ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「一楽」の検索結果

「一楽」に関連する情報 430件中 1〜10件目

「一楽」に関連するレストラン・飲食店

ヒロドが聞き込みした結果、おいしいと紹介されたグルメは「平戸ちゃんぽん」。手に入れた情報から3軒をあたるが、訪れた店は定休日、さらに臨時休業。そして3軒目、外装工事中であったが、営業中だった。取材交渉は成立し、平戸ちゃんぽんが到着した。長崎ちゃんぽんとは違って、鶏ガラスープで仕上げる平戸ちゃんぽんを、”定休日”を乗り越えたヒロドが食べた。店員に平戸のグルメを聞くと、「座れるほど」の黄金ヒラメという情報を掴んだ。

 (ちゃんぽん、定食・食堂)

「一楽」に関連する音楽・CD

交響曲第2番

文部科学大臣賞 中学校 合奏第2部門を受賞したのは、「ラフマニノフ作曲『交響曲第2番ホ短調 作品27』から 第一楽章」を演奏した福島県郡山市立郡山第五中学校。歴史ある管弦楽部が初の日本一に。「挨拶でも日本一」を掲げとても礼儀正しい。本田あゆみ先生は「普段の生活が演奏にも関係する」と指導しているという。


郡山市立郡山第五中学校

文部科学大臣賞 中学校 合奏第2部門を受賞したのは、「ラフマニノフ作曲『交響曲第2番ホ短調 作品27』から 第一楽章」を演奏した福島県郡山市立郡山第五中学校。歴史ある管弦楽部が初の日本一に。「挨拶でも日本一」を掲げとても礼儀正しい。本田あゆみ先生は「普段の生活が演奏にも関係する」と指導しているという。


「一楽」に関連するイベント情報

こども音楽コンクール

文部科学大臣賞 小学校 合奏第2部門を受賞したのは、「『交響譚詩』から 第一譚詩」を演奏した千葉県習志野市立谷津小学校。「音楽のまち習志野」では学校でも音楽に力を入れている。竣工30年を超えた音楽堂には多くの音楽好きが集まる。

文部科学大臣賞 小学校 管楽合奏部門を受賞したのは、「シンフォニック・ダンス フロム ウエスト・サイド・ストーリー」を演奏した大阪府枚方市の関西創価小学校。17年ぶりの受賞。クラブの合言葉は「基本は力 持続は力」。基礎練習をしっかりと行い、「練習0分の日が0日」を目標に努力を重ねている。

文部科学大臣賞 中学校 合奏第2部門を受賞したのは、「ラフマニノフ作曲『交響曲第2番ホ短調 作品27』から 第一楽章」を演奏した福島県郡山市立郡山第五中学校。歴史ある管弦楽部が初の日本一に。「挨拶でも日本一」を掲げとても礼儀正しい。本田あゆみ先生は「普段の生活が演奏にも関係する」と指導しているという。


「一楽」に関連するグルメ情報

だいだい

熱海は今が旬のだいだいの生産量が日本一。御菓子処 一楽ではだいだいを使用した「だいだい杏仁」などがある。中山エミリは「香りがすごい。皮の甘みと苦味がおいしい」などとコメントした。


「一楽」に関連するグルメ情報

だいだい杏仁

熱海は今が旬のだいだいの生産量が日本一。御菓子処 一楽ではだいだいを使用した「だいだい杏仁」などがある。中山エミリは「香りがすごい。皮の甘みと苦味がおいしい」などとコメントした。


御菓子処 一楽

熱海は今が旬のだいだいの生産量が日本一。御菓子処 一楽ではだいだいを使用した「だいだい杏仁」などがある。中山エミリは「香りがすごい。皮の甘みと苦味がおいしい」などとコメントした。


撫龍

沢山の龍の彫刻がある境内。田無神社のしめ縄は若草色だ。そこに込められた願いとはなにか。若々しくいられるように、この色となっているの だろいう。東方守護は、青龍神だ。技術向上、就業成就だという。南方守護は、赤龍神。勝運向上だ。西方守護は白龍神。金運向上だ。北方守護は、黒龍神。健康増進だ。一行は各龍神を巡る。一楽萬開札は五龍神すべてのご利益がある。開かれた人生=萬の道となるとのこと。玄関内に祭るのがよいという。2019年の吉方は東だ。撫龍という龍神もいる。撫でると仕事運がアップする。お宮入りの一家に会う。お宮参りでは、扇子やでんでん太鼓などの縁起物を身に着けるならわしもあるという。


