ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車 水島製作所」の検索結果

「三菱自動車 水島製作所」に関連する情報 191件中 91〜100件目

三菱自動車

燃費データの改ざんが発覚した三菱自動車に対し、日産自動車が、2,000億円規模を出資する方向で最終調整していることがわかった。関係者によると、両社は、日産自動車が三菱自動車に対し、2,000億円規模を出資して、株式の3割強を取得する方向で最終調整している。実現すれば、株式の2割を保有する三菱重工業を抜いて、日産が筆頭株主となり、事実上、三菱自動車を傘下に収めることになる。日産と三菱自動車は、2011年に、軽自動車を共同開発する会社を設立し、岡山・倉敷市の三菱自動車水島製作所で、軽自動車を生産していたが、日産に供給した車も含め、4車種で不正が行われたことが発覚した。両社は、12日にも資本提携を決める見通し。


日産自動車

燃費データの改ざんが発覚した三菱自動車に対し、日産自動車が、2,000億円規模を出資する方向で最終調整していることがわかった。関係者によると、両社は、日産自動車が三菱自動車に対し、2,000億円規模を出資して、株式の3割強を取得する方向で最終調整している。実現すれば、株式の2割を保有する三菱重工業を抜いて、日産が筆頭株主となり、事実上、三菱自動車を傘下に収めることになる。日産と三菱自動車は、2011年に、軽自動車を共同開発する会社を設立し、岡山・倉敷市の三菱自動車水島製作所で、軽自動車を生産していたが、日産に供給した車も含め、4車種で不正が行われたことが発覚した。両社は、12日にも資本提携を決める見通し。


RVR

三菱自動車は軽自動車4車種の燃費データを改竄していて、日産自動車向けの供給分も合わせると約62万台にのぼる。さらに燃費データの測定では25年前から国が定めたものと異なる方法を使用していて、同社の会長は会見で謝罪した。今後の経営責任について、会長は必要な改革のインパクトがどれだけ大きいかを見極めて進退を申し上げたいとしている。更に、ほぼ全ての車種で国が定めるのとは異なる方法で走行データを測定したことも判明し、正しく測定していたのは「ミラージュ」など3車種のみだった。「RVR」では必要なデータを測定せず、他のデータから算出していた疑いがある。だが社長は燃費の違いは数%で、明確な不正があった軽自動車以外は販売は継続すると表明した。また水島製作所で生産する軽自動車からは撤退しないと明言した。


ミラージュ

三菱自動車は軽自動車4車種の燃費データを改竄していて、日産自動車向けの供給分も合わせると約62万台にのぼる。さらに燃費データの測定では25年前から国が定めたものと異なる方法を使用していて、同社の会長は会見で謝罪した。今後の経営責任について、会長は必要な改革のインパクトがどれだけ大きいかを見極めて進退を申し上げたいとしている。更に、ほぼ全ての車種で国が定めるのとは異なる方法で走行データを測定したことも判明し、正しく測定していたのは「ミラージュ」など3車種のみだった。「RVR」では必要なデータを測定せず、他のデータから算出していた疑いがある。だが社長は燃費の違いは数%で、明確な不正があった軽自動車以外は販売は継続すると表明した。また水島製作所で生産する軽自動車からは撤退しないと明言した。


日産自動車

三菱自動車は軽自動車4車種の燃費データを改竄していて、日産自動車向けの供給分も合わせると約62万台にのぼる。さらに燃費データの測定では25年前から国が定めたものと異なる方法を使用していて、同社の会長は会見で謝罪した。今後の経営責任について、会長は必要な改革のインパクトがどれだけ大きいかを見極めて進退を申し上げたいとしている。更に、ほぼ全ての車種で国が定めるのとは異なる方法で走行データを測定したことも判明し、正しく測定していたのは「ミラージュ」など3車種のみだった。「RVR」では必要なデータを測定せず、他のデータから算出していた疑いがある。だが社長は燃費の違いは数%で、明確な不正があった軽自動車以外は販売は継続すると表明した。また水島製作所で生産する軽自動車からは撤退しないと明言した。


三菱自動車

三菱自動車は軽自動車4車種の燃費データを改竄していて、日産自動車向けの供給分も合わせると約62万台にのぼる。さらに燃費データの測定では25年前から国が定めたものと異なる方法を使用していて、同社の会長は会見で謝罪した。今後の経営責任について、会長は必要な改革のインパクトがどれだけ大きいかを見極めて進退を申し上げたいとしている。更に、ほぼ全ての車種で国が定めるのとは異なる方法で走行データを測定したことも判明し、正しく測定していたのは「ミラージュ」など3車種のみだった。「RVR」では必要なデータを測定せず、他のデータから算出していた疑いがある。だが社長は燃費の違いは数%で、明確な不正があった軽自動車以外は販売は継続すると表明した。また水島製作所で生産する軽自動車からは撤退しないと明言した。

