ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト ホームページ」の検索結果

「ワールドビジネスサテライト ホームページ」に関連する情報 1293件中 1〜10件目

国立感染症研究所ホームページ

コロナ対策専門家会合は現在の感染状況について全体として新規感染者が減少していると評価した。減少傾向は4週間ぶりである。一方秋田など7県で第6波のピークを越えていることを指摘し引き続き感染対策が必要だとしている。


フューチャー・ミート・テクノロジーズ ホームページ

培養肉とは鶏や牛などから細胞を取り出し、体内に似た環境で人工的に培養して作る肉。国内では安全基準などのルールがなく、販売や試食ができない。大阪飲食店店主は、東京拠点の研究者と培養肉のベンチャー企業を立ち上げ自ら研究を始めた。「食料の安全保障の問題。少なくなっている資源を無理にとって減らしてしまうのではなく、足りない部分は培養肉で補えばいい」と話す。世界中で開発が進められたおり、大阪大学は特殊な3DXプリンターを使い、「和牛」の培養肉作りに成功。島津製作所などと共同で培養肉を自動生産する装置開発に進んだ。イスラエル企業は去年6月、培養肉を1日で最大500キロ製造できる工場を設置。シンガポールでは20年12月に一般販売が世界で初めて認可された。専門家は「経済が豊かになってくるとともに肉の需要が増えていく。畜産の拡大には環境問題等で制約も強まっている」と話す。一方、培養肉普及にはコストのほか、安全性や表示方法などの課題も山積。政府は法整備に乗り出している。


警視庁 ホームページ

カーナビ注視が原因となる交通事故を防止するためパイオニアが新しいナビを発表した。地図を表示するモニターがなく音声で操作や案内ができるものだそうで、案内には運転中の視覚情報を使うことでドライバーは運転に集中できる。またインターネット経由で空き駐車場やレストランなどを検索可能で情報は毎月最新のものに更新されるとのこと。


総理官邸HP

街角景気について滝田キャスターによると特に大きいのはオミクロン株の拡大だといい、注目するのは沖縄県の動向だという。沖縄県の新規感染者数の推移はここへ来てピークアウトしている。そして総理官邸ホームページによると今日の3回目の接種完了者は82万9270回となっており、さらにワクチン担当大臣の堀内氏のもとに河野前担当大臣の頃のワクチンチームが再結集する動きもあったという。


IOCホームページ

北京オリンピックのマスコット「ビンドゥンドゥン」のモチーフとなっているパンダは外交上の友好の使者として活躍し、ドイツ・ロシア・日本などに貸し出している。ビンドゥンドゥンがまとっている白いものは宇宙スーツを模した氷「シェル」で、今年独自の宇宙ステーション稼働を開始する計画がある。一方、オリンピック成功のため中国はゼロコロナ政策を打ち出していて、地方政府の幹部は移動自粛を呼びかける際「帰省したら拘束する」と発言した。また、オリンピックの一般客の入場ができなくなった。中国では今年秋共産党大会が行われ、習近平国家主席は長期政権に向け異例の3期目を迎えようとしている。また、感染対策に最も成功している国と国内外にアピールしている。


IOC公式ホームページ

北京オリンピックの開幕まであと4日と迫る中、厳格なバブル方式がとられている。また新疆ウィグル自治区などの対応を受けて、外交的ボイコットなどが相次ぐ中で、スポンサーなどの対応には違いが出てきている。大会組織委員会はメディア向けに中国の伝統紹介や北京市内のオンラインツアーを企画した。ゼロコロナ戦略をとる中国はバブル方式をより厳格にとろうとしている。取材班に対しても、2週間前からの体調チェックに出発直前の2度の検査を受け、許可を得ることで取材が許される。空港には母語服姿の職員が待ち構えている。ここでも検査を受け、専用車両でホテルに向かう。ホテルは24時間体制で監視され、移動が許されるのはメディアセンターに試合会場のみとなっている。今回のオリンピックの異例さは、この厳戒態勢だけではない。新疆ウィグル自治区の人権侵害を受けてトップスポンサーの起業に対して北京オリンピックから降りるように抗議デモが行われた。今回のオリンピック、トップスポンサーの多くの起業は積極的にPRを行っていない。対象的に青島ビールは積極的に応援コメントを使ったCMを放映している。スポンサーにより対応の変わるオリンピックに関して専門家は「海外のスポンサーが出てこられないことで、チャンスと見た中国起業は積極的に広告を出し、それが評価されれば政府からの評価にもつながる」と解説した。さらに国外スポンサーにすれば中国を刺激するのも、アメリカから反感を買うのも怖い状態なのではないかとした。


ジンズのホームページ

家電メーカーのバルミューダは社外取締役を務めるCEOが社外取締役を辞任したと発表した。CEOはバルミューダ株でインサイダー取引をした恐れがあるとして処分を受けていた。CEOはバルミューダが購入を認めていない期間に株取引をしたことは「勘違い」と釈明のコメントを発表している。


楽天市場ホームページ

楽天市場の送料無料化をめぐり去年2月公正取引委員会の立入検査を受けた楽天は送料無料化を店舗の任意参加にすると表明した。しかし参加しない店舗に不利になる取り扱いを示唆するなど優越的地位の乱用にあたる疑いがあるとみられていた。今回楽天が出店者の意思を尊重するなど改善策を示したため、公正取引委員会は調査終了の方針を表明した。


NTTドコモ ホームページ

NTTドコモは今日、スマートフォン決済「d払い」でアクセスが集中し、午後5時ごろから決済がしづらくなる不具合が発生したと発表。この不具合は午後7時ごろに回復している。NTTドコモによると、アプリの通知が利用者に誤送信され、その影響でアクセスが集中して一部のサービスが利用しづらくなったという。


区のホームページ

世田谷区とジモティーが共同で運営する世田谷区不用品持ち込みスポットはリユースを促進し粗大ごみ削減を目指している。不用品を無料で引き取り持ち込みは世田谷区民のみとなっている。しかし大型の家具や汚れがひどいものは引き取り不可となっている。引き取った不用品はジモティーのサイトにアップするためサイズをはかりスマホで撮影し特徴などを入力していくという。翌日サイトを見た人が大勢訪れていた。世田谷区はこれまでもごみ削減を目的としてリユースを進めてきた。エコプラザ用賀には粗大ごみとして回収されたものがあった。修繕し希望する人に提供している。ジモティーの社員は「ジモティーに掲載されるお得なものの情報量が増えることによってユーザー数やサービスの収益拡大につなげることができる」などと話した。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。