の検索結果

「ロンドン五輪」に関連するイベント情報 35245件中 1〜10件目

「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

体操の内村航平が地元の長崎で、地震がプロデュースした大運動会に参加した。内村は「1分1秒が大事になってくると思うので、無駄にしないように頑張っていきたい」と、東京五輪への思いを語った。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

東京五輪マラソンコースについて。IOC理事会では日程・スタートとゴール地点と最初の20キロまではきまったが、残りのコースが決まっていない。異例の事ではあるが、開催都市の意向が採用されたのは良かったと思うと千葉。残りのコースについては同じコースをもう1周する組織委員会と7キロを3周という世界陸連で意見が割れている。世界的にはマラソンの人気は高くなく、コースを短縮した方が観客が凝縮され見栄えが良く選手にもやる気が出る。観客側も複数回選手を見られる利点がある。また設営や警備なども短縮できるので経費削減にも繋がる。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

リオ五輪

札幌のマラソンの前半のコースは決まったが、後半がまだ決まっていない。大会組織委員会はこれをもう1周しりコース、世界陸連は7kmの3周を提案している。もう1周では、既存の北海道マラソンのコースを活用でき、観光名所を巡れて世界に札幌を発信、また大会のレガシーとしてハーフマラソンに活用できる。周回コースでは、医療体制や給水所などが少なくてすみ、警備・運営要因の確保が容易になり、観客の観戦の機会が増え、テレビ中継の経費が節約できる。原さんは「アスリートの視点がない。そもそもフルマラソンはハーフマラソンを折り返してくるもの。周回コースはトラック競技の延長となり、ロードレースと言えないのでは。」などとした。ロンドン五輪もリオ五輪も周回が含まれている。春日さんは「都市型に合わせないと、という危機感もある。世界的にはマラソンは人気がない。若者が根性論や苦労などにあまり感動しない世界。」などとした。春日さんによると、コンパクトに周回することで見栄えが良くなる。また観戦の機会も増える。スタート地点にいた場合、大会組織委員会の案では計3回、世界陸連の案では計5回観戦できる。原さんは「何度も言うが、マラソンは孤独なスポーツ。監督が指示を出してはいけない。」などとした。春日さんは「忍耐を称えるのも大事だが、これからのオリンピックでは違うものを求めたい。選手と一緒に大会を盛り上げる方向に行かざるを得ない。」とした。田中さんは「テレビはノウハウが変わりそう。」「見る方も気合が要りそう。」などとした。原さんは「マラソンランナーとは、生活全てを懸けて戦うもの。」などとした。春日さんは「先生のような意見が届くようにしたい。」とした。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

札幌のマラソンの前半のコースは決まったが、後半がまだ決まっていない。大会組織委員会はこれをもう1周しりコース、世界陸連は7kmの3周を提案している。もう1周では、既存の北海道マラソンのコースを活用でき、観光名所を巡れて世界に札幌を発信、また大会のレガシーとしてハーフマラソンに活用できる。周回コースでは、医療体制や給水所などが少なくてすみ、警備・運営要因の確保が容易になり、観客の観戦の機会が増え、テレビ中継の経費が節約できる。原さんは「アスリートの視点がない。そもそもフルマラソンはハーフマラソンを折り返してくるもの。周回コースはトラック競技の延長となり、ロードレースと言えないのでは。」などとした。ロンドン五輪もリオ五輪も周回が含まれている。春日さんは「都市型に合わせないと、という危機感もある。世界的にはマラソンは人気がない。若者が根性論や苦労などにあまり感動しない世界。」などとした。春日さんによると、コンパクトに周回することで見栄えが良くなる。また観戦の機会も増える。スタート地点にいた場合、大会組織委員会の案では計3回、世界陸連の案では計5回観戦できる。原さんは「何度も言うが、マラソンは孤独なスポーツ。監督が指示を出してはいけない。」などとした。春日さんは「忍耐を称えるのも大事だが、これからのオリンピックでは違うものを求めたい。選手と一緒に大会を盛り上げる方向に行かざるを得ない。」とした。田中さんは「テレビはノウハウが変わりそう。」「見る方も気合が要りそう。」などとした。原さんは「マラソンランナーとは、生活全てを懸けて戦うもの。」などとした。春日さんは「先生のような意見が届くようにしたい。」とした。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

MGC

札幌のマラソンの前半のコースは決まったが、後半がまだ決まっていない。大会組織委員会はこれをもう1周しりコース、世界陸連は7kmの3周を提案している。もう1周では、既存の北海道マラソンのコースを活用でき、観光名所を巡れて世界に札幌を発信、また大会のレガシーとしてハーフマラソンに活用できる。周回コースでは、医療体制や給水所などが少なくてすみ、警備・運営要因の確保が容易になり、観客の観戦の機会が増え、テレビ中継の経費が節約できる。原さんは「アスリートの視点がない。そもそもフルマラソンはハーフマラソンを折り返してくるもの。周回コースはトラック競技の延長となり、ロードレースと言えないのでは。」などとした。ロンドン五輪もリオ五輪も周回が含まれている。春日さんは「都市型に合わせないと、という危機感もある。世界的にはマラソンは人気がない。若者が根性論や苦労などにあまり感動しない世界。」などとした。春日さんによると、コンパクトに周回することで見栄えが良くなる。また観戦の機会も増える。スタート地点にいた場合、大会組織委員会の案では計3回、世界陸連の案では計5回観戦できる。原さんは「何度も言うが、マラソンは孤独なスポーツ。監督が指示を出してはいけない。」などとした。春日さんは「忍耐を称えるのも大事だが、これからのオリンピックでは違うものを求めたい。選手と一緒に大会を盛り上げる方向に行かざるを得ない。」とした。田中さんは「テレビはノウハウが変わりそう。」「見る方も気合が要りそう。」などとした。原さんは「マラソンランナーとは、生活全てを懸けて戦うもの。」などとした。春日さんは「先生のような意見が届くようにしたい。」とした。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