リコール隠しの経営危機では三菱自動車はグループから約6000億円の金融支援を受けたが、会長は現段階で具体的に話しをしているわけではないと語った。

金融支援によって三菱自動車を支えてきた三菱グループながら、三菱重工業は客船事業で多額の特別損失を計上している。三菱商事や三菱東京UFJ銀行も資源安やマイナス金利で苦戦を強いられている。三菱グループには毎月1回、グループ29社の会長・社長らが一堂に会する「三菱金曜会」という親睦会がある。三菱自動車による自主再建かそれとも支援か、何らかの決定があるのか注目されている。

大浜アナは三菱自動車の会長はグループに金銭的な支援を求めていないが、人材的な支援はお願いしたいと言及していたと伝えた。高田創氏はコーポレート・ガバナンスが叫ばれているなか、どういった形で支援が行われるのかが試される事例かもしれないとコメント。三菱自動車による燃費データ改竄問題はESG(環境、社会、企業統治)を毀損し、高田氏はその中でどうブランドを立て直しするか三菱自動車には重い課題が突きつけられていると語った。


帝国データバンク

三菱自動車の軽自動車4車種62万5000台で燃費不正問題が発覚した車はすべて水島製作所で生産されており、発覚後は生産ラインを止め、従業員3600人のうち約1300人が自宅待機のままとなっている。三菱自動車はきのうから顧客に対し保証に関する文書の送付を始め、ガソリン代の差額や追加税金などの保証を伝えているが、具体的な金額の明記はしていない。被害は下請け企業にも及び、派遣の雇い止めなどがされている。倉敷市内のハローワークにはきのうから専用窓口が設置され、相談が寄せられている。帝国データバンクによると岡山県には500社を超える下請け企業があり、三次以下の下請けを含むともっと増えるという。三次下請企業には連休明けに納品予定だった製品が積まれたままになっている。


ハローワーク倉敷中央

三菱自動車の軽自動車4車種62万5000台で燃費不正問題が発覚した車はすべて水島製作所で生産されており、発覚後は生産ラインを止め、従業員3600人のうち約1300人が自宅待機のままとなっている。三菱自動車はきのうから顧客に対し保証に関する文書の送付を始め、ガソリン代の差額や追加税金などの保証を伝えているが、具体的な金額の明記はしていない。被害は下請け企業にも及び、派遣の雇い止めなどがされている。倉敷市内のハローワークにはきのうから専用窓口が設置され、相談が寄せられている。帝国データバンクによると岡山県には500社を超える下請け企業があり、三次以下の下請けを含むともっと増えるという。三次下請企業には連休明けに納品予定だった製品が積まれたままになっている。


ヒルタ工業

三菱自動車の軽自動車4車種62万5000台で燃費不正問題が発覚した車はすべて水島製作所で生産されており、発覚後は生産ラインを止め、従業員3600人のうち約1300人が自宅待機のままとなっている。三菱自動車はきのうから顧客に対し保証に関する文書の送付を始め、ガソリン代の差額や追加税金などの保証を伝えているが、具体的な金額の明記はしていない。被害は下請け企業にも及び、派遣の雇い止めなどがされている。倉敷市内のハローワークにはきのうから専用窓口が設置され、相談が寄せられている。帝国データバンクによると岡山県には500社を超える下請け企業があり、三次以下の下請けを含むともっと増えるという。三次下請企業には連休明けに納品予定だった製品が積まれたままになっている。


eKスペース

三菱自動車の軽自動車4車種62万5000台で燃費不正問題が発覚した車はすべて水島製作所で生産されており、発覚後は生産ラインを止め、従業員3600人のうち約1300人が自宅待機のままとなっている。三菱自動車はきのうから顧客に対し保証に関する文書の送付を始め、ガソリン代の差額や追加税金などの保証を伝えているが、具体的な金額の明記はしていない。被害は下請け企業にも及び、派遣の雇い止めなどがされている。倉敷市内のハローワークにはきのうから専用窓口が設置され、相談が寄せられている。帝国データバンクによると岡山県には500社を超える下請け企業があり、三次以下の下請けを含むともっと増えるという。三次下請企業には連休明けに納品予定だった製品が積まれたままになっている。