一楽萬開札

西東京市の田無神社へやってきた。御札をあずかってきたという。風と雨を司り、万物の災いを祓うという龍神が祀られている。東西南北には、龍神様がいる。技術向上、勝運向上などがあるという。相撲大好きの紺野美沙子さんが一緒だ。一楽萬開札があるという。大横綱大鵬は、田無神社崇敬会初代会長だったという。横綱ゆかりのパワースポットが点在している。大鵬は、幕内最高優勝32回。紺野美沙子さんは、相撲観戦が趣味だ。鎌倉時代に創建されたという。田無神社は、大国主命と中国の五行思想にもとづいた五龍神を祀っている。一楽萬開札を授かる参拝者が沢山やってくる神社だ。

沢山の龍の彫刻がある境内。田無神社のしめ縄は若草色だ。そこに込められた願いとはなにか。若々しくいられるように、この色となっているの だろいう。東方守護は、青龍神だ。技術向上、就業成就だという。南方守護は、赤龍神。勝運向上だ。西方守護は白龍神。金運向上だ。北方守護は、黒龍神。健康増進だ。一行は各龍神を巡る。一楽萬開札は五龍神すべてのご利益がある。開かれた人生=萬の道となるとのこと。玄関内に祭るのがよいという。2019年の吉方は東だ。撫龍という龍神もいる。撫でると仕事運がアップする。お宮入りの一家に会う。お宮参りでは、扇子やでんでん太鼓などの縁起物を身に着けるならわしもあるという。

大鵬のゆかりの土俵がある。大鵬土俵と呼ばれる。ご利益がありそうだ。大鵬親方が熱心に関心をしめしてくれたという。相撲は神社に奉納する神事だった。土俵は新星な場所なのだ。土俵開きで関取が相撲を奉納する。仙台宮司が土俵開きを大鵬に依頼したという。大鵬部屋の関取による神事相撲が行われたという。謝礼をわたしたが、それを返し寄付をしてくれたという。かつて大鵬の取り組みがあるときは女湯に誰もいなくなったという。田無神社崇敬会の初代会長に、大鵬が就任。毎年5月には子ども相撲を開催している。土俵開きを記念して植樹された大鵬桜もある。大鵬が寄進した、銘大鵬石碑もある。最後に御朱印を授かった。


田無神社崇敬会

西東京市の田無神社へやってきた。御札をあずかってきたという。風と雨を司り、万物の災いを祓うという龍神が祀られている。東西南北には、龍神様がいる。技術向上、勝運向上などがあるという。相撲大好きの紺野美沙子さんが一緒だ。一楽萬開札があるという。大横綱大鵬は、田無神社崇敬会初代会長だったという。横綱ゆかりのパワースポットが点在している。大鵬は、幕内最高優勝32回。紺野美沙子さんは、相撲観戦が趣味だ。鎌倉時代に創建されたという。田無神社は、大国主命と中国の五行思想にもとづいた五龍神を祀っている。一楽萬開札を授かる参拝者が沢山やってくる神社だ。

大鵬のゆかりの土俵がある。大鵬土俵と呼ばれる。ご利益がありそうだ。大鵬親方が熱心に関心をしめしてくれたという。相撲は神社に奉納する神事だった。土俵は新星な場所なのだ。土俵開きで関取が相撲を奉納する。仙台宮司が土俵開きを大鵬に依頼したという。大鵬部屋の関取による神事相撲が行われたという。謝礼をわたしたが、それを返し寄付をしてくれたという。かつて大鵬の取り組みがあるときは女湯に誰もいなくなったという。田無神社崇敬会の初代会長に、大鵬が就任。毎年5月には子ども相撲を開催している。土俵開きを記念して植樹された大鵬桜もある。大鵬が寄進した、銘大鵬石碑もある。最後に御朱印を授かった。