ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三浦瑠麗」の検索結果

「三浦瑠麗」に関連する情報 587件中 1〜10件目

フェイスブック

日本語能力試験の合格証だが、ベトナムでは偽造の合格証を販売するフェイスブックのページもある。合格証を偽造すると公文書偽造罪に問われる可能性がある。三浦瑠麗は「公式の試験だけではなく、意思疎通や実務的なことで検定が民間の会社がやっているので、そういったものも活用してもいいかもしれませんね」とコメント。


ザ・サン

ヘンリー王子とメーガン妃の引退宣言について解説。王子のインスタグラムに今月9日に声明が投稿され、王室の一線から退く、生計を自立させながら女王を支えていくと述べた。家族会議はきのうからきょうにかけて行われ、エリザベス女王は引退宣言を支持する声明を発表。英メディアのサン紙は声明に「ファミリー」という表現が多用されたことを挙げ、関係が断たれていないことを強調していると指摘した。解説のデーブ・スペクターは、文中ではヘンリー王子夫妻を呼び捨てにしており本心が表れていると述べた。王室では過去にアンドルー王子が未成年との性的関係疑惑を通じて公務を引退。ヘンリー王子は母・ダイアナ元妃の事故死から現在も精神面を気遣われているとの指摘もある。三浦瑠麗は、メーガン妃とその家族に人種差別的な扱いが集中していたことが背景にあると述べた。


「三浦瑠麗」に関連する本・コミック・雑誌

三浦瑠麗は「昔の氏族の形態と今の本家・分家を重視するような価値観も違って、その論理は無理で。男系男子を一生懸命持ってきたというのも歴史的に誤りだということが歴史学者の説としてある」と話した。田原総一朗は「小泉信三は思い切って皇室の民主化、開かれた皇室をやろうと、皇太子の教育を引き受け皇太子は平民と結婚した。これは前代未聞だった。だから前代未聞やるの平気だよ」と話した。

「皇室典範」

Amazon.co.jp


毎日新聞

三浦瑠麗は女性が政治経済会に少ない事に「大企業の比率が少ない。日本の男女雇用機会均等法はお神主導の改革」と指摘。男女でジェンダーの価値観を見たときに完全に重なると説明した。田原総一朗は自らの実体験を交え「朝日新聞や毎日新聞の入社試験の論文は圧倒的に女性が多い」と説明。できる女性を落として男性を採用することに苦労することを明かした。川村晃司は「女性の国会議員の割合が少な過ぎて女性国会議員の声が行き渡っていない」などと指摘した。


朝日新聞

三浦瑠麗は女性が政治経済会に少ない事に「大企業の比率が少ない。日本の男女雇用機会均等法はお神主導の改革」と指摘。男女でジェンダーの価値観を見たときに完全に重なると説明した。田原総一朗は自らの実体験を交え「朝日新聞や毎日新聞の入社試験の論文は圧倒的に女性が多い」と説明。できる女性を落として男性を採用することに苦労することを明かした。川村晃司は「女性の国会議員の割合が少な過ぎて女性国会議員の声が行き渡っていない」などと指摘した。


「三浦瑠麗」に関連するイベント情報

あいちトリエンナーレ

これまでの議論を振り返る、2つ目は「あいちトリエンナーレ」。津田大介が、「公金を使うのに適切だったかっていう論点について。僕は逆だと思う。納税者ほど多様な集団はいない。一つの意見に集約するのは、難しい。多様な声を、多様なまま表現することが、パブリックなお金の使い方として重要」などと話した。乾正人は、「それは違う」などと話した。三浦瑠麗は、「乾さんと津田さんの意見が、噛み合わないことは分かっている。両論併記があっていい」などと話した。田原総一朗は、「大村知事は、来年も、あいちトリエンナーレをやると言っている」などと話した。宮本徹は、「政治と芸術の関係は、どうあるべきか。お金は出すけど、口は出さないというのが、基本原則」などと話した。たかまつななは、「海外のアーティストが、あいちトリエンナーレを辞退をして、表現の自由が脅かされているという、危機感を持っている」などと話した。


