ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車 水島製作所」の検索結果

「三菱自動車 水島製作所」に関連する情報 191件中 41〜50件目

三菱自動車

燃費不正を働いた三菱自動車工業の水島製作所で2か月半ぶりに軽自動車の生産が再開された。今日、日産デイズなど5台を生産、20日からは本格稼働が始まる方針だという。三菱自動車の在庫は2万台にも積み上がっており、大幅な値下げも検討中とのことだ。


三菱自動車

三菱自・水島製作所で、軽自動車の生産再開。自宅待機約1300人のうち900人が出勤したという。9月には9000台の生産に増やす計画。


三菱自動車 水島製作所

三菱自動車の軽自動車の生産が岡山・倉敷市にある製作所で再開された。初日は試験的に5台生産し、問題がないか確認する。出荷が本格化するのは20日の予定で生産台数については今月・来月は5000台、9月は9000台としている。自宅待機となっていた従業員は順次、職場に復帰する。燃費偽装をうけ、水島製作所は4月20日から軽乗用車4車種の生産を停止し、多くの下請け企業も操業停止に追い込まれていた。


三菱自動車

三菱自動車の軽自動車の生産が岡山・倉敷市にある製作所で再開された。初日は試験的に5台生産し、問題がないか確認する。出荷が本格化するのは20日の予定で生産台数については今月・来月は5000台、9月は9000台としている。自宅待機となっていた従業員は順次、職場に復帰する。燃費偽装をうけ、水島製作所は4月20日から軽乗用車4車種の生産を停止し、多くの下請け企業も操業停止に追い込まれていた。


西日本放送

燃費偽装問題で停止していた三菱自動車の軽自動車の生産が二ヶ月半ぶりに再開された。出勤する社員は「がんばります」「いつも通りの雰囲気に早く戻ってくれたらいい」などとコメントした。水島製作所では4月20日の燃費偽装問題発覚後軽自動車担当の従業員1300人が自宅待機となっていた。生産ラインが正しく稼働するかを確認しながら5台だけ生産する。徐々に生産台数を増やし今月20日からは本格稼働する予定。今月の生産台数は5000台となっていて、今年度当初計画の6割程度に留まる見込み。


三菱自動車

燃費偽装問題で停止していた三菱自動車の軽自動車の生産が二ヶ月半ぶりに再開された。出勤する社員は「がんばります」「いつも通りの雰囲気に早く戻ってくれたらいい」などとコメントした。水島製作所では4月20日の燃費偽装問題発覚後軽自動車担当の従業員1300人が自宅待機となっていた。生産ラインが正しく稼働するかを確認しながら5台だけ生産する。徐々に生産台数を増やし今月20日からは本格稼働する予定。今月の生産台数は5000台となっていて、今年度当初計画の6割程度に留まる見込み。


三菱自動車水島製作所

燃費偽装問題で停止していた三菱自動車の軽自動車の生産が二ヶ月半ぶりに再開された。出勤する社員は「がんばります」「いつも通りの雰囲気に早く戻ってくれたらいい」などとコメントした。水島製作所では4月20日の燃費偽装問題発覚後軽自動車担当の従業員1300人が自宅待機となっていた。生産ラインが正しく稼働するかを確認しながら5台だけ生産する。徐々に生産台数を増やし今月20日からは本格稼働する予定。今月の生産台数は5000台となっていて、今年度当初計画の6割程度に留まる見込み。


三菱自動車工業 水島製作所

燃費データ不正問題で軽自動車の生産が止まっていた三菱自動車工業 水島製作所では、きょうから生産が再開した。品質などを確認した上で今月20日から本格稼働させる方針。軽自動車は今月と来月は5000台ずつ、9月は9000台を生産する予定とのこと。


三菱自動車

燃費データ不正問題で軽自動車の生産が止まっていた三菱自動車工業 水島製作所では、きょうから生産が再開した。品質などを確認した上で今月20日から本格稼働させる方針。軽自動車は今月と来月は5000台ずつ、9月は9000台を生産する予定とのこと。


水島製作所

水島製作所で三菱自動車が2ヶ月ぶりに生産再開した。今日は試験的に5台を制作し今月・来月で月5000台9月に9000台に増やす計画とのことで自宅待機職員は順次職場復帰とのこと。


検索結果の絞り込み