ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」の検索結果

「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する情報 20件中 1〜10件目

「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連するイベント情報

「七つの会議」大ヒット御礼舞台挨拶

池井戸潤さんの最高傑作との呼び声も高い「七つの会議」はひとりで巨大組織に立ち向かった主人公・八角を通し、働くことの正義を問う企業エンターテインメント。13日には観客動員数100万人を突破した大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、豪華キャストが登場。個性的なキャラクターが次々と登場する中、及川光博さんは平凡・気弱な営業課長・原島を演じたが、舞台挨拶で及川さんは「ちょっと油断するとキラキラしちゃう」などと述べていた。一方で藤森さんは営業部の粗探しに執着する経理部・新田を演じ、「とにかくお前クズだったねぇ」といった言葉を投げかけてもらったことなど語った。また、今作の演技を見た藤森さんの母親も「あなたの役も結構過激なのね。あなたが本当はそういう人間じゃないことはわかってるから」と話していたという。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する本・コミック・雑誌

七つの会議

池井戸潤さんの最高傑作との呼び声も高い「七つの会議」はひとりで巨大組織に立ち向かった主人公・八角を通し、働くことの正義を問う企業エンターテインメント。13日には観客動員数100万人を突破した大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、豪華キャストが登場。個性的なキャラクターが次々と登場する中、及川光博さんは平凡・気弱な営業課長・原島を演じたが、舞台挨拶で及川さんは「ちょっと油断するとキラキラしちゃう」などと述べていた。一方で藤森さんは営業部の粗探しに執着する経理部・新田を演じ、「とにかくお前クズだったねぇ」といった言葉を投げかけてもらったことなど語った。また、今作の演技を見た藤森さんの母親も「あなたの役も結構過激なのね。あなたが本当はそういう人間じゃないことはわかってるから」と話していたという。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する映画・DVD

七つの会議

池井戸潤さんの最高傑作との呼び声も高い「七つの会議」はひとりで巨大組織に立ち向かった主人公・八角を通し、働くことの正義を問う企業エンターテインメント。13日には観客動員数100万人を突破した大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、豪華キャストが登場。個性的なキャラクターが次々と登場する中、及川光博さんは平凡・気弱な営業課長・原島を演じたが、舞台挨拶で及川さんは「ちょっと油断するとキラキラしちゃう」などと述べていた。一方で藤森さんは営業部の粗探しに執着する経理部・新田を演じ、「とにかくお前クズだったねぇ」といった言葉を投げかけてもらったことなど語った。また、今作の演技を見た藤森さんの母親も「あなたの役も結構過激なのね。あなたが本当はそういう人間じゃないことはわかってるから」と話していたという。


東宝

発売日には1万人の大行列ができるほどの社会現象を巻き起こしたゲーム「ドラゴンクエスト」は累計出荷本数7800万本以上。このドラクエの映画化が決定。「ALWAYS 三丁目の夕日」などVFXの名手である山崎貴さんが監督を務める。映画化されるのは1992年発売の「ドラゴンクエストV」で、父との絆、結婚、子どもの成長など主人公の人生を描く。映画は全シーンが3DCGで描かれるそうで、8月2日に全国東宝系にてロードショーされる。

池井戸潤さんの最高傑作との呼び声も高い「七つの会議」はひとりで巨大組織に立ち向かった主人公・八角を通し、働くことの正義を問う企業エンターテインメント。13日には観客動員数100万人を突破した大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、豪華キャストが登場。個性的なキャラクターが次々と登場する中、及川光博さんは平凡・気弱な営業課長・原島を演じたが、舞台挨拶で及川さんは「ちょっと油断するとキラキラしちゃう」などと述べていた。一方で藤森さんは営業部の粗探しに執着する経理部・新田を演じ、「とにかくお前クズだったねぇ」といった言葉を投げかけてもらったことなど語った。また、今作の演技を見た藤森さんの母親も「あなたの役も結構過激なのね。あなたが本当はそういう人間じゃないことはわかってるから」と話していたという。


エンタメニュースランキング

20〜40代の女性の気になるニュースをランキングでまとめた。19位は第99回ドラマアカデミー賞最優秀作品賞に中学聖日記が選ばれたニュース。このドラマで吉田羊さんは助演女優賞を、岡田健史さんが助演男優賞を受賞している。

フンドシの普及に貢献した人を表彰するベストフンドシストアワード2018では、俳優の斎藤工さんらを押さえて大賞を受賞したのは平成ノブシコブシの吉村崇さん。去年NYで行ったフンドシパフォーマンスでフンドシダンサーとして活躍し、世界に挑戦していることが評価された。吉村さんは「色々な大会を諦めた男がここに最後にたどり着いたということで夢あるな」など述べていた。

自己ベスト299点(パーフェクトは300点)を誇る芸能界屈指のボウリング通・桑田佳祐さんが旗ぶり役となって開催された「KUWATA CUP 2019」決勝大会。始球式では妻・原由子さんと投球。大会のために書き下ろしたテーマソング「レッツゴーボウリング」で会場を盛り上げた。

米津玄師さんの楽曲「Lemon」のYouTubeでの再生回数が今月9日に3億回を突破。去年の紅白歌合戦でテレビ初歌唱しており、現在も毎週700万回以上再生されている。