京都アニメーション

続いて、田原総一朗が、次のテーマは「あいちトリエンナーレ」だと発表して、パネリスト達に意見を求めた。乾正人は、「大多数の国民が不快に思うものを、税金で投入しちゃいけない。私的にやって下さい」などと話した。中谷一馬は、「誰かが不快に思うから、中止にするとなると、公の限界、芸術の限界を、自分たちが示す事になる」などと話した。清水貴之は、「表現の自由は凄く大事だが、それを見る事によって、不快に感じる人がいる。それを公金を使って展示する事は、良しとは言えない」などと話した。三浦信祐は、「好きか嫌いかという所だけで、政権がお金を出すか出さないかの判断が、しょっちゅう変わってはならない」などと話した。三浦瑠麗は、「時系列で議論が変化してる。最初は電凸があり、それに加えてFAXで脅迫があった。外見的に反感を呼ぶような物はあったから、予見してたと思うから、もっと警備体制とかあり得たんじゃないか」などと話した。すると、「あいちトリエンナーレ」の芸術監督を務めた津田大介が、「警備体制の所で言えば、一番大きかったのは、2週間前に京都アニメーションのテロ事件があり、それを予告するようなFAXが来て、それに対して警察の捜査がなかなか進まなくて、あの時点ではやむを得なかった」などと話した。関健一郎は、「あいちトリエンナーレの前夜祭に行ったが、一言で言うと、何が芸術なんだ、わたくしでやってくれっていうのが正直な感想」などと話した。中川コージは、「ヘイトスピーチなのか、表現の自由なのか、恣意性が入る判断で、迷うこと自体が問題」などと話した。


「三浦瑠麗」に関連するイベント情報

あいちトリエンナーレ

続いて、田原総一朗が、次のテーマは「あいちトリエンナーレ」だと発表して、パネリスト達に意見を求めた。乾正人は、「大多数の国民が不快に思うものを、税金で投入しちゃいけない。私的にやって下さい」などと話した。中谷一馬は、「誰かが不快に思うから、中止にするとなると、公の限界、芸術の限界を、自分たちが示す事になる」などと話した。清水貴之は、「表現の自由は凄く大事だが、それを見る事によって、不快に感じる人がいる。それを公金を使って展示する事は、良しとは言えない」などと話した。三浦信祐は、「好きか嫌いかという所だけで、政権がお金を出すか出さないかの判断が、しょっちゅう変わってはならない」などと話した。三浦瑠麗は、「時系列で議論が変化してる。最初は電凸があり、それに加えてFAXで脅迫があった。外見的に反感を呼ぶような物はあったから、予見してたと思うから、もっと警備体制とかあり得たんじゃないか」などと話した。すると、「あいちトリエンナーレ」の芸術監督を務めた津田大介が、「警備体制の所で言えば、一番大きかったのは、2週間前に京都アニメーションのテロ事件があり、それを予告するようなFAXが来て、それに対して警察の捜査がなかなか進まなくて、あの時点ではやむを得なかった」などと話した。関健一郎は、「あいちトリエンナーレの前夜祭に行ったが、一言で言うと、何が芸術なんだ、わたくしでやってくれっていうのが正直な感想」などと話した。中川コージは、「ヘイトスピーチなのか、表現の自由なのか、恣意性が入る判断で、迷うこと自体が問題」などと話した。


読売新聞

視聴者アンケートの結果を発表。「安倍政権になって日本は良くなったと思いますか?」という質問に、28%が思うと回答した。三浦瑠麗が、アンケートの「増税などで景気が良くなった」というのはおかしいと指摘した。


産経新聞

視聴者アンケートの結果を発表。「安倍政権になって日本は良くなったと思いますか?」という質問に、28%が思うと回答した。三浦瑠麗が、アンケートの「増税などで景気が良くなった」というのはおかしいと指摘した。