ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ロンドン五輪」の検索結果

「ロンドン五輪」に関連するイベント情報 35355件中 21〜30件目

「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

初出場のシドニー五輪では五位入賞したものの次のアテネ五輪は出場枠を逃した。そこで再建を託されたのが山崎浩子で、指導のもと成績はV字回復を果たしオリンピックでもロンドン五輪、リオ五輪と2大会連続で入賞となった。去年の世界選手権ではメダル3つを獲得した。この裏には山崎が覚悟を決めたある改革があったという。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

シドニー五輪

初出場のシドニー五輪では五位入賞したものの次のアテネ五輪は出場枠を逃した。そこで再建を託されたのが山崎浩子で、指導のもと成績はV字回復を果たしオリンピックでもロンドン五輪、リオ五輪と2大会連続で入賞となった。去年の世界選手権ではメダル3つを獲得した。この裏には山崎が覚悟を決めたある改革があったという。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

東京五輪

12月東京都北区、味の素ナショナルトレーニングセンター。日本のトップレベルの競技者専用施設、14の競技の設備がある。新体操フェアリージャパン、一躍金メダル候補に名乗りを上げた9月の世界選手権、44年ぶりの団体総合銀メダル。強化本部長は現役時代全日本選手権5連覇を達成、ロサンゼルス五輪では日本人初の入賞。実は東山紀之とは30年来の友人。驚いたのは基礎練習、一糸乱れぬ動きが延々と続く。曲に合わせた演技の練習、今は東京五輪にむけ一から作品を作る状態。完成度は2割程度、失敗したら最初から。キレイにやれるまでは半年以上、同じところに投げるとかが難しく反復練習しかない。練習が実ったのが世界選手権種目別ボール、日本初の種目別金メダル。成績は僅差、すぐ追いつかれると曲も構成も全て変えることに。習得中の大技「ランドセル」、一回転して背負われた選手がキャッチする。次々と新技披露、片手キャッチは世界一、落下は0.5減点、両手は0.1減点、世界一に導いた。手ではなく肋骨で取る。東山がボールを体験、その後団子の差し入れ。一躍金メダル候補となったフェアリージャパン、道のりは険しかった。

初出場のシドニー五輪では五位入賞したものの次のアテネ五輪は出場枠を逃した。そこで再建を託されたのが山崎浩子で、指導のもと成績はV字回復を果たしオリンピックでもロンドン五輪、リオ五輪と2大会連続で入賞となった。去年の世界選手権ではメダル3つを獲得した。この裏には山崎が覚悟を決めたある改革があったという。

代表に選ばれると選手は共同生活を送る。週6日1日8時間の練習で共同生活は年間350日という。3食すべて全員一緒に食べる。選手たちは上が26歳で下が15歳でだいぶ幅があるが敬語は禁止という。

東京五輪でメダル獲得となれば五輪史上初の快挙となる。山崎浩子は「たくさん難度点を入れるということはもちろんだがそれが出来るかどうかということは練習しかないので金メダルを目指している」などと話した。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

2012年ロンドン五輪

最初の目的地は、去年9月、東京・新宿区に誕生した「日本オリンピックミュージアム」。様々な展示で五輪の魅力に触れられる施設で、来場者数は18万人を突破する人気スポットだ。1階エリアには、本物の聖火リレーのトーチが展示されており、天井の照明は五輪の輪をイメージしたデザインになっている。そして、有料のエリアの2階には歴代の聖火リレーのトーチや、タッチパネル式で気軽に楽しめる五輪の歴代ポスターなどデザイン性の高さが見どころだ。そして、他にも最新技術で五輪競技を疑似体験できるエリアがあり、例えばジャンプ力をフィギュアスケートの羽生結弦選手や、体操の内村航平選手らと比較できるという。中でも注目なのが、陸上男子100mの世界記録保持者・ウサイン・ボルトの五輪レコードを体感できるアトラクションだという。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

平野美宇の母・真理子さんは「あの挫折があったから今の強さがある」などと述べていた。平野はリオ五輪の際にはメンバーから落選し、補欠として帯同。サポートに徹していた。悔しさを胸に平野は中国での武者修行で身につけた攻める卓球を武器に世界からハリケーン・ヒラノと恐れられるまでになった。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

W杯

注目は3大会連続メダルを目指す女子団体。現在日本は卓球女子チームランキングで2位。そこに平野美宇が入ったことで第2シードが近づき、決勝まで中国との対戦はなし。ロンドン五輪団体銀の平野早矢香さんによれば平野は去年のW杯団体戦でも石川佳純とダブルスを組んでいたが、過去には伊藤美誠ともダブルスを組んだことがある。対戦相手によってどのペアリングでも行けるということは対戦相手からするとやりにくさがあると指摘する。東京五輪ではダブルスが第1試合に組まれている中、ダブルスで勝利し主導権を握る計算ができるという。事実、平野早矢香さんが銀メダルを獲得したロンドン五輪では日本は準決勝までの3試合で違うペアを組み全て勝利。シンガポール戦では日本はこの大会では初となる平野・石川ペアで臨み、相手の意表を突いて圧勝している。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドンオリンピック

