ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車 水島製作所」の検索結果

「三菱自動車 水島製作所」に関連する情報 211件中 1〜10件目

水島製作所

日産自動車と三菱自動車が脱炭素社会を目指し共同開発した軽の電気自動車が正式に発表された。モーターやバッテリーなど車の内部の設計は日産側が行い、三菱の工場で製造された。一度の充電で走れる距離はこれまでのEV車の半分以下で、180km。バッテリー容量をあえて少なくすることで価格を抑え、補助金を利用した場合、180万円程度から購入できる。


水島製作所

日産自動車と三菱自動車は共同開発した電気自動車としては初めての100万円台で購入できる軽のEVを発表した。車は日産が車の内部を設計し、三菱の工場で製造された。日産と三菱は今夏それぞれ別デザインの車を発売予定である。


三菱自 水島製作所

日産自動車と三菱自動車が開発した新型EVを発表した。軽自動車のEVはサクラとeKクロス EVは岡山県の生産工場で生産が始まった姉妹車。軽自動車は国内新車販売の役4割を占める台数の多い市場にEVを普及を一気に推し進める狙い。日産にとってサクラはEVラインナップを広げる3車種め。2009年には世界に初めて量産EVを発売した三菱自動車。しかし当時課題が多く商業的な成功とはならなかった。あれから13年、1回の充電で走行距離は約180キロ。8割が一日走行50キロ未満かあわせないという特性にあわせた。リチウムイオンバッテリーは床下にあり足場には余裕があるという。価格は239万8000円国からの補助金で185万円になるという。群馬県の販売店にはeKクロス EVのぼりやパンフレットが届いていた。さらに先月には三菱自動車は完成した新車をサーキットに持ち込み、販売員が体験した。販売員の関さんは販売に自信を持っているが、案内してくれたのは廃業したガソリンスタンド。ガソリンスタンドは施設の老朽化や後継者不足で群馬県では1年間で46店舗が閉鎖した。その数は年々半減し、ガソリンスタンド過疎地が広がっている。


三菱自動車 水島製作所

2010年代に入り徐々に数を増やしてきたEVの充電スタンド。しかし老朽化や採算とれないなどの理由からココ数年減少に転じている。日産自動車と三菱自動車はきょう、新たに軽EVを発売すると発表。EVは高いというイメージを払拭するため徹底的にコストを抑制したという。さらに充電に関する考え方を転換。航続距離を伸ばすためバッテリーを大容量にするのが主流な中であえてバッテリーを小型化。軽自動車は通勤や買い物などで主に使われるとみこし、それほど長い距離を走る性能は必要ないという考えだという。コレにより充電は自宅ですればじゅーぶんとなり、コストもさらに下がったという。


水島製作所

日産自動車と三菱自動車は、電気自動車としては初めて100万円台で購入できる軽自動車を競争開発したと発表した。それぞれ異なるデザインで夏販売開始。モーターやバッテリーなどは日産が設計し、三菱の工場で製造した。一度の充電で180km走ることができる。バッテリーの容量をあえて小さくすることで、補助金を使えば実質180万円程度から購入が可能。日本の自動車のおよそ4割を占める軽自動車で電気自動車を普及させたい狙い。


水島製作所

日産自動車と三菱自動車が脱炭素社会を目指し共同開発した軽の電気自動車が正式に発表された。モーターやバッテリーなど車の内部の設計は日産側が行い、三菱の工場で製造された。一度の充電で走れる距離はこれまでのEV車の半分以下で、180km。バッテリー容量をあえて少なくすることで価格を抑え、補助金を利用した場合、180万円程度から購入できる。


ルークス

三菱自動車が岡山・水島製作所で生産しているekスペースとekクロススペースの2車種の生産を停止していることがわかった。三菱自動車は確認事項があり止めている、完了したら再開するとした。詳細は発表されていないが、何かしら不具合があった可能性もある。日産でも同車種を「ルークス」という名前で販売しており、納期が遅れる可能性もある。


日産自動車

三菱自動車が岡山・水島製作所で生産しているekスペースとekクロススペースの2車種の生産を停止していることがわかった。三菱自動車は確認事項があり止めている、完了したら再開するとした。詳細は発表されていないが、何かしら不具合があった可能性もある。日産でも同車種を「ルークス」という名前で販売しており、納期が遅れる可能性もある。


三菱自動車工業

三菱自動車が岡山・水島製作所で生産しているekスペースとekクロススペースの2車種の生産を停止していることがわかった。三菱自動車は確認事項があり止めている、完了したら再開するとした。詳細は発表されていないが、何かしら不具合があった可能性もある。日産でも同車種を「ルークス」という名前で販売しており、納期が遅れる可能性もある。


水島製作所

三菱自動車が岡山・水島製作所で生産しているekスペースとekクロススペースの2車種の生産を停止していることがわかった。三菱自動車は確認事項があり止めている、完了したら再開するとした。詳細は発表されていないが、何かしら不具合があった可能性もある。日産でも同車種を「ルークス」という名前で販売しており、納期が遅れる可能性もある。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。