ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ワシントンポスト」の検索結果

「ワシントンポスト」に関連する情報 6000件中 1〜10件目

ワシントン・ポスト

フェイスブックのCEOの男性がインスタグラムで話をする映像が投稿されているが、この動画は偽物となっていた。「ディープフェイク」と呼ばれるこの動画は人の画像をAIを使って加工し、その人が動き・話をしているように見せるものとなっている。これまでは本来外国語吹き替え技術改善などのために設計されていて、イギリスで行われた芸術イベントのために制作されたものとなっていた。約10万回再生されていて、もともと存在する氏の演説に声をあてたものとなっているために声は異なっているものの、ガボン共和国ではこの「ディープフェイク」をめぐり、長時間姿を見せず死亡説のあったアリ・ボンゴ大統領が新年用のメッセージを投稿していて、これがディープフェイクではないかという懸念からクーデターが起こりそうになったとも言われている。


ワシントン・ポスト

本物と見分けがつかないディープフェイク動画で国を揺るがす事態になったのはガボン共和国。長期間姿を見せておらず死亡説などあったボンゴ大統領が突如去年末新年用のメッセージを投稿した。ワシントン・ポストはこれがディープフェイクでは?と波紋を広げクーデター未遂の引き金になったと言われる。


ニュースデイ

トランプ大統領と民主党大統領選有力候補、バイデン前副大統領の非難合戦だ。2人は11日大統領選の重要州であるアイオアで、それぞれ集会を開催。トランプ大統領はバイデン氏を「寝ぼけた男」などと呼び、バイデン氏はトランプ大統領を「米に対する脅威だ」と非難。記事はお互いが2020年大統領選の対戦相手である事を意識しあっていると指摘。ワシントンポストはトランプ大統領の周辺から批判はバイデン氏を有利にすると忠告が出ているにも関わらずトランプ大統領が批判を続けているとしている。ニューヨーク・タイムズでもこの非難合戦はバイデン氏にとっての追い風だと伝えている。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ/ニューヨークポスト/デイリーニュース/ニュースデイ)


デイリーニュース

トランプ大統領と民主党大統領選有力候補、バイデン前副大統領の非難合戦だ。2人は11日大統領選の重要州であるアイオアで、それぞれ集会を開催。トランプ大統領はバイデン氏を「寝ぼけた男」などと呼び、バイデン氏はトランプ大統領を「米に対する脅威だ」と非難。記事はお互いが2020年大統領選の対戦相手である事を意識しあっていると指摘。ワシントンポストはトランプ大統領の周辺から批判はバイデン氏を有利にすると忠告が出ているにも関わらずトランプ大統領が批判を続けているとしている。ニューヨーク・タイムズでもこの非難合戦はバイデン氏にとっての追い風だと伝えている。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ/ニューヨークポスト/デイリーニュース/ニュースデイ)


ニューヨークポスト

トランプ大統領と民主党大統領選有力候補、バイデン前副大統領の非難合戦だ。2人は11日大統領選の重要州であるアイオアで、それぞれ集会を開催。トランプ大統領はバイデン氏を「寝ぼけた男」などと呼び、バイデン氏はトランプ大統領を「米に対する脅威だ」と非難。記事はお互いが2020年大統領選の対戦相手である事を意識しあっていると指摘。ワシントンポストはトランプ大統領の周辺から批判はバイデン氏を有利にすると忠告が出ているにも関わらずトランプ大統領が批判を続けているとしている。ニューヨーク・タイムズでもこの非難合戦はバイデン氏にとっての追い風だと伝えている。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ/ニューヨークポスト/デイリーニュース/ニュースデイ)


ワシントン・ポスト

トランプ大統領と民主党大統領選有力候補、バイデン前副大統領の非難合戦だ。2人は11日大統領選の重要州であるアイオアで、それぞれ集会を開催。トランプ大統領はバイデン氏を「寝ぼけた男」などと呼び、バイデン氏はトランプ大統領を「米に対する脅威だ」と非難。記事はお互いが2020年大統領選の対戦相手である事を意識しあっていると指摘。ワシントンポストはトランプ大統領の周辺から批判はバイデン氏を有利にすると忠告が出ているにも関わらずトランプ大統領が批判を続けているとしている。ニューヨーク・タイムズでもこの非難合戦はバイデン氏にとっての追い風だと伝えている。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ/ニューヨークポスト/デイリーニュース/ニュースデイ)