13日のユニリーバ「CLEAR」新CM発表会で、長瀬智也さんはバレンタインデーについて「自分の母親の誕生日なんで、母親のことを思い出したり、考えることの方が多かったかな」など述べており、少年時代についても「早く言ったらモテない男だった。一人だけチョコレートをくれた同級生の子が居たんですけど、きっとその子変わり者だったんでしょうね」などと述べていた。

ことしのバレンタインデーについて渡部さんは「たまたま深夜番組で一緒の共演者が死んだ顔で義理チョコを…」などと述べていた。

野獣の愛称で親しまれ、ロンドン五輪柔道女子57kg級で金メダルを獲得した松本薫さんが現役引退について語った会見で「アイスクリームを作る」と発言していた。今週火曜日にはアイスクリーム店「Darcy’s」をオープン。乳製品・白砂糖不使用・低カロリーのアイスはアスリートでも毎日食べられるように開発。開店前には約100人の行列が押しかけ、大盛況となった。

映画「プリティ・ウーマン」「シカゴ」などに出演した俳優のリチャード・ギアさん(69)が去年結婚したアレハンドラ・シルバさん(35)との間に先週第2子が誕生したことがわかった。リチャードさんは前妻との間に19歳の息子がいて、70歳を目前にして待望の第2子誕生となる。

女優の八千草薫さんが肝臓がんであることを公表。おととし12月にすい臓がんが見つかり、去年1月にすい臓摘出手術を受けていた。術後は良好で、ドラマ・舞台にも出演。ところが今年病院で検査すると、肝臓にがんが見つかった。今後はしばらく休養し、治療に専念することを決断。

発売日には1万人の大行列ができるほどの社会現象を巻き起こしたゲーム「ドラゴンクエスト」は累計出荷本数7800万本以上。このドラクエの映画化が決定。「ALWAYS 三丁目の夕日」などVFXの名手である山崎貴さんが監督を務める。映画化されるのは1992年発売の「ドラゴンクエストV」で、父との絆、結婚、子どもの成長など主人公の人生を描く。映画は全シーンが3DCGで描かれるそうで、8月2日に全国東宝系にてロードショーされる。

池井戸潤さんの最高傑作との呼び声も高い「七つの会議」はひとりで巨大組織に立ち向かった主人公・八角を通し、働くことの正義を問う企業エンターテインメント。13日には観客動員数100万人を突破した大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、豪華キャストが登場。個性的なキャラクターが次々と登場する中、及川光博さんは平凡・気弱な営業課長・原島を演じたが、舞台挨拶で及川さんは「ちょっと油断するとキラキラしちゃう」などと述べていた。一方で藤森さんは営業部の粗探しに執着する経理部・新田を演じ、「とにかくお前クズだったねぇ」といった言葉を投げかけてもらったことなど語った。また、今作の演技を見た藤森さんの母親も「あなたの役も結構過激なのね。あなたが本当はそういう人間じゃないことはわかってるから」と話していたという。

先月29日、愛媛県庁に差出人不明のダンボールが届いた。中には1万円の札束が入っており、金額は約1億円。同封された手紙にはなにかの役に立ててほしいと書かれていた。警察が事件性が低いと判断したため、県は匿名の寄付として受け取ることとした。お金は西日本豪雨復旧事業などに活用される。

ことしで92回目を迎える映画賞「キネマ旬報ベスト・テン」受賞式が行われ、主演女優賞に「万引き家族」に出演した安藤サクラさんが、主演男優賞には「きみの鳥はうたえる」などに出演した柄本佑さんが受賞。夫婦での主演女優・男優賞はキネマ旬報史上初の快挙で、ご主人が主演男優賞をとったことついて安藤さんは「こういうのは良いんです。男はドシッと構えて」などと述べていた。2人は木曜日に行われた「第73回毎日映画コンクール 表彰式」でも夫婦揃ってW受賞している。

TOP3発表!今週最も気になったエンタメニュースは?


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する映画・DVD

七つの会議

池井戸潤さん原作の人気小説を映画化した「七つの会議」に関し、大ヒット御礼舞台挨拶が行われた。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連するイベント情報

七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶

池井戸潤さん原作の人気小説を映画化した「七つの会議」に関し、大ヒット御礼舞台挨拶が行われた。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連するイベント情報

映画「七つの会議」大ヒット御礼舞台挨拶

池井戸潤さんの小説を映画化した「七つの会議」の動員が100万人を突破し、大ヒット御礼舞台挨拶が行われた。今も大ヒット公開中。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する映画・DVD

七つの会議

池井戸潤さんの小説を映画化した「七つの会議」の動員が100万人を突破し、大ヒット御礼舞台挨拶が行われた。今も大ヒット公開中。


「七つの会議 大ヒット御礼舞台挨拶」に関連する映画・DVD

アクアマン

野村萬斎主演の映画「七つの会議」が来場者100万人を突破し興行成績2週連続1位を獲得。昨日行われた大ヒット御礼舞台挨拶に出演者らが登場した。池井戸潤の原作で中堅電機メーカーを舞台に、野村萬斎演じる万年係長の社員がパワハラを告発した事をきっかけに社内の不祥事に巻き込まれていく物語。及川は平凡なサラリーマンを演じるにあたっての苦労を「大人になったのび太を意識して演じた」などと話した。映画は全国公開中。


検索結果の絞り込み