注目は3大会連続メダルを目指す女子団体。現在日本は卓球女子チームランキングで2位。そこに平野美宇が入ったことで第2シードが近づき、決勝まで中国との対戦はなし。ロンドン五輪団体銀の平野早矢香さんによれば平野は去年のW杯団体戦でも石川佳純とダブルスを組んでいたが、過去には伊藤美誠ともダブルスを組んだことがある。対戦相手によってどのペアリングでも行けるということは対戦相手からするとやりにくさがあると指摘する。東京五輪ではダブルスが第1試合に組まれている中、ダブルスで勝利し主導権を握る計算ができるという。事実、平野早矢香さんが銀メダルを獲得したロンドン五輪では日本は準決勝までの3試合で違うペアを組み全て勝利。シンガポール戦では日本はこの大会では初となる平野・石川ペアで臨み、相手の意表を突いて圧勝している。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

東京五輪

きのうは五輪の卓球代表選手が発表。東京五輪代表の女子シングルス&団体には伊藤美誠と石川佳純が代表として選ばれた。団体戦メンバーの女子3人目の選手として平野美宇が初の五輪代表入りを果たした。男子シングルス&団体には張本智和と丹羽孝希が選ばれた。団体戦メンバー男子3人目の選手には水谷隼が選ばれた。男女混合ダブルスペアは国際大会に派遣し、ベストな組み合わせを探っていく方針だったが、きのう前倒しで発表。水谷隼・伊藤美誠ペアが代表候補選手ペアに決まった。このペアは去年のワールドツアーグランドファイナルで準優勝するなど、国際大会で実績を積んできた。

注目は3大会連続メダルを目指す女子団体。現在日本は卓球女子チームランキングで2位。そこに平野美宇が入ったことで第2シードが近づき、決勝まで中国との対戦はなし。ロンドン五輪団体銀の平野早矢香さんによれば平野は去年のW杯団体戦でも石川佳純とダブルスを組んでいたが、過去には伊藤美誠ともダブルスを組んだことがある。対戦相手によってどのペアリングでも行けるということは対戦相手からするとやりにくさがあると指摘する。東京五輪ではダブルスが第1試合に組まれている中、ダブルスで勝利し主導権を握る計算ができるという。事実、平野早矢香さんが銀メダルを獲得したロンドン五輪では日本は準決勝までの3試合で違うペアを組み全て勝利。シンガポール戦では日本はこの大会では初となる平野・石川ペアで臨み、相手の意表を突いて圧勝している。

平野美宇の母・真理子さんは「あの挫折があったから今の強さがある」などと述べていた。平野はリオ五輪の際にはメンバーから落選し、補欠として帯同。サポートに徹していた。悔しさを胸に平野は中国での武者修行で身につけた攻める卓球を武器に世界からハリケーン・ヒラノと恐れられるまでになった。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

午後1時ごろ、卓球の東京五輪の日本代表候補となる男女3選手が発表された。まずは女子シングルス代表の2人。伊藤美誠選手(世界ランキング3位)と石川佳純選手(3大会連続出場)。伊藤選手は「初めての金3つを目指して頑張っていきたい」と話した。石川佳純選手は「シングルスはメダル獲得、団体戦は金メダル獲得を目指して頑張りたい」とコメント。団体戦代表(第1試合ダブルスとその後シングルス4試合で戦うためシングルス代表とダブルスを組めるかなどで選考)は平野美宇選手。平野美宇選手は石川佳純選手とシングルス代表の座を争って涙を飲んだが団体戦選手としてオリンピック初出場を決めた。平野美宇選手は「金メダルを目指し、石川選手・伊藤選手と共に力をあわせて貢献できるように頑張る」とコメントした。一方シングルス男子は張本智和選手、丹羽孝希選手。団体戦の選手は水谷隼選手が選ばれた。水谷隼選手は北京・ロンドン・リオと3大会に出場。2016年のリオ五輪では団体で銀、シングルスで銅に輝いた。


「ロンドン五輪」に関連するイベント情報

豪華な金色の振り袖姿で羽田空港に現れたのは、東京オリンピック出場を確実にしている卓球の伊藤美誠選手だ。元日の朝には生まれて初めて、約4000m上空から初日の出を鑑賞した。今年、20歳の誕生日を迎える伊藤選手は今年のテーマを”無敗の女”として、「負けない選手、勝てる選手になりたい。”無敗の女”になれるように1日1日を大切に頑張りたい。」と語った。一方、武蔵御嶽神社では、20年間の競技人生の集大成を迎えるウエイトリフティングの三宅宏実選手が初日の出を拝んだ。ロンドン五輪では銀メダル、リオ五輪では銅メダルを獲得しており、5大会連続のオリンピック出場を目指して「初日の出が金メダルのように輝いていて格別綺麗だった。同じように輝ける1年にしたいと思う。」と決意を語った。