ニューヨーク・タイムズ

記事は、中国本土への容疑者引き渡しを可能とする逃亡犯条例の改正案撤回を求めた12日の香港のデモの様子を報じている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、議会は20日に円滑に採決を行えるよう、事前に追加審議を予定するなど異例の対応だ。デモの主催者らは20日の採決まで議会の外に居続け抗議を続けると述べている。(ウォール・ストリート・ジャーナル/ニューヨーク・タイムズ)

トランプ大統領と民主党大統領選有力候補、バイデン前副大統領の非難合戦だ。2人は11日大統領選の重要州であるアイオアで、それぞれ集会を開催。トランプ大統領はバイデン氏を「寝ぼけた男」などと呼び、バイデン氏はトランプ大統領を「米に対する脅威だ」と非難。記事はお互いが2020年大統領選の対戦相手である事を意識しあっていると指摘。ワシントンポストはトランプ大統領の周辺から批判はバイデン氏を有利にすると忠告が出ているにも関わらずトランプ大統領が批判を続けているとしている。ニューヨーク・タイムズでもこの非難合戦はバイデン氏にとっての追い風だと伝えている。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ/ニューヨークポスト/デイリーニュース/ニュースデイ)


ニューヨーク・タイムズ

米・トランプ大統領が7日、メキシコからの輸入品に対する関税の発動を見送った事について、ニューヨーク・タイムズの中面の見出しでは『トランプ氏が自作の危機を回避』。記事は、今回合意した内容はいずれもこれまでに合意したものと指摘。国境を整備する治安部隊を増やす事は、3月に水面下で合意していた内容で、不法移民をメキシコに待機させる事は、去年12月に合意し発表されたものだった。そして今回の関税発動見送りまでの経緯を含め、これまでにも様々な脅威をもたらしてきたトランプ氏の行動は自らが主人公の自作ドラマという見方を示している。トランプ氏が目標が手の届かない所にある場合、強硬な手段で脅かし、期限を設け譲歩を求め、取引を打ち切り、ひどい結果になる事を避けて勝利を宣言する傾向があるなどと指摘しているそうだ。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ)


ワシントン・ポスト

米・トランプ大統領が7日、メキシコからの輸入品に対する関税の発動を見送った事について、ニューヨーク・タイムズの中面の見出しでは『トランプ氏が自作の危機を回避』。記事は、今回合意した内容はいずれもこれまでに合意したものと指摘。国境を整備する治安部隊を増やす事は、3月に水面下で合意していた内容で、不法移民をメキシコに待機させる事は、去年12月に合意し発表されたものだった。そして今回の関税発動見送りまでの経緯を含め、これまでにも様々な脅威をもたらしてきたトランプ氏の行動は自らが主人公の自作ドラマという見方を示している。トランプ氏が目標が手の届かない所にある場合、強硬な手段で脅かし、期限を設け譲歩を求め、取引を打ち切り、ひどい結果になる事を避けて勝利を宣言する傾向があるなどと指摘しているそうだ。(ワシントン・ポスト/ニューヨーク・タイムズ)


ワシントン・ポスト

ワシントン・ポストはトランプ大統領が不法移民対策として打ちだしたメキシコに対する制裁関税について、共和党内部で阻止の動きがあると伝えてる。この制裁関税はトランプ氏が2月に発令した国家非常事態宣言に基づくものだが、共和党の一部が関税を阻止するために非常事態宣言を無効化する決議を検討しているという。3月にはこの非常事態宣言を無効化する決議が可決されたが、トランプ氏が拒否権を発動させた。ただ今回は拒否権を覆すために必要な賛成は得られるとみられていて、宣言の無効化で関税や壁建設は阻止されることになると記事は伝えている。トランプ氏は4日、訪問中のイギリスで共和党内からは絶大な支持を得ている。5日、メキシコと協議するが関税は発動することになると強気な姿勢を示した。(ワシントン・ポスト)