ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三和製作所」の検索結果

「三和製作所」に関連する情報 18件中 1〜10件目

三和製作所

スタジオで加藤シゲアキさんが高齢者の身体感覚を疑似体験できる服を身に着けている。かなり辛いという。ジャンプも難しいとのこと。視野も狭くなっている。歩幅も狭くなっている。この状態で車が近づいてきてもギリギリまで見えないという。出演者らは「制度を変える必要がある」などとコメントした。運転者は予測できない動きをする歩行者がいることを意識する必要があるという。高齢者は赤や黄色の派手な服を着て目立つ必要がある。出演者らは「老化は自分が気付かないうちに徐々に来る」などとコメントした。「声掛けも大事」などというコメントもあった。


ソーラーランタン

ヘルメットにカラーバリエーションがあり、非常食もおしゃれになっている。今、デザイン性にこだわりを持つ防災用品が増えている。ソーラーランタンはビニール製で軽量で色のバリエーションも豊富である。デザインにこだわる理由は普段から慣れ親しんでいるものが防災時にもきちんと使えるという。三和製作所の防災用品の備蓄セットは箱を生活に溶け込むデザインとなっている。ギフトで贈れるよう開発したという。


三和製作所

ヘルメットにカラーバリエーションがあり、非常食もおしゃれになっている。今、デザイン性にこだわりを持つ防災用品が増えている。ソーラーランタンはビニール製で軽量で色のバリエーションも豊富である。デザインにこだわる理由は普段から慣れ親しんでいるものが防災時にもきちんと使えるという。三和製作所の防災用品の備蓄セットは箱を生活に溶け込むデザインとなっている。ギフトで贈れるよう開発したという。


エム・シー・エム・ジャパン

ヘルメットにカラーバリエーションがあり、非常食もおしゃれになっている。今、デザイン性にこだわりを持つ防災用品が増えている。ソーラーランタンはビニール製で軽量で色のバリエーションも豊富である。デザインにこだわる理由は普段から慣れ親しんでいるものが防災時にもきちんと使えるという。三和製作所の防災用品の備蓄セットは箱を生活に溶け込むデザインとなっている。ギフトで贈れるよう開発したという。


東京ビッグサイト

オフィス防災EXPOで北村キャスターが地震を体感できる装置を体験した。140社が出展している。

ヘルメットにカラーバリエーションがあり、非常食もおしゃれになっている。今、デザイン性にこだわりを持つ防災用品が増えている。ソーラーランタンはビニール製で軽量で色のバリエーションも豊富である。デザインにこだわる理由は普段から慣れ親しんでいるものが防災時にもきちんと使えるという。三和製作所の防災用品の備蓄セットは箱を生活に溶け込むデザインとなっている。ギフトで贈れるよう開発したという。


「三和製作所」に関連するイベント情報

オフィス防災EXPO

オフィス防災EXPOで北村キャスターが地震を体感できる装置を体験した。140社が出展している。

ヘルメットにカラーバリエーションがあり、非常食もおしゃれになっている。今、デザイン性にこだわりを持つ防災用品が増えている。ソーラーランタンはビニール製で軽量で色のバリエーションも豊富である。デザインにこだわる理由は普段から慣れ親しんでいるものが防災時にもきちんと使えるという。三和製作所の防災用品の備蓄セットは箱を生活に溶け込むデザインとなっている。ギフトで贈れるよう開発したという。


三和製作所

城南信用金庫の吉原理事長は「お客様は融資について借りたくない気持ちが多い。」という現場の状況を説明。三和製作所の窪谷社長は「金融緩和で銀行にお金がくるのは確かだが、私どもまで回るかどうかは疑問。」とコメント。


城南信用金庫

城南信用金庫の吉原理事長は「お客様は融資について借りたくない気持ちが多い。」という現場の状況を説明。三和製作所の窪谷社長は「金融緩和で銀行にお金がくるのは確かだが、私どもまで回るかどうかは疑問。」とコメント。


線量計

線量計の数値のばらつきを複数台の線量計で実験する。それぞれの線量計で数値に大きなばらつきが出た。数値にばらつきが出たことに福士教授は、校正していないことが最大の原因だと話す。

線量計製造に乗り出した三和製作所に郡山市から客が訪れた。斎藤社長は客に、まだ製造はできていないがなるべく福島の方から配りたいと話す。センサーであるガイガーミューラー管の値段は震災前の3倍になっており、国内の業者に製造を依頼することにした。そして三和製作所の線量計が完成した。

スタジオに様々な線量計を並べ、数値にばらつきがあることを伝える。センサー部分が劣化していることが理由だという。そんな中、富士電機が郡山市に線量計の校正をする専用の施設を立ち上げた。


富士電機

線量計の数値のばらつきを複数台の線量計で実験する。それぞれの線量計で数値に大きなばらつきが出た。数値にばらつきが出たことに福士教授は、校正していないことが最大の原因だと話す。

線量計製造に乗り出した三和製作所に郡山市から客が訪れた。斎藤社長は客に、まだ製造はできていないがなるべく福島の方から配りたいと話す。センサーであるガイガーミューラー管の値段は震災前の3倍になっており、国内の業者に製造を依頼することにした。そして三和製作所の線量計が完成した。

スタジオに様々な線量計を並べ、数値にばらつきがあることを伝える。センサー部分が劣化していることが理由だという。そんな中、富士電機が郡山市に線量計の校正をする専用の施設を立ち上げた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (18)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (17)