北海道マラソン

札幌のマラソンの前半のコースは決まったが、後半がまだ決まっていない。大会組織委員会はこれをもう1周しりコース、世界陸連は7kmの3周を提案している。もう1周では、既存の北海道マラソンのコースを活用でき、観光名所を巡れて世界に札幌を発信、また大会のレガシーとしてハーフマラソンに活用できる。周回コースでは、医療体制や給水所などが少なくてすみ、警備・運営要因の確保が容易になり、観客の観戦の機会が増え、テレビ中継の経費が節約できる。原さんは「アスリートの視点がない。そもそもフルマラソンはハーフマラソンを折り返してくるもの。周回コースはトラック競技の延長となり、ロードレースと言えないのでは。」などとした。ロンドン五輪もリオ五輪も周回が含まれている。春日さんは「都市型に合わせないと、という危機感もある。世界的にはマラソンは人気がない。若者が根性論や苦労などにあまり感動しない世界。」などとした。春日さんによると、コンパクトに周回することで見栄えが良くなる。また観戦の機会も増える。スタート地点にいた場合、大会組織委員会の案では計3回、世界陸連の案では計5回観戦できる。原さんは「何度も言うが、マラソンは孤独なスポーツ。監督が指示を出してはいけない。」などとした。春日さんは「忍耐を称えるのも大事だが、これからのオリンピックでは違うものを求めたい。選手と一緒に大会を盛り上げる方向に行かざるを得ない。」とした。田中さんは「テレビはノウハウが変わりそう。」「見る方も気合が要りそう。」などとした。原さんは「マラソンランナーとは、生活全てを懸けて戦うもの。」などとした。春日さんは「先生のような意見が届くようにしたい。」とした。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

東京五輪

札幌のマラソンの前半のコースは決まったが、後半がまだ決まっていない。大会組織委員会はこれをもう1周しりコース、世界陸連は7kmの3周を提案している。もう1周では、既存の北海道マラソンのコースを活用でき、観光名所を巡れて世界に札幌を発信、また大会のレガシーとしてハーフマラソンに活用できる。周回コースでは、医療体制や給水所などが少なくてすみ、警備・運営要因の確保が容易になり、観客の観戦の機会が増え、テレビ中継の経費が節約できる。原さんは「アスリートの視点がない。そもそもフルマラソンはハーフマラソンを折り返してくるもの。周回コースはトラック競技の延長となり、ロードレースと言えないのでは。」などとした。ロンドン五輪もリオ五輪も周回が含まれている。春日さんは「都市型に合わせないと、という危機感もある。世界的にはマラソンは人気がない。若者が根性論や苦労などにあまり感動しない世界。」などとした。春日さんによると、コンパクトに周回することで見栄えが良くなる。また観戦の機会も増える。スタート地点にいた場合、大会組織委員会の案では計3回、世界陸連の案では計5回観戦できる。原さんは「何度も言うが、マラソンは孤独なスポーツ。監督が指示を出してはいけない。」などとした。春日さんは「忍耐を称えるのも大事だが、これからのオリンピックでは違うものを求めたい。選手と一緒に大会を盛り上げる方向に行かざるを得ない。」とした。田中さんは「テレビはノウハウが変わりそう。」「見る方も気合が要りそう。」などとした。原さんは「マラソンランナーとは、生活全てを懸けて戦うもの。」などとした。春日さんは「先生のような意見が届くようにしたい。」とした。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

東京五輪のマラソンコースは前半の20キロのみ決定したが、後半については組織委員会と世界陸連側で交渉が続いている。周回案にすることによって、競技役員やボランティアの人員削減や、テロ対策がしやすくなるといった利点もある。2周目以降のコース決定について森会長は「世界陸連も現地が見たいと専門家が言っていて、コースを見ても日本側で理解が得られると思っている」と話した。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

ロシアのドーピング問題については、2014年12月にロシアの代表選手が内部告発し、2015年11月のWADAの調査結果により組織的なドーピングをしていたと認定され、2016年のリオオリンピックでWADAは、IOCや国際パラリンピック委員会にはロシア選手団の排除を検討するよう促す勧告しかできず、IOCが各競技団体の判断に委ねたため、ロシア選手団として参加をした。IOCは五輪の魅力が半減する恐れがあるため、ロシアを抜けないという。WADAは2018年に規則を改定し、処分に強制力を持たせたとのこと。今月の9日にWADAの常任理事会で、ロシアの処分案を審議する。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

20歳の森ひかる選手はトリフィスという大技を解禁した。3回宙返りだ。世界トランポリン史上初となる日本選手個人での金メダルを決めた。東京五輪は、5カ年計画のゴールだという。元日本代表の廣田さんは、森選手の安定感は、世界でもトップクラスだという。