ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ワシントン・ポスト」の検索結果

「ワシントン・ポスト」に関連する情報 6083件中 1〜10件目

ワシントン・ポスト紙

中東のホルムズ海峡のイラン領海内で、小型タンカーが消息を絶ったと海外メディアが伝えた。消息を絶ったのはアラブ首長国連邦を拠点にするパナマ船籍の小型タンカー。ワシントン・ポスト紙は「アメリカ当局はイランの革命防衛隊が拿捕したとみている」と報じている。一方、イラン外務省は16日、「ペルシャ湾で故障をした外国のタンカーから救難信号を受け取ったため、イラン軍が領海内に牽引した」と発表している。アメリカは19日にも関係国に対して、ホルムズ海峡の安全確保に関する有志連合構想の説明をし、協力を求める方針だという。


イラン外務省

中東のホルムズ海峡のイラン領海内で、小型タンカーが消息を絶ったと海外メディアが伝えた。消息を絶ったのはアラブ首長国連邦を拠点にするパナマ船籍の小型タンカー。ワシントン・ポスト紙は「アメリカ当局はイランの革命防衛隊が拿捕したとみている」と報じている。一方、イラン外務省は16日、「ペルシャ湾で故障をした外国のタンカーから救難信号を受け取ったため、イラン軍が領海内に牽引した」と発表している。アメリカは19日にも関係国に対して、ホルムズ海峡の安全確保に関する有志連合構想の説明をし、協力を求める方針だという。


ワシントン・ポスト紙のHP

アメリカメディアは16日ホルムズ海峡を通過していたパナマ船籍「リア」がイランの領海に入り13日夜から行方不明になっていると報じた。タンカーから遭難信号はなくイランが関与した可能性があるとして警戒を強めている。報道後イラン外務省報道官が「ペルシャ湾で外国のタンカーからの救助要請を受けイラン領海に牽引した」と明らかにした。ホルムズ海峡周辺では先月日本の海運会社運航のタンカーが攻撃されたがイランは関与を否定。


ワシントン・ポスト紙HP

アメリカメディアはドバイを出発しホルムズ海峡を通過していたパナマ船籍タンカーがイラン領海に入り13日夜から行方不明になっていると報じた。タンカーから遭難信号は出ておらずアメリカ政府はイランが関与した可能性があるとし警戒を強めている。イラン外務省の報道官は「ペルシャ湾で外国のタンカーから救助要請を受けイラン領海に牽引」と明らかにした。ホルムズ海峡周辺では先月日本の海運会社運行のタンカーが攻撃を受け、今月にはイギリスのタンカーが妨害を試みたとみられる事案が発生したがイランはいずれも関与を否定。


ツイッター

トランプ大統領が非白人の民主党議員を念頭に「国へ帰ったらどうか」と攻撃したツイートを巡る応酬について報じている。標的になったとみられる4人は記者会見を開き、トランプ氏を激しく非難した。共和党内からも人種差別敵発言だと非難の声があがっていると伝えている。トランプ氏のツイートはツイッターのヘイトスピーチルールに違反していなかった。という見出し。ツイッターは人種や出身地、性別などを理由に他人を攻撃したり差別を助長する投稿はルールに違反。違反したアカウントは投稿を削除したりアカウントを使えないようにしている。しかし今回のトランプ氏の投稿はルールに違反しないと判断。人種問題などの専門家は「ツイッターはヘイトスピーチ問題に真摯に取り組んでいない」と批判している。ツイッターはトランプ氏の投稿がルールに違反していないとした理由については説明していない。(ワシントン・ポスト)


ワシントン・ポスト

トランプ大統領が非白人の民主党議員を念頭に「国へ帰ったらどうか」と攻撃したツイートを巡る応酬について報じている。標的になったとみられる4人は記者会見を開き、トランプ氏を激しく非難した。共和党内からも人種差別敵発言だと非難の声があがっていると伝えている。トランプ氏のツイートはツイッターのヘイトスピーチルールに違反していなかった。という見出し。ツイッターは人種や出身地、性別などを理由に他人を攻撃したり差別を助長する投稿はルールに違反。違反したアカウントは投稿を削除したりアカウントを使えないようにしている。しかし今回のトランプ氏の投稿はルールに違反しないと判断。人種問題などの専門家は「ツイッターはヘイトスピーチ問題に真摯に取り組んでいない」と批判している。ツイッターはトランプ氏の投稿がルールに違反していないとした理由については説明していない。(ワシントン・ポスト)


ドナルド・トランプ公式ツイッター

トランプ大統領が非白人の民主党議員を念頭に「国へ帰ったらどうか」と攻撃したツイートを巡る応酬について報じている。標的になったとみられる4人は記者会見を開き、トランプ氏を激しく非難した。共和党内からも人種差別敵発言だと非難の声があがっていると伝えている。トランプ氏のツイートはツイッターのヘイトスピーチルールに違反していなかった。という見出し。ツイッターは人種や出身地、性別などを理由に他人を攻撃したり差別を助長する投稿はルールに違反。違反したアカウントは投稿を削除したりアカウントを使えないようにしている。しかし今回のトランプ氏の投稿はルールに違反しないと判断。人種問題などの専門家は「ツイッターはヘイトスピーチ問題に真摯に取り組んでいない」と批判している。ツイッターはトランプ氏の投稿がルールに違反していないとした理由については説明していない。(ワシントン・ポスト)


ワシントン・ポスト

トランプ大統領は14日のツイートについて誰に向けてはツイートしなかったが「国に帰ったらどうだ」とツイートしたことが人種差別だと大きな波紋をよんでいる。民主党議員1年目のオカシオコルテ氏、オマル氏など4人に向けた発言だと報じてる。実際にはこの4人でアメリカ以外で生まれたのはソマリア出身の難民で子供の頃にアメリカ国籍を取得したオマル氏1人のみで他の3人はアメリカ生まれ。問題のツイートは「国に帰って崩壊し犯罪がまん延している状況を立て直したらどうか」などだった。ペロシ下院議長はトランプ氏は「米国を白人国家にしようとしてる」と避難した。ワシントン・ポストは今回の件で民主党が団結したと指摘した。


ワシントン・ポスト

コロンビアの沖合でアメリカの沿岸警備隊が麻薬を密輸しようとしている潜水艦を追い、ボートを横付け乗員を捕えた。潜水艦からはコカイントン8トンが押収された。今年5月から今月にかけメキシコや中南米の沿岸で麻薬密輸事件が多発しており、総額約600億円相当のコカインなどを押収しているという。


ワシントン・ポスト

南米コロンビアの沖合でアメリカの沿岸警備隊が追っているのは麻薬を密輸する潜水艦。潜水艦は警備隊の呼びかけに応じず走り続けた。警備隊は航行中の潜水艦にボートを横付けすると飛び移り、ハッチを叩き、密輸組織も降伏した。潜水艦からはコカイン約7.7tが押収された。警備隊によると今年5月から今月にかけ、メキシコ及び中南米の沿岸では麻薬密輸事件が多発し、総額約600億円相当のマリファナやコカインが押収